Loading…

京都府立京都八幡高等学校

北キャンパス

〒614-8363 京都府八幡市男山吉井7

Tel:075-981-3508 Fax:075-981-3509

南キャンパス

〒614-8236 京都府八幡市内里柿谷16-1

Tel:075-982-5666 Fax:075-982-5673

進路情報

 南キャンパス介護福祉科3年生は、6月上旬から22日間の介護実習を予定しているので、5月13日(金)放課後に第3回就職ガイダンスを北キャンパスに先立ち実施しました。

 5月下旬に行う第1回目の模擬面接について説明した後、クレペリン検査(SG式精神作業検査)を実施しました。受検者個人の適応力や適応特徴などが検出される検査で、集中力が必要な作業でしたが、全員が黙々と頑張っていました。

 

 5月13日(金)5・6限、3年生対象の「進路ガイダンス」を実施しました。全体会として「マナー講座」を受講し、その後、進学希望者は学校別ガイダンスとして、四年制大学9校・短期大学5校・専門学校31校から2校を事前に選び、各ブースでガイダンスを受けました。特に、専門学校の総合型選抜(AO入試)のエントリーが6月から始まりますので、しっかり準備をしていきましょう。就職希望者は、面接対策など具体的な就職対策講座を受講しました。

 

5月13日(金)の5・6時間目に、北キャンパス1年生を対象に「進路ガイダンス」を実施しました。

最初の進路講演会では、ファイナンシャル・プランナーの方を講師にお招きして、「職業探求講座 ~未来の仕事の見つけ方と叶え方~」をテーマにお話をしていただきました。具体的には、職業・職種または学部・学科から進路を考えることの重要性や社会で求められる力など、幅広い内容についてお話をしていただきました。生徒は皆興味深そうに、集中して話を聞いていました。

次の分野別ガイダンスでは、理美容・スポーツ・保育など14の分野から、生徒が自分の興味のあるものを2つ選択し、時間毎にそれぞれの講座を受講しました。講座では、各分野の講師の先生から、各分野の魅力や求められる力などについてお話を頂戴しました。生徒たちはメモを取ったり、自分から進んで質問するなど、積極的に講座を受講する様子が見られました。

 

5月6日(金)に、北キャンパス3年生を対象に進路ガイダンスを実施しました。

進学希望者は、自分が選んだ2つの学校について、各学校の講師の先生よりそれぞれの学校の紹介を聞くとともに、オープンキャンパスの日程や入試の試験科目など、様々な情報について話をしていただきました。

就職希望者向けの講座では、給与や生涯収入に関する説明を受けた後、面接試験でよく聞かれる質問の確認やお辞儀の仕方など、実践的な面接試験対策が行われました。

また、公務員希望者向けの講座もあり、公務員試験の内容や面接に向けての準備、筆記試験対策等について、講師の先生より貴重なお話をしていただきました。

 

 5月6日(金)6限、人間科学科、介護福祉科の1・2年生を対象に進路適性検査を実施しました。進路適性検査の目的は、「①自分の希望と適性を客観的に把握し、自己理解を深める。②検査結果を進路研究のきっかけとし、本当に実現したい進路を発見する。③希望進路実現のために、何をするべきかを理解し、具体的な対策に移す。」ことです。検査結果から自らの進路の可能性に気づき、進路意識を高めることで学習に前向きに取り組むことを期待しています。

 

 4月23日(土)、北キャンパス2・3年生のアドバンスエリア生徒対象の「We Can Project(土曜講座)がスタートしました。国数英の3教科を中心に、基礎学力の徹底と入試問題にも対応できる学力の向上を目標に、土曜日の午前中に開講しています。継続して努力を重ね、それぞれの希望進路の実現を目指して頑張っています!

 次回は、5月7日(土)となります。

 

 4月22日(金)、昼休みに3年生対象の第2回進学ガイダンスを実施しました。南キャンパスでは小規模校の利点を生かし、進学個別指導として、小論文、願書・志望理由書、面接などに対するチューター指導を実施しており、今回は担当の先生を発表しました。

 また、6限に「進路学習会」を実施しました。進学希望者は、外部講師を招き「志望理由書の書き方講座」を受講し、自分を知ることの大切さを学びました。就職希望者は、SPI検査を受け、放課後に第2回就職ガイダンスを受け、今後の予定を確認しました。

 進路実現に向けて、頑張りましょう!

 

 4月12日(火)、14日(木)の放課後、3年生対象の就職ガイダンス、進学ガイダンスの1回目をそれぞれ実施しました。今すべきこと及び今後の予定等を確認したことで、改めて気を引き締めた様子が伺えました。進路実現に繋がることを期待しています。

 

新入生を迎え、新たな年度が始まり1週間が経過しました。

すでに授業もスタートしていますが、並行して進路指導部もさまざまなガイダンスを実施し、生徒のみなさんがより高い目的意識を持って学校生活を送れるようにサポートしていきます。新しい学年で、気持ちを新たに頑張っていきましょう。※ガイダンスの画像は北キャンパスのものです。


 

 3月11日(金)午後、看護・医療系セミナー受講生を対象に「卒業生の話を聴く会」を実施しました。看護師、理学療法士、救急救命士として活躍されている卒業生3名を迎え、前半は、「それぞれの職業を目指したきっかけ、進学先をどのように選択したか、国家試験に向けてどのような努力をしたか、南キャンパスを卒業してよかったこと、高校生として今しておいた方がよいこと」など、高校生がやる気になる話をたくさんしていただきました。後半は、希望の職種に分かれて、気になることなどを先輩から直接聴くことができました。

《生徒の感想(抜粋)》医療についてインターネットでよく調べていますが、実際に働いている先輩の話が聴けて、納得できることがたくさんありました。3人の先輩が口を揃えておっしゃっていた「積極的に動く」ということを今まで以上に意識して行動していきたいと思いました。私が知りたかった実習のことや、高校の勉強の大切さ、国家試験前の勉強方法など、今からできるようなことも教えてもらえたので、今日聴いた話を思い出しながら充実した高校生活を送り、夢を叶えたいと強く思いました。

 

 3年生のみなさん、御卒業おめでとうございます。

 思い出に残る充実した3年間を過ごすことができましたか。4月からの新しい環境の中で、戸惑うことや相談が必要になることがあるかもしれません。卒業後も、進路指導部は、みなさんにとっての進路「応援」部であることに変わりありません。また学校に来て、新しい生活の様子など話を聞かせてください。みなさんの新しい生活が順調にスタートし、充実したものになることを願っています。

 3年生がいなくなり、少し寂しくなった学校の様子とともに。

南・北キャンパス進路指導部より

 

 2月19日(土)今年度のWe Can Project(土曜講座)の全日程が終了しました。

 土曜講座を通して、1年生は、学習方法や問題の解き方など学習メソッドを学びながら各教科の問題に取り組みました。2年生は、模試や大学の過去問などを用いて問題演習に挑戦し、少しずつ受験に向けての意欲を高めています。3年生は受験生ということで、それぞれの希望進路実現に向けて、各自の課題に一生懸命取り組みました。

 1・2年生は、3月3日(木)から始まる学年末考査、春休み期間中の春季進学補習など来年度に向けての取組が続きます。

 

 2月18日(金)の5・6限に、1・2年生のアドバンス・エリア生徒を対象に「卒業生の話を聞く会」を実施しました。教室の換気や消毒、アクリルパネルの設置などの対策を取りながらの実施となりました。アドバンス・エリア卒業の3人から、受験勉強の仕方や工夫、入試について、大学での学習内容やオンライン授業の様子、大学生活についてなど貴重な話を聞くことができました。また在校生に向けての熱いメッセージもいただきました。

生徒の感想(抜粋)

 大学についての理解を深められてモチベーションが上がった。でも反対に焦ってきた/小さな目標でいいから達成していき、継続していこうと思う/ゴールから逆算して計画しようと思う/なんかやる気が出た/大学の楽しさを聞き、興味がでた/自分流を見つけたいです/何が得意か不得意か、不得意でもここはできるみたいな発見をしなければいけない/自分のペースで勉強していくことも大切、たくさん努力することも大切だと思った

 

 2月4日(金)の5・6時間目、2年生対象に進学講座と就職講座に別れて進路ガイダンスを行いました。

 進学希望者には、各担任の先生が「進路のしおり」を用いて、進学の状況や日程などを確認したあと、アプリを用いた適性診断を行いました。大学・短期大学・専門学校等で学びたい分野がまだ決まってない人は、今回の診断結果も参考にできるかもしれません。

 就職希望者には、本校進路指導部による就職状況についての説明のあと、過去の求人票を例にして、求人票の見方を学びました。アプリを用いて適性診断を行ったあと、就職した卒業生による講演ビデオを視聴しました。

 まもなく3年生になります。今回のガイダンスを自らの進路をさらに深く考えるきっかけにしてほしいと思います。

 

 指定校で四年制大学、短期大学へ進学する予定の3年生対象の学習会の第5回、第6回を行いました。第5回(1月12日実施)では国語の、第6回(1月17日実施)では英語の大学入試の過去問題に取り組みました。

 11月から始まったこの学習会は、学習習慣の確立と基礎学力の向上を目標に行ってきました。全6回ということで、1月17日(月)で最後の学習会となりましたが、進学先で良いスタートを切ることができるように今後も各自で勉学に励んでもらいたいと思います。

 

 1月14日(金)の放課後に、南北各キャンパスで就職内定者を対象とした就職ガイダンスを実施しました。社会人としての心構えや、社会人になるための準備としてしておくべきことなどの話をしました。

 社会に出るということが近づいてきている中で、本人たちはもちろん、家族やまわりのみんなも心配・不安を抱えていると思いますが、卒業までにできることをし、社会人になるための準備をしていきましょう。


 

 12月17日(金)の5・6時間目に、1年生対象の進路ガイダンスを北キャンパスで行いました。自動車、外国語、調理・製菓、理容・美容、スポーツインストラクター、保育・幼稚園、公務員、就職などの様々な講座から、自分の興味関心のあるものを3つ選択し、講義を聴きました。生徒たちは講師の先生方に質問をしたり、メモを取ったりしながら積極的に参加していました。今回の講座で得た知識を活かして、目指す進路を見つけていきましょう。

 生徒の感想より(抜粋)

 「まだ1年生で先のことだけど、今のうちからちゃんと将来について考えていかないといけないと思った」「コミュニケーション能力を身につけておくことは、これから仕事をしていくときにとても大切になるなと感じました」


 

 11月より実施している指定校推薦学習会の第3回、第4回を行いました。第3回(12月8日実施)は国語に関する問題演習、第4回(15日実施)は英文読解演習に取り組みました。また、冬休みには、それぞれが志望している分野に関係する書籍を読み、ブックレポートを作成するという課題に取り組みます。

 この学習会は、学力の向上と学習習慣の定着を目的としています。次回は、1月12日(水)、17(月)の実施となります。

 

 12月4日(金)の放課後、「第9回就職ガイダンス」」を実施しました。今回は、社会保険労務士の講師をお迎えし、「労働法って何?-労働法の意義と概要-」をテーマにお話しいただきました。生徒たちは、労働基準法や賃金、休日などの労働条件、社会人として守るべきルールなどについて、メモをとるなど集中して参加していました。

 労働に関する法律は、将来、社会に出て困ったときに自分を守ってくれるものでもあります。より働きやすい環境で働くためにも、今回のガイダンスで学んだことをしっかりと覚えておいてほしいと思います。

 

 11月12日(金)午後、1年生対象の「進路ガイダンス」を実施しました。まずは全体講演会で社会保険労務士の方を講師にお招きし、高校1年生から進路を考えることの大切さを教えていただきました。「出来事」に対する「捉え方」次第で「感情」が変わるというABC理論など、生徒にとっても分かりやすいお話がたくさんありました。後半は、職業別ガイダンスとして、保育・看護・福祉・リハビリ・心理など16分野から2つを選択して、外部講師の方からそれぞれの職について詳しく教えていただきました。しっかりと将来を見据えて、有意義な高校生活を送りましょう。

◆生徒感想◆ 今回の進路ガイダンスを受けて、常に考えて行動、生活をしていかなければならないと感じました。「考えて当たり前。考えていないとおかしい」と聴いて、普段何も考えずに生活していることを反省しました。進学先も適当ではなく、将来がかかっているのでしっかりと考えて決めたいと思いました。専門学校を希望していましたが、今回話を聴いて大学も選択肢に入ってきました。なりたい自分になれるように、人生が成功できるように前向きに頑張って考え、行動していきたいです。知らなかったことをたくさん教えていただき、よかったです。