887205人目の訪問者です。
 

日誌

新規日誌4 >> 記事詳細

2019/04/08

校長室から

Tweet ThisSend to Facebook | by ひしのみ


             ご あ い さ つ
                                                   

 御牧小学校は今年(平成31年)で創立148年を迎える、長い歴史と伝統を持つ学校です。常に「わたしたちの学校」として、保護者の皆さんは勿論、地域の方々から温かく見守っていただき、様々なご支援をいただきながら、子どもたちの健やかな成長をめざして教育活動を推進しています。

 本校は「めざす子ども像」として
 (1) よく考える子
 (2) やさしい子
 (3) やりぬく子
  (4) じょうぶな子
 を掲げ、日々の学習をはじめ、さまざまな教育活動をすすめています。

 私たちは、学校とは、「すべての子どもたちにとって、自分の家族と過ごしているような安心感と充足感のある場所」であらねばならないと考えています。すべての子どもたちが、「学校は楽しい」「明日も学校に行きたい」と思えるような学校づくりを目指しています。そのためには、こんなことが必要です。

(特に安心感と関わって)
   ・「子どもも先生も、御牧小学校の中では、一つの家族」という気持ちで毎日を過ごしましょ う。
   ・周りの人の考え方や気持ちに関心を持ち、ともに学びあったり支え合ったりするこ とを大切にしていきましょう。
  ・みんなができるだけ同じラインに立って学習や活動ができるよう、準備を整えましょう。
   ・保護者や地域の方々の支えや心遣いに感謝し、力をいただきながら歩んでいきましょう。

(特に充足感と関わって)
   ・身の回りで起こっていることを深く捉え、自分から疑問を持ち、頭をフル回転させて課題を解決しましょう。
   ・共通のテーマについて、友達と話し合ったり、考えを出し合ったりしながら、今まで気付かなかったよさを自分の中に取り込み、高め合っていきましょう。
  ・大切なことは根気よく繰り返し学習し、きちんと身に付けていきましょう。
   ・いろんな活動や遊びの中で、ルールを大切にすることや人を思いやること、また、自分の健康や安全について考え、実践していきましょう。
  ・学校での学習や生活、また、家での生活も含めて、よい習慣をつけましょう。


    
 学校では、これらのことについて、学年の発達段階に応じた指導を日常的、継続的にすすめていくとともに、すべての教職員が、学校に課せられた今日的課題に対し、高いレベルでの解決を図ることができるよう、不断の研鑽、実践に努めたいと考えています。

 しかし、子どもたちにとって、このような態度や力は学校の教育活動のみで身に付いていくものではありません。家庭での生活はもちろん最もベーシックにあり、地域の方々とのあたたかみのこもった交流などが果たす役割も変大きなものがあります。

 本校の教育活動推進に当たって、学校、家庭や地域社会が「社会総がかりで」子どもを育てていく思いをそれぞれ大切にして、連携した取組を一層進めていきたいと思っていますので、温かいご支援、ご協力をお願い申し上げます。

 

                                            久御山町立御牧小学校

                                                     校 長  八 木  誠


18:05