綾部市立吉美小学校 KIMI  elementary school 

 

学校経営方針


                          平成28年度 学校経営方針
                                                                  綾部市立吉美小学校

1 基本方針
  本府・本市教育委員会学校教育の重点及び綾部中学校ブロック小中一貫教育基本構
 想、並びに児童・保護者・地域の実態をふまえ、知・徳・体の調和のとれた児童の育成に努 
 める。

2 教育目標
  自立と貢献  ~ 夢をもち 仲間とともに 未来を切り拓く 子どもの育成 ~

 (1) めざす子ども像   夢をもち 仲間とともに 未来を切り拓く 綾中ブロックの子
     ◇ 夢をもち   (将来を見据え、主体的に学び表現する子)  【展望する力】
     ◇ 仲間とともに (豊かな心をもち、自他ともに大切にできる子)【つながる力】
     ◇ 未来を切り拓く(心身ともに健康で、実践力と行動力のある子)【挑戦する力】
     ◇ 綾中ブロックの子 (誇りと郷土愛をもち、地域とかかわる子)【貢献する力】
  (2) めざす学校像   「保護者・地域に信頼される学校」
   ◇ 子どもが喜んで登校する学校
     ◇ 保護者が安心して登校させる学校
   ◇ 地域が進んで応援したくなる学校
   ◇ 教職員が活き活きと働く学校
 (3) めざす教職員像             
   ◇ 学ぶ姿勢を持ち磨き合う教職員
   ◇ 児童・保護者・地域社会に信頼される教職員
   ◇ 児童を理解し支える教職員

3 学校経営方針
   ○ 平成28年度教育スローガン  「笑顔・元気・夢いっぱい そしてやさしさ」
   ○ 学校経営テーマ  「凡事徹底」

 (1) 質の高い学力をはぐくむ。【学力】
 (2) 温かい人間関係を育て、人間としてよりよい生き方を身に付けさせる。【心】
  (3) たくましく健やかな身体をはぐくむ。【からだ】
 (4)  ふるさと「あやべ」を愛する心や社会の変化に対応する力をはぐくむ。【ふるさと】
 (5) 一人一人を大切にし、個性や能力を伸ばす。【個性伸長】
  (6)  小中一貫教育の推進と学校の教育力の向上を図る。【学校力】
 



平成27年度 学校経営方針

綾部市立吉美小学校

 1 基本方針

   本府・本市教育委員会学校教育の重点及び綾部中学校ブロック  
 小中一貫教育構想、並びに児童・保護者・地域の実態をふまえ、 
 知・徳・体の調和のとれた児童の育成に努める。


2 教育目標

   自立と貢献 ~夢をもち 仲間とともに 未来を切り拓く 子どもの育成~

   めざす子ども像   夢をもち 仲間とともに 未来を切り拓く 綾中ブロックの子

   ◇ 夢をもち   (将来を見据え、主体的に学び表現する子)  【展望する力】

 ◇ 仲間とともに (豊かな心をもち、自他ともに大切にできる子)【つながる力】

   ◇ 未来を切り拓く(心身ともに健康で、実践力と行動力のある子)【挑戦する力】

   ◇ 綾中ブロックの子 (誇りと郷土愛をもち、地域とかかわる子)【貢献する力】

   めざす学校像   「保護者・地域に信頼される学校」
   
◇ 子どもが喜んで登校する学校

   ◇ 保護者が安心して登校させる学校

   ◇ 地域が進んで応援したくなる学校

   ◇ 教職員が活き活きと働く学校 
 ⑶ めざす教職員像

   ◇ 学ぶ姿勢を持ち磨き合う教職員

   ◇ 児童・保護者・地域社会に信頼される教職員

   ◇ 児童を理解し支える教職員

 
3 学校経営方針

   平成27年度教育スローガン  「笑顔・元気・夢いっぱい そして協力」

   学校経営テーマ  「我が子を通わせたいと思える学校を創ろう」

 「質の高い学力」をはぐくむため、基礎・基本の確実な定着
 を図り、それを活用して主体的に学習する能力と意欲的に学習 
 する態度の育成に努める。

   「豊かな人間性」をはぐくむため、命を大切にする心・他人
 を思いやる心・正義感や公正さを重んじる心・正しい人権感覚
 等を育成する心の教育の充実を図る。

 ⑶ 児童と教職員の信頼関係を築き、あらゆる場面で生徒指導の 
 機能を活かした教育活動を推進する。また教育相談活動を充実
 させ、いじめ・不登校の未然防止・早期解消に努める。

   健やかな身体とたくましい実践力をはぐくむため、家庭・地
 域とも連携して、健康・体力並びに安心安全の通学・学習環境
 の保持に努めるとともに、何事にも積極的に挑戦しようとする
 意欲を育てる。

  ⑸ 地域の自然・人材・組織等を積極的に活かし、ふるさと「あ
 やべ」、ふるさと「きみ」を愛する心を育てる。

 ⑹ 教職員の組織体制を確立し、ブロック内の小学校・中学校及
 び幼稚園・幼児園・保育園との連携・接続のもと、一貫した教
 育課程を編成し、その実践を通して魅力ある学校づくりに努め
 る。

 ⑺ 保護者並びに地域社会との連携のもと、多様な評価方法で教
 育活動の進捗状況を具体的に把握し、学校関係者評価などを活
 用し改善する中で、教育目標の具現化を図り、家庭・地域の信
 頼を得る学校づくりに努める。

 ⑻ 教職員として自己研鑽と研究・研修に励み、豊かな人間性と
 広い社会性と高い専門性を身に付け、教育課題の解決に努め 
 る。


 4 本年度各領域の重点目標

  ⑴ 質の高い学力をはぐくむ

 ① 学習指導

     学力状況を的確に把握し、「綾部市の『あい』のある学 
 習」を基盤にして授業改善を積極的に進め、基礎的・基本的 
 な内容を確実に身につけさせるとともに、それを活用する思
 考力・判断力・表現力、自ら学ぶ意欲を育てる。
 

  ⑵ 温かい人間性を育て、人間としてのよりよい生き方を身に付けさせる
① 道徳教育

     心の教育の要としての道徳教育を教育活動全体の中に位置
 付けて、道徳性の育成を図る。特に、道徳の時間において
 は、豊かな道徳的心情を育むとともに、生命や人権を尊重す
 る生き方のできる道徳的実践力を育てる。

   ② 生徒指導

     教育活動全体を通じて、個々の児童の個性の伸長と社会的
 資質・能力・態度の育成を図り、よりよい人格の形成を促
 す。その為に児童と教職員及び児童相互の深い信頼関係に基
 づく人間関係の構築に努めるとともに、個に応じた教育相談
 機能の充実・関係各機関との連携の強化に努める。

   ③ 特別活動

     望ましい集団活動を通して、一人一人の子どもの心身の調
 和のとれた発達と個性の伸長を図るとともに、集団の一員と
 しての自覚を高め、協力してよりよい生活を築こうとする自
 主的・実践的な態度を育てる。

  ⑶ たくましく健やかな身体をはぐくむ

 ① 健康安全教育

     健康・安全に関する総合的な認識を高めながら、望ましい
 食習慣を含む基本的生活習慣を確立させ、危機対応能力など
 生涯を通じて心身ともに健康で安全に生き抜く、たくましい
 実践力を身に付けた児童を育てる。

 ② 文化芸術活動

     文化芸術活動を教育全体に関連付けて適切に行い、児童の
 表現能力や鑑賞能力の伸長に努めるとともに文化や伝統を尊
 重する態度を育てる。

   ③ 体育・スポーツ活動

 豊かで楽しい運動経験や計画的な運動体験を通して体力づ
 くりに努めるとともに、地域の大会等への積極的な参加を通
 してスポーツに親しみを持たせる。
④ 安心・安全な教育環境の整備
  家庭・地域とも連携して、安心安全の通学・学習環境の保
 持に努める。

   ふるさと「あやべ」を愛する心や社会の変化に対応する力をはぐくむ

   ① ふるさと教育

     綾部市の豊かな自然や歴史、文化的な財産を継承し、新し
 い文化を創造していくため、ふるさと「あやべ」について学
 び、ふるさとを愛し、将来の社会づくりの担い手として、社
 会参加できる能力や態度の基礎を育てる。

   ② 国際理解教育

     「世界連邦都市宣言第1号」都市の市民であることに誇り
 を持ち、国際社会に主体的に生きる「グローカルなあやべの
 子ども」としての基礎的資質を養う。その為に人権尊重の精
 神を基盤として、我が国の文化や伝統のよさに気づかせて親
 しませるとともに、異文化を理解し尊重し共に生きていく資
 質や能力を育てる。

 ③ 環境教育

     身近な環境や、地球温暖化など様々な環境問題に関心を持
 ち、人間と環境の関わりについて理解を深め、省資源・省エ
 ネルギーなど循環型社会や環境保全に配慮した行動や生活が
 できる態度を育てる。

   ④ 情報教育

     児童の発達段階に応じて、コンピュータを身近な道具とし
 て活用できる能力と態度を育てるとともに、情報の正しい選
 択力や情報処理の基本的なルールやマナー、モラルを身に付
 けさせる。

   ⑤ 共生社会教育

     「人としての生き方を学ぶ」を基盤に据えて、共生社会へ
 の関心と理解を深め、様々な人と共に生きる豊かな心情を持
 った児童の育成に努める。

  ⑸ 一人一人を大切にし、個性や能力を伸ばす

   ① 特別支援教育

     障害のある児童や特別支援を必要とする児童一人一人の教
 育的ニーズに応じた適切な教育課程を編成するとともに、交
 流・啓発・連携に努め、自立し社会参加する資質や能力の基
 盤を育てる。また、児童の理解指導を計画的に行う。
② 人権教育
  

     自分や他者の人権を尊重する心をはぐくみ、あらゆる人権
 問題の解決に向けた実践的態度を培う。

   ③ キャリア教育
  生き方に関わる指導を基盤にして、自己の特性に気付かせ
 ながら将来への希望を持たせるとともに、望ましい職業観や
 勤労観を身に付け、自らの進路を主体的に切り拓こうとする
 意欲や態度を育てる。

   ④ 読書活動
     学校図書館の機能を充実させ、主体的な学習や読書活動の 
    充実を図る。また、京都府小学校教育研究会研究協力校とし 
    て図書館教育研究を推進する。

    教育者としての自覚と誇り、学校の教育力の向上

   ① 小中一貫教育の創造

     綾部市小中一貫教育基本構想「あい紡ぎプラン」に基づ
    き、地域や学校・児童の実態に応じた、綾部中学校ブロック
    内の校園との一貫した創意ある教育課程を編成・実施すると
    ともに、「あい」のある学習を軸とした教育活動や学校運営
    についての情報を積極的に提供することで、家庭・地域社会
    の信頼を得るように努める。

   ② 教職員の使命と責任  

      教育公務員としての使命と責任を自覚し、次代を担う児童
    の教育に携わる仕事に愛着と誇りを持ち、自らの健康に留意
    するとともに、不断の研鑽によって人間性と社会性と専門性
    及び実践的指導力の向上に努める。

   ③ 学校事務

     教育目標を達成するために、学校運営費を効率的に執行す
 る。また資源の有効活用と事務の簡素化に努め、より良い教
 育環境づくりを行う。

     

 

カウンタ

COUNTER194452

学校所在地

京都府綾部市立吉美小学校

〒623-0006
京都府綾部市有岡町田坂16
TEL  0773-42-0295
FAX  0773-42-0369
E-mail
kimi-es@kyoto-be.ne.jp
kimisyou2008@yahoo.co.jp

 

大きな地図で見る