カテゴリー: ソフトボール部

夏季城久大会終了~

本日行われた城久夏季大会2日目。山城出場権をかけた戦いがスタートです。

準決勝vs西城陽・城陽合同チームに28-1で勝利。山城大会出場を決めました。

そして迎えた決勝戦。対戦相手はやはり東城陽中です。準決勝では南城陽との熱戦の末、6-5で勝利し波に乗ってきました。

初回、相手4番打者に先制タイムリーを浴び、尚も1アウト満塁のピンチでしたがなんとか抑えます。

試合はそのまま0対1で4回裏久御山の攻撃へ。先頭の3年生塩飽がレフト前ヒットを放ち0アウト1塁。積極的なリードから相手捕手の送球ミスがそのまま外野を抜けラッキーが重なり同点に。その後ミスからの3点を追加しこの回一挙4点で逆転をします。4対3まで追い上げられるも上坂、打越、福田のタイムリーなどで2点を追加し80分の時間切れ勝利。6-3で競り勝ち見事城久夏季大会優勝を飾りました。

今日も本当に暑かった……でもそれ以上に熱かった部員たちの戦いがグラウンドにはありました。ホームページでは伝わらない楽しさと学びと成長がそこにはあります。青春はイイね!部活ってイイね!ソフトボールってイイね!

ぜひ、久御山中ソフトボールを一緒にやりませんか?部員随時募集中!

また、夏季山城大会は7月24日、25日に鴻ノ巣グラウンドで行われます。まだまだ続く熱い久御山中ソフトボール部の夏に注目を。

夏季大会開幕!

本日城久夏季大会1日目が行われました。4チームで争う2つの山城大会への切符。

1日目は予選トーナメントを行い、2日目に決勝トーナメントが行われます。

予選1日目準決勝はvs南城陽中学校。相手のミスも重なり初回に3点を先取、その後4番打越がレフトオーバーのソロホームランを放ち4対0で最終回を迎えます。しかし相手は夏の大会に強い南城陽中、最終回に反撃され4対2。最後はなんとか逃げ切り予選決勝進出となりました。

暑さもピークとなった13:20頃、予選決勝あ行われ相手は全京都大会優勝チーム東城陽中です。

0-0で迎えた2回、2アウトランナー2塁とチャンスを作り、迎えるは7番小寺。ここで初球をセンター前に弾きほしかった先制点をとります。3回にはまたしても4番打越がレフトオーバーのホームランを放ち追加点。2-0で迎えた最終回の攻撃、さらに追加点のほしい場面で1アウト3塁のチャンス。ここで迎えるのが3番上坂でしたが、故意四球となり、4番打越も故意四球。1アウト満塁となり5番福田が打席へ。その3球目、左中間へ2点タイムリーヒットで勝負あり。4-0と王者東城陽中に大金星をあげました。

よって、明日の決勝トーナメント準決勝の相手は西城陽、城陽中合同チームです。明日が運命の日。引退のかかった大切な準決勝です。西、城陽合同チームも人数が少ない中で一緒に練習をしたりと思い出があるチーム。明日で城久の2チームが消えてしまうのは厳しいスポーツの世界ですが、互いに悔いのない1プレー1プレーをやりたいですね。

これまでの全ての時間を、経験を、涙を、辛さを、喜びを、なにもかも全てを「自信」と「勇気」に変える。久御山ソフトボールは夏季大会でドラマを作ってくれると思います。無事に全員揃いますように…。

あーあ、ソフトボールって、部活動って本当に楽しいなあ。来年度部員大大大募集中!

夏の大会開幕!

ソフトボールの夏は熱い。

夏の3大大会がはじまっています。残念ながら、全日本中学生大会京都府予選は準決勝で東城陽中に逆転負けをし、京都府第3代表となりました。結果は以下の通りです。

京都府代表  京都南ジュニアソフトボールクラブ

京都府第2代表 城陽市立東城陽中学校

京都府第3代表 久御山町立久御山中学校

京都府第4代表 宇治市立木幡中学校

京都府代表として京都南ジュニア、そして東城陽中学校は8月10日からはじまる全国大会の健闘を祈ります。

また、先日行われた全京都大会では2回戦で勧修中学校に負けてしまいました。大会結果は以下の通り。

優勝 城陽市立 東城陽中学校

準優勝 京都市立 勧修中学校

第3位 宇治市立木幡中学校

第3位 京都市立 洛南中学校

夏の3大大会のうち、2大会があっという間に終わってしまいました。残すは夏季大会のみです。

悔いの無い準備をしましょう。

夏の2大会の組み合わせが決定!!

先日行われた全日本京都府予選の決勝トーナメントの組み合わせが決定。

1回戦は南城陽クラブ、2回戦は東城陽クラブとまさかの城久対決となってしまいました。同じ地区で高め合ってきたライバル同士ですが、仕方ないです。明日(12日)からテスト期間となり、練習が一時中断となります。各自の自覚と責任をもちテストと練習の両立を頑張ってほしいです。

8月10日に堺市で行われる全国大会への京都府代表権1つを競う戦いが、はじまります。

続いて、全京都大会の組み合わせです。まさかのここでも南城陽中学校との1回戦となりました。どこのチームも互角の戦いとなり、夏季大会に繋がる大きな大会です。久御山中学校はこれまで全京都大会3位が最高順位です。今年こそは頂点へ。

全日本京都府予選がスタート!

 5月25日(土)、いよいよ夏の3大大会(全日本・全京都・夏季大会)の1つ全日本中学生ソフトボール大会がはじまりました。京都府予選を勝ち上がった1チームのみが全日本中学生ソフトボール大会(全国大会)の舞台に立てます。本日はそのブロック予選が行われました。(全ブロック予選が終了していないので結果は後日)

 本校が試合会場となったこともあり、準備片付け含め試合だけでないところでの活躍も輝いていましたね。

 グラウンドのネット張りやライン引き、テントの設営など全チームがベストコンディションで戦える環境を作ること。いつも当たり前に試合ができるのは裏方の支えがあること。自分たちでやれることは全てやる。例え早起きをしても、自分たちが少し損をしたとしても…。会場校であってもそうでなかったとしても……。準備、片付け、挨拶や礼儀などを大切にできてこそ真のソフトボーラーであり、応援される強いチームの証です。そして仲間を心から大切にする。それらは練習態度やプレーになって必ず表れます。部活動が教えてくれるたくさんの学び、これからもずーーーーと伝え続けたいと思います。

 本日学んだ1球の重み、また1球に込めた仲間の想い……結局勝敗を分けるのは技術ではない気がします。今日の試合がまたこのチームを、この部員たちを強く、たくましくしてくれる。とても学びの大きい日となりました。

 また、今日は念願の新入部員が体験に来てくれました。どの場面を見てもきっと伝わる先輩たちのかっこよさですが、試合中「先輩たち格好いいです」と一言。活躍してるからではなく、泥臭く本気で戦っている姿を見て言ってくれたことが何より嬉しいです。ぜひ仲間となってそんな格好いいチームの一員になりたいですね(^^)vお疲れ様でした。

あーソフトボールって奥が深いな~ソフトボールっておもしろい(^^)v

明日もきっといい日になる(^^)v

第24回全日本中学生ソフトボール大会京都府開幕!

5月6日(祝)に第24回全日本中学生ソフトボール大会京都府予選の抽選会が行われました。

この大会は中学校のソフトボール部だけでなく、中学生のクラブチームも含めた大会です。

久御山中学校ソフトボール部は過去に2019年度、2022年度、そして昨年2023年度の3度に

渡って京都府代表権を獲得しています。2年連続4回目の出場を目指し戦いがはじまります。

[Aブロック予選]

日程⇒5月25日(土)   場所⇒久御山中学校G

対戦⇒12:30~VS木津中学校 15:00~VS京都南ジュニアソフトボールクラブ                    

二次予選 [決勝トーナメント] 6月29日(洛南中G)、30日(久御山中G)  

    

                       

 いよいよ夏の戦いがスタートします。全日本予選、全京都大会、そして夏季大会。1日でも長くこのメンバーでソフトボールがしたい。暑くて熱くて長い9人の戦いにご注目ください。

 現在、部員たちは中間テストに奮闘中です。ソフトボールで証明してきた目標に向かって努力を重ね続ける大切さや、苦手なことからも逃げない心を養うためにも大切な期間です。部活も勉強もプライベートも同じ。どんなことにも頑張れる姿をソフトボールの神様は見ているはず。中間テストもあと1日、頑張れ部員達。

ソフトボールは楽しいな(#^.^#)ソフトボール部は成長成長できる部活(^^)v

今しかできない青春時間。ぜひ、興味のある方は久御山中学校グラウンドへ。

   

山城シード決定戦2日目

本日は山城シード決定戦2日目、準決勝、決勝が行われました。

【結果一覧】

 春季城久大会に続き、準決勝は南城陽中、決勝は東城陽中との対戦となりました。今年の城久がどれだけ険しい山となるかが改めてわかります。

 決勝戦は初回、津村、塩飽の四球、バントヒットとエラーが重なり、0アウト2,3塁。3番上坂の内野ゴロの間に先制点を奪うも、その後は東城陽中のエースが踏ん張り抑えられてしまいます。対して準決勝から2試合連投となった久御山中エース上坂と福田のバッテリーは秋季大会からの大成長を感じさせる考えられた配球と粘り強い投球で5回まで1失点と好投。70分の時間となり、最終回の久御山の攻撃、1回以来の0アウト1,2塁のチャンスとなり3番上坂。外角のボールをうまく右中間へ運び、サヨナラ勝ちを決めました。そして春季城久優勝から1週間、春季山城優勝となり夏季大会の第1シード権を勝ち取ることができました。

(↑↑1人じゃない、仲間がいる。1人1人の存在の大きさを感じた大会となりました。)

 ~試合後のミーティングから~

・この結果があるのは秋の悔しい敗戦があるからこそ。努力は必ず報われることを証明した。

「負け」がこのチームを強くさせ、そしてあの日の「失敗」が自分を強くし大きく成長した

・今回の「勝ち」は自信につなげると共に、夏への大きなプレッシャーと変わること。

・次のステージは全日本京都府予選だが、もう一度足下をしっかり固めていくこと。

・あと、1ランク、2ランクの個人、チームのレベルアップをしないと夏季は「暑さ」と「緊張」は今回の数倍以上。その中で部員9人だけで戦う厳しさを考え、体力アップ、心身の日々のケアなど怪我や病気に強い身体作りをしていかなくてはいけない。

・GW後から約10日のテスト期間になる。「ソフトボールだけ」では薄っぺらいチーム。テスト点数アップに向けての同じように「準備」をし努力を行うこと。どんなときも全力で取り組める集団になる。それが無関係のようでソフトボールの技術アップにつながっている。

(↑↑秋と比べ、たくましくなったかな⁉おめでとう。山城NO.1)

 さあ、久御山中ソフトボール部はこれから更に強く、たくましくなっていくはずです。そんなチームの仲間入りをしませんか?1年生からでもたくさん試合に出場できます。久御山中ソフト部グラウンドには青春のがある。ぜひ、待ってます。ソフトボールっておもしろい(#^.^#)

明日もまたいい日になる。お疲れ様でした。

山城シード決定戦1日目

本日は山城シード決定戦が南城陽中と東城陽中で行われました。

【結果報告】

~南城陽会場~

(1回戦)Dコート

田辺中  0000 0

久御山  2152 10(4回コールド)

(1回戦)Cコート

西宇治・西小倉中 201 3

南城陽中     512  17(時間切れ)

(2回戦)Dコート

木幡中 0001 1

久御山 329  14(4回コールド)

(2回戦)Cコート

木津中 501  6

南城陽 007× 7

~東城陽会場~

(1回戦)Aコート

宇治・広野中 00000 0

東城陽中   1413×  9(5回コールド)

(1回戦)Bコート

北宇治中 2000 2

木津南中 0132 6(4回時間切れ)

(2回戦)Aコート

勝山中 000102  3

東城陽 300001× 4

(2回戦)Bコート

大住中 00000 0

木津南 1020×  3(5回時間切れ)

明日(5月4日(土)準決勝・決勝の予定)(会場:東城陽中)

【準決勝】Aコート 東城陽中 vs 木津南中

     Bコート 南城陽中 vs 久御山中

さあ、注目の山城NO.1が明日決まります。楽しみな一戦は9:00プレイボールです。ぜひ会場へお越しください。

春季城久大会、そして今日の2試合ともに間違い無く秋とは違うチームの強さ、粘りを感じます。どんなときでも向き合い、支え合い、高め合ってきたこれまでの全ての練習や練習試合、また学校生活での努力の華が咲きはじめているのかな。

夏季大会での満開を目指し、明日もたくさんの学びをGETする日にしましょう。

(↓↓ 行き帰りの時間も仲間を知れる大切な時間。)

(↑↑9人が揃うから試合ができる、そんな当たり前のことを感じたGWの1日でした。)

あなたは今、夢中になれるものがありますか?

ソフトボールっておもしろい(^^)v

明日もきっといい日になる🌞

いよいよ山城シード決定戦開幕!

明日から(5月3日、4日)に南城陽中、東城陽中の2会場で山城シード決定戦が行われます。夏季大会に向けて大切なジード争い。どのような戦いを見せてくれるのか楽しむです。

 また、本日1年生が1人体験入部に来てくれました。現在9人の部員で活動し、1人でも欠けてしまうと大会に出場できない状況です。部員不足が深刻な今年、本当に貴重な存在です。ありがとう。

 グラウンドはこれから暑くなっていきますが、それ以上に仲間と共に熱くなれる部です。1年生のみなさん、また小学6年生のみなさん、人は夢中になれることが見つかれば変われます。ぜひ一緒にソフトボールで学び、成長し、一生の仲間をつくりませんか。