本校の概要



沿革概要

 昔、当地区は吾雀荘と呼ばれ、七つの郷からなっていた。明治22年の市町村制により志賀郷村となり、昭和30年綾部市と合併し現在に至る。
 校区は、綾部市の北西寄りに位置し、JR綾部駅より約12kmの所にあり、地形は東西7.7km、南北4.8kmで、その面積の64%は山林が占める農村部である。内久井に源を発して南流する犀川は、北は西方、南は篠田よりそれぞれ支流を合わせて、物部、豊里を経て由良川に合流している。
 人口は明治9年の3,506人、昭和29年の3,606人を最高に、その後、減少の一途をたどり、平成26年4月には、戸数521戸で約1300人となっている。また、児童数も同じ傾向がみられ、明治42年から昭和30年代までは500名余りの児童数を誇る学校であったが、昭和55年153名、63年120名、平成5年には84名、平成31年4月現在、54名の少人数校になっている。平成23年度に複式学級になる状況であったが、「コ宝ネット」など、地域住民の力により、Iターンの移住促進を進めることで免れてきている。
 昔から、地域全体に「山に良材、里に人材」の気風があり、地域・保護者の教育に対する関心は非常に高い。


児童数・学級数(平成31年4月10日現在)

全校児童 54名  6学級
 

沿革史

 明治   6年 志賀郷興隆寺に「到広館」を開設
 8年  
 西方独立し、井岡に「金声校」を設立
10年  
 金河内・内久井の両村独立して「竜河校」を設立
18年  
 到広・金声・竜河の三校を合併して、「志賀小学校」と改称
20年  
 「志賀尋常小学校」と改称
 26年  
 「高等小学校」を設置
32年  
 「志賀尋常高等小学校」と改称
42年  
 校地を沖田の現在置に改築移転
 昭和    16年 「志賀国民学校」と改称
22年  
 何鹿群志賀郷村立志賀小学校と改称
30年  
 綾部市に合併「綾部市立志賀小学校」に変更 完全給食実施
34年  
 学校プール完成
37年  
 新校舎落成
42年  
 体育館落成
48年  
  プール浄化装置完成
54年  
 志賀小学校簡易水道完成
62年  
 市水道導入工事完成
 平成   元年 緑の少年団結成 グランド排水工事完成
4年  
 プール浄化槽改修 給食室改修(回転釜設置)
5年  
 調理室完備(理科室分離)
9年  
 プール改修(防水、洗体槽、シャワー等)                               京都府教育委員会教育実践パイロット校(同和教育)研究発表会開催
12年  
 集落排水接続 トイレの全面改修
13年  
 給食室全面改修 南校舎ひさし改修
14年  
 学校評議員制導入
15年  
 地域ふれあいフォーラム
17年  
 ジャングルジム・登はん棒遊具設置 市スローガン塔設置
18年  
 教職員評価制度実施
19年  
 特別支援教育実施
 市民駅伝競走大会男子チーム優勝
20年  
 すべり台設置 「みんなで読もう!1000万冊読書キャンペーン」京都府知事賞受賞
21年  
 全国日本学校関係緑化コンクール国土緑化推進機構理事賞受賞
      27年 綾部市小中一貫教育開始
      28年 綾部市小中一貫教育 何北ブロック小中音楽会発表
      29年 京都府教育委員会「京都式チーム学校推進校」指定校
体育館電灯LED化