Kyoto Mirai Net、京都府教育情報ネットワークシステム、京都みらいネットへようこそ
現在の位置: HOME > ホームページが適切に表示されない場合の対応方法

「ホームページが適切に表示されない場合の対応方法」

Internet Explorer 8〜11を使用してCMS(NetCommons)サイトを閲覧する際に、記事が正しく表示されないことがあります。
※特にInternet Explorer 11使用時によく起こります。
※Internet Explorer以外のブラウザでは、この件についての問題は発生しません。

このような場合は、Internet Explorerの「互換表示」を有効にすると不具合が解消されます。
次に手順を記しますので、お試しください。

1 Internet Explorerのバージョンを確認する

 1) Internet Explorerを起動し、「ヘルプ」メニューをクリックします。
  (「ヘルプ」メニューが表示されていない場合は、[ALT]キーと[H]キーを同時に押してください。)
 2) 開いたメニューから「バージョン情報」をクリックして、バージョン情報ウィンドウを表示させてください。

  

 3) バージョン情報を確認し、[閉じる]をクリックしてウィンドウを閉じてください。

  

 4) Internet Explorer 8〜10の場合は こちら 、Internet Explorer 11の場合は こちら をクリックしてください。

2 Internet Explorer 8〜10の場合

 1) 閲覧したい学校(教育機関)ホームページにアクセスしてください。
 2) ウィンドウ上部のアドレスバーにある互換表示アイコンをクリックし、灰色のアイコンを青色にしてください。

  

 3) 学校(教育機関)ホームページが正しく表示されるようになります。

 ※参考ホームページ
  「IE9/IE10でWebページの表示が乱れるときの対策(互換表示機能を使う)」(@IT)
  http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1304/12/news095.html

3 Internet Explorer 11の場合

 1) 閲覧したい学校(教育機関)ホームページにアクセスしてください。
 2) ウィンドウ右上の歯車アイコンをクリックし、開いたメニューから[互換表示設定]をクリックして、
  「互換表示設定」ウィンドウを表示させてください。

  

 3) 「追加するWebサイト」欄に「kyoto-be.ne.jp」と表示されていることを確認して、[追加]をクリックしてください。

  

 4) 「互換表示に追加したWebサイト」欄に「kyoto-be.ne.jp」と表示されていることを確認し、
  [閉じる]を押してウィンドウを閉じてください。

  

 5) 学校(教育機関)ホームページが正しく表示されるようになります。

 ※参考ホームページ
  「互換表示でサイトの表示の問題を修正する」(Microsoft)
  http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/use-compatibility-view#ie=ie-11