男子バレーボール

活動紹介

 試合に勝つことだけでなく、自分を高めることを目標に活動しています。
 本校のバレー部は選手全員が互いに切磋琢磨し、平成26年度新人大会からシード権獲得し、平成28年度インターハイ予選では目標である府下ベスト8に進出し、念願の近畿大会への出場権を獲得しました。現在では常勝チームを目指し、他府県への遠征などを実施していますが、厳しいだけでなく楽しく、選手同士が仲の良いチームなのが特徴です。
バレーボールが好きで、やる気のある選手の入部をお待ちしています。

目標

府下ベスト8、近畿大会出場

活動日

・週1回OFF 
・長期休暇中に他府県への遠征・合宿あり
・練習は短時間で集中して行うため、学習との両立も可能(過去には国公立大学の合格者もいます)

近年の主な実績

・全国高校総体バレーボール京都府予選 ベスト16(平成30、令和元年度) ※2年度はコロナの為中止
・近畿高校バレーボール優勝大会出場(平成28年度)
・全日本バレーボール高校選手権京都府予選 ベスト16(平成30、令和元、2年度)
・京都府高等学校バレーボール新人選手権大会 ベスト16(平成30、令和元年度) ※2年度はコロナの為中止
・京都府高校総体バレーボール競技の部 ブロック準優勝(平成30、令和元年度) ※2、3年度はコロナの為中止

部員数

3年 男子7名・女子1名
2年 男子6名・女子2名
1年 男子19名・女子2名       (令和3年8月現在)

近年の主な出身中学校

衣笠中学校、下京中学校、八条中学校、洛南中学校、凌風小中学校、嵯峨中学校、西京極中学校、梅津中学校、松尾中学校、大枝中学校、西ノ岡中学校など

主な進路先

令和2年度 仏教大学、追手門学院大学など

令和元年度 関西大学、龍谷大学、京都産業大学など

平成30年度 同志社大学、立命館大学、龍谷大学、甲南大学など

 
COPYRIGHT (C) 京都府立桂高等学校