学校生活

パワーリフティング部 大会結果報告

コロナ渦により多くの大会が中止や延期になり、悔しい日々を過ごしてきたパワーリフティング部ですが、先日、約1年半ぶりに2名の選手が公式大会に出場することができました。

大会名:第26回ジャパンクラシックサブジュニア・ジュニアパワーリフティング選手権大会<2021ワールドクラシックサブジュニア・ジュニアパワーリフティング選手権大会代表選考会>

日時:6月13日(日)

場所:兵庫県明石市

結果:

サブジュニア男子53㎏級 3年 松田 拓郎  第1位

(SQ 105㎏、BP 65㎏、DL 130㎏、Total 300㎏)

サブジュニア男子74㎏級 3年 中川 朋  第2位

(SQ 175㎏、BP 107.5㎏、DL 185㎏、Total 467.5㎏)

※SQ:スクワット BP:ベンチプレス DL:デッドリフト

8月には高校全国大会が予定されています。今回活躍した2名に加え、1年生も全国大会出場に向けて練習に励んでいきます。

今後ともご声援のほどよろしくお願いいたします。

松田選手 スクワットの様子
中川選手 デッドリフトの様子

活動紹介(パワーリフティング部)

【活動日】  平日放課後、日曜AM、長期休暇中は平日AM

【活動場所】 本校第1体育館

【練習内容】 フォーム練習、基礎トレーニング、筋力強化

【活動目標】「心優しき力持ち」をモットーに、心と体を鍛えています。目標は全国大会や世界大会で活躍する選手になることです。

年間活動計画

ファイル名:bukatsu04.pdf

※PDFを開くには下記「年間活動計画」をクリックして下さい。

 
COPYRIGHT (C) 京都府立農芸高等学校