GLOBE

平成27・28年度、文部科学省GLOBE(環境のための地球学習観測プログラム)の指定を受けました。
GLOBE日本事務局
 

 

 

 

COUNTER

Total 平成29.4~61212

COUNTER

Total 平成28年度   956709
 

COUNTER

Total 平成24.3~2721859

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

海洋工学科 航海船舶コース

船舶の運用に関する知識・技術を学びます。

 

船舶航海コースの取り組みを紹介します。
12345
2017/04/12

みずなぎ「満船飾」

Tweet ThisSend to Facebook | by 航海船舶コース
 4月11日(火)、実習船「みずなぎ」「かいよう」では、平成29年度入学式のお祝いと新入生の歓迎に、国際信号旗等を掲揚して飾り付け(満船飾)を行いました。また、保護者の方に船内を公開させていただきました。

 国際信号旗による満船飾
※満船飾(まんせんしょく)
船舶が国の祝祭日や記念日、特別の行事などに祝意を表すために、国旗や国際信号旗を掲揚して飾り付けを行うこと。
12:11
2017/04/12

学科・コース開き「航海船舶コース」

Tweet ThisSend to Facebook | by 航海船舶コース
 4月12日(水)、このたび、進級して各学科・コースに分かれて学ぶ2年生を対象に、学科・コース開きが行われました。
 一括募集により、1年生では学科・コースに所属していませんが、航海船舶コースでは、同コース主任から実習における危険予測や心構え等について講話がありました。

航海船舶コース主任からの諸注意等
11:42
2017/04/10

H29 退任式

Tweet ThisSend to Facebook | by 航海船舶コース
 4月10日(月)、平成29年度離任式及び着任式が行われました。この度、実習船「みずなぎ」より、昭和55年から37年間勤務された三野 勲船長と平成15年度から14年間勤務された林 原弘機関長が退任されました。長きに渡り、実習船「みずなぎ」を支え、生徒を指導してくださり本当にありがとうございました。なお、再任用として、今年度1年間勤務されます。

退場される様子。全校生徒及び教職員一同で拍手でお送りしました。
(前)三野 勲船長 (後)林 原弘機関長
14:51
2017/03/28

2船CT底曳網実習

Tweet ThisSend to Facebook | by 航海船舶コース
 2月7日(火)~2月9日(木)、航海船舶コース2年生が本年度最後となる「みずなぎ」乗船実習を行いました。初日は荒天のため、栗田湾・舞鶴湾・宮津湾・由良川沖での海洋観測を、2日目は海況が回復したため、底曳網を2回操業しました。3日目は、伊根浦漁業所属の定置網操業を見学させていただきました。午後からは2日目の底曳網漁獲物を用いて、校内で海洋市場を開催し、多くの方々にお買い求めいただき完売することができました。H29.2広報.pdf

採水の様子

揚網作業

海洋市場

次回の海洋市場は4月21日に実施予定です。
18:00
2017/03/28

インターンシップ

Tweet ThisSend to Facebook | by 航海船舶コース
 春季休業中、航海船舶コース2年生8名が、インターンシップ(職業体験)に参加しました。受入先は新日本海フェリー(2名:3/22~24、3名:24~26)、第一中央内航株式会社(2名:3/19~25)、昭陽汽船株式会社(1名:3/21~23)の3社です。
 新日本海フェリーでは教員1名も同行しました。乗船したのは、舞鶴・小樽間を航行しているフェリー「あかしあ」(16,810トン)です。
 船内生活の注意事項や救命・消防設備、航海計器の取扱、ペンキの塗り方に至るまでさまざまなことを学ぶことができました。また、実際に船橋や主機関を見学させていただきましたが、その大きさに圧倒されました。
 同船では、石間航海士をはじめ、本校卒業生が多く活躍されており、今回は直接御指導いただく場面がたくさんありました。この3日間は、大変よい経験になりました。

       船内生活注意事項説明

        甲板部での作業

       船橋(ブリッジ)見学

  下船時の記念撮影(右から3番目が坂下船長)
08:35
2017/03/06

海技士合格

Tweet ThisSend to Facebook | by 航海船舶コース
 海技従事者国家試験(2月定期試験(大阪))の二級海技士(航海・筆記試験)に、3年生3名(航海船舶コース)が受験し、1名が昨年に引き続き、4科目中3科目に合格(科目合格)しました。大学卒業レベルの難関国家試験で、素晴らしい結果を残すことができました。

 これで、今年度(昨年度実績)も、三級海技士5名(2名)、四級海技士8名(16名)と全国トップレベルの合格実績を残すことができました。次の試験は4月定期となりますが、今から受験に向けての対策、準備に取り掛かっています。

 「スペシャリストネットワーク京都」の取組の一環として、更に学びを深化させ、これからも将来の船長を育てていきたいと思います。
2902-2hikkigoukaku.pdf 


07:00
2017/02/24

3年船舶 消火講習

Tweet ThisSend to Facebook | by 航海船舶コース
 2月22日(水)、航海船舶コースの3年生を対象に、海技免許講習に係る消火講習を実施しました。粉末消火器、泡消火器、炭素ガス消火器の3種類をそれぞれ用いて、代表3名が消火訓練を行いました。3種類の消火器の重さや性質、噴射時間等、それぞれの消火器が持つさまざまな特徴を比較することのできる貴重な経験となりました。

粉末消火器による消火訓練

泡消火器による消火訓練

炭素ガス消火器による消火訓練
19:00
2017/02/22

海技士合格

Tweet ThisSend to Facebook | by 航海船舶コース
 海技従事者国家試験(2月定期試験(大阪))の三級海技士(航海・筆記試験)に、2年生3名(航海船舶コース)が受験し、2名が合格しました。さらに、1名が科目合格しており、大学卒業レベルの難関国家試験で、全員が見事な結果を残すことができました。

 また、四級海技士(航海・筆記試験)にも2年生2名が合格し、今回の三級海技士合格を含め、合格者は、「目指せ大型船の船長」をスローガンにこれからの希望進路の実現とともに、本校2人目となる二級海技士(航海)の合格に向けチャレンジを続けていきます。

 「スペシャリストネットワーク京都」の取組の一環として、更に学びを深化させ、これからも将来の船長を育てていきます。
2809-3-5公示.pdf

四級海技士に合格した2名。2年生 橘 珠有(左)内山航輝(右)


12:00
2017/02/22

1年学科・コース別実習(船舶)

Tweet ThisSend to Facebook | by 航海船舶コース
 2月20日(月)、1年生の水産基礎実習で、2年生から所属する各学科・コース別の実習を行いました。
 航海船舶コースでは、2年次から新たな分野に進むための事前学習として、小型船舶操縦士や海技士として活躍するために必要となるチャート(海図)の知識について説明を受けるとともに、簡単な実習も行いました。

実物の海図を確認している様子
11:00
2017/02/17

ことばの力トライアル35号

Tweet ThisSend to Facebook | by 航海船舶コース
ことばの力トライアル第35号「スペシャリストネットワーク京都発表会」を提載します。
ことばの力トライアル35号(2月スペシャリストネットワーク京都).pdf

09:00
12345