この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
京丹後市立久美浜中学校
京丹後市立久美浜中学校

所在地:〒629-3405 京都府京丹後市久美浜町640番地  電話:0772-82-0079  ファックス:0772-82-1650  メール:kumihama-jhs@kyoto-be.ne.jp

 

天気予報

 

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人

カウンタ

COUNTER775384

校長室

校長室より
12
2019/09/03

2学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
2学期始業式式辞.pdf ←詳しくはこちらをクリック

08:55
2019/04/21

始業式式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
408始業式式辞.pdf (抜粋) ←詳しくはこちらをクリック

09:29
2017/01/11

~3学期の初めにあたって~

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

~3学期の初めにあたって~

「空気まで  みがいたような  お正月」

いつもと同じ場所、同じ空気でも、年が改まる時は感じ方が違うものです。この俳句には、新年を迎えた緊張感と清らかさ、そして新年への期待感が表現されているように思います。

「一年の計は元旦にあり」・・・。誰もが、「今年はこのことを頑張ろう!」「これを継続させよう!」と思ったはずです。その気持ちを持ち続けて、その目標が達成できるように、今日からの3学期、幸先のよいスタートを切っていきましょう。

そこで今日の始業式では、大きく二つのことを伝えたいと思います。

3学期の意義

今年度1・2学期まで、皆さんは3年生を中心に、久美浜中学校の新たな歴史づくりに一生懸命に取り組みました。これまでの皆さんの頑張りについては学校も大きく評価しているところですし、保護者の皆様、地域の多くの皆様が認めるような成果も上げています。

その上での3学期となりますが、学年の特質と目的によって、学校生活の過ごし方は変わってきます。4月から始まる新しい年度、つまり平成29年度の準備をしていかなければならないからです。

3年生は、卒業して「高校」という新たなステージでの生活が始まります。中学校生活3年間のまとめと高校生活に向けた準備の学期です。2年生は、久美中を背負って立つ3年生への準備。1年生は、新入生を迎え、良き先輩になるための準備です。でも、1・2年生の3学期は53日、3年生は46日しかありません。みんなで力を合わせて乗り越えていきましょう。

各学年への期待

3年生の皆さんには、「希望進路の実現」という大目標があります。個人の頑張りはもちろん、お互いを大切にし、支え合うことが求められます。互いに声をかけ合いながら、全員が第1希望で進学できるよう、みんなで頑張ってほしい。そしてもう一つ・・・。

これまで皆さんは、生徒会本部役員を中心に、取組を工夫し、久美浜中学校の新たな歴史を創ってきました。卒業するまで、信頼される上級生の背中を下級生に見せ続けてほしい。頑張ってほしい。それが、後輩に引き継がれ、久美中の良き伝統になります。

2年生の皆さんは4月からは、皆さん一人一人が「久美浜中学校の顔」です。「リーダー」です。3学期早々、新生徒会本部役員選挙が行われます。大切なのは、本部役員はもちろんのこと、本部役員を支える、学年、すなわち皆さん一人一人の動き・協力体制にあります。

修学旅行を成功させる取組も同時にスタートします。学年全体は忙しくなりますが、来るべき久美中のリーダー学年として、地道に力を蓄え、自信を付けてほしい。期待しています。

1年生の皆さんは、もうすぐ久美中生としての1年が経ちます。久美中生になって、自分の中で何が変わりましたか。どんな力が付きましたか。29年度、皆さんには、64名の後輩ができます。晴れて先輩です。それまでに、自分としっかりと向き合って、いろいろなことに挑戦してください。そうすればきっと後輩から信頼される先輩になれます。まず、自分に力を蓄えることです。

 

今年の干支(エト)は「酉(トリ)」です。君たちが、それぞれの目標を達成できるように、そして、この久美浜中学校が「命・今・仲間を大切にする学校」として、さらに大きく羽ばたけるよう、先生たちも一生懸命に応援します。ともに、頑張りましょう。                         

                    校長 松田 正夫


19:55
2016/08/30

『練習を自信に変えて』 心の強さにつながる取組を!

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

この夏休み、ふり返ってみると、3年生のみなさんは、3年間の部活動の集大成として、団体・個人を問わず、本気で挑み、練習の成果を出し切ろうという気迫を感じました。京丹後市内、多くの教育関係の方々が、久美中生徒の大健闘を称えておられました。また、文化系部活の活動も活発で、演奏活動・創作活動においても熱心に取り組むことができました。とても充実していたと思います。

さて、今年の夏、日本人の心に多くの感動を呼び起こしたリオデジャネイロオリンピックでは、「12個の金メダル、銀8、銅21」と合計41個のメダルを獲得し、日本チーム、史上最多となりました。今回のオリンピックでは確かに、多くのメダルを獲得したことは当然のこと素晴らしいのですが、私が注目したのは、日本人選手の試合後のコメントです。

「家族や関係者への感謝の気持ち」とともに、多くの選手から「練習を自信に変えて・・」という発言が数多く聞かれたことです。

水泳400m個人メドレーの金メダルを含め、メダル3つを獲得した荻野公介選手は、

「あれだけ練習してきたんだから絶対に大丈夫」

と気持ちを強く持って臨んだそうです。彼はこうも言っています。

「多くの場合は“これでいいか”とか、“これぐらいでもいいや”と妥協するものだ。

だが、それが不安の種になる・・・」

誰にも負けないくらいの練習量が選手たちに自信を与え、心を強くしていった。そして良い結果につながったということだと思います。オリンピックを通じて、多くの感動をもらうとともに、日常生活を送る上で大切にしたい、いろいろなことに気付かせてもらうことができました。みなさんも目標を達成するための姿勢については、学ぶべき点があったのではないでしょうか。

この2学期は、まず体育祭という大きな取組からスタートします。

様々な学校行事の成功とともに、日常生活の質の向上、体験活動や部活動も充実させていかなければなりません。

〝個の色合わせて青となれ!〟2学期も、久美浜中学校生徒の一人一人が目標に向かって努力し、練習を大きな自信に変えて、もう一回り大きく成長していくことを期待しています。

                                          校長  松田 正夫


 

 

 

 

 

 


19:34
2016/04/13

78名の新入生を迎えて

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

平成28年度!78名の新入生のみなさんを迎えて

厳粛な入学式で、234名の学校生活が始まりました


 新入生の皆さん、久美浜中学校は、「命・今・仲間」を大切にし、「当たり前のことが当たり前にできる学校」を目指しています。久美中生全員が、学習や部活動に安心して、精一杯取り組める学校にしたいからです。

そこで、三つの行動目標「人の話を聴く」「考える」「表現する」を常に意識して、学校生活を送ってほしいと思います。

 ①耳と目と心で人の話を聴くこと。

②聴いたことを自分の言葉で置き換え、頭の中で考え、整理して理解しようとすること。

③考え、判断したことを、言葉や行動で表現すること。


 ここまでできて、初めて学習したことが身に着いたと言えます。皆さんには、この三つの活動について、授業だけでなく、学校生活のすべての場面で生かしてくれることを願っています。


 久美浜中学校は、旧高龍中学校と、旧久美浜中学校が一緒になり、新生久美浜中学校となってから今年で4年目を迎えます。今年は、皆さんの先輩たちが築いてきた基礎の上に、新入生も含めた、久美中生徒全員での、新しい学校づくりが始まる、記念すべき年だと私は思っています。そこで、私なりに考え、そんな皆さんへの期待を、言葉で表現してみました。


「個の色合わせて青となれ!」
です。


 「個」とは個人の「個」。目標に向かって一生懸命に努力する、久美中生、二百三十四人、一人一人を指します。一人一人の頑張りが合わさって、久美浜中学校の新しい色が真っ白な画用紙に塗り重ねられていきます。これから一年先には、どんな久美中の色に染まっているのでしょうか。青・青緑は久美中のイメージカラーです。一人一人が目標達成に向かって頑張り、全員の力が合わさって、美しい青色に染め上がったらうれしいですし、私はそれを楽しみにしています。久美中生頑張れ! と、期待しているところです。(式辞より、抜粋)

京丹後市立久美浜中学校

          校長  松田 正夫


 

 



10:52
2016/04/13

新しい学校づくりの始まりです

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

『命・今・仲間』を大切にする久美浜中学校
新しい学校づくりが始まる、記念すべき年度の始まりです。

 

本年度より、久美浜中学校区は小中一貫校『久美浜学園』(総称)としてスタートします。子どもの育ちと指導の一貫性をめざして、本校、久美浜小学校、高龍小学校、かぶと山小学校は、統一した教育目標・目指す子ども像(右上掲載)を掲げ、久美中校区小中一貫校の教育を推進します。尚、中学校の正式名は、今までと変わらず、京丹後市立久美浜中学校です。

久美浜学園スタートにあたっては、久美浜中学校区は、昨年度から京都府教育委員会より「法やルールに関する教育」研究指定を受け、校区の保育所・幼稚園・小学校とともに、 自己肯定感を高め、将来の夢や希望を持ち自立した生徒の育成、生活における目標やルールを自ら設定し、行動できる生徒の育成をテーマに実践を進めております。その継続と向上を目指すとともに、自尊感情とコミュニケーション能力の育成を目指した教育活動を連携して進めていきたいと思います。


   京丹後市立久美浜中学校
校長  松田 正夫 


10:43
12