Loading…

商業と情報の専門学科を設置する京都すばる高校は、規律ある授業と高い目標を持った特別活動を通じて、確かな学力と豊かな心を持った人材を育成します。

 
【 2021/01/06 】
 
 

 11月12(木)~12月3日(木)の間、企画科3年生「課題研究」中高連携研究グループ(J-BOX)12名が、泉川中学校・培良中学校・宇治中学校の3年生を対象に、ビジネスマナー講座を実施しました。
 今年度は新型コロナウイルスの影響で、2学期からの実施となりました。訪問先の中学校で中学生が真剣に聞いてくれたため、私たちも真摯に取り組むことができました。
 J-BOXのメンバーの多くは、「この講座をきっかけに京都すばる高校への進学を決めたので、自分もきっかけになれれば嬉しい」という思いを持って活動をしてきました。
 私たちの活動が、中学生の皆さんにとって入試だけでなく、将来に役立つものになれば嬉しいです。
 今年は大変な年ですが、体調管理に気を付けて第一志望校を目指して頑張りましょう!

 
 
【 2020/12/23 】
 
 

 企画科3年「課題研究」(メディア研究)は、KBS京都主催の第10回自転車交通安全CMコンテストにて、団体特別賞として「京都府トラック協会特別賞」を受賞しました。
 作品タイトルは「自転車安全レース」です。運動会などで使われるロッシーニ作曲「ウィリアム・テル序曲」をBGMに選びました。「ながらスマホ」「二人乗り」「一時不停止」の交通ルールを破った者が順番にレースから脱落して最後まで交通ルールを守りきった者のみがレースに勝利するという人形劇の作品に仕上げました。「第10回 自転車交通安全CMコンテスト」の公式サイトにおいて、受賞作品が掲載されますので、ぜひご覧ください。

 
 
【 2020/12/04 】
 
 

 11月25日(水)~27日(金)、企画科1年生「ビジネス基礎」の授業で、留学体験者による講演会を開きました。
 今回お招きしたのは、文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN」のプログラムを使って留学した大学生3名です。(1日1名、3日連続)
 3日目は、奈良教育大学教育学部4回生の山口裕士さん。ドミニカ共和国で、少年野球チームの視察や指導をされていました。
 今日は留学前のプレゼンや留学中の様子、将来のビジョンなどについて、写真や動画を交えて話していただきました。
 「ドミニカ共和国と日本の野球で、最も違うところは?」という質問に、「ドミニカの子どもたちは、空振りを恐れません」と山口さん。国民性もあるかもしれませんが、失敗を恐れず、とにかくチャレンジしてみるって大切だな、と感じました。
 授業のあとも質問が途切れず、「私、留学します!」と早くも決意している生徒も...今後が楽しみです。
 山口さん、ありがとうございました!

 
 
【 2020/12/04 】
 
 

 11月25日(水)~27日(金)、企画科1年生「ビジネス基礎」の授業で、留学体験者による講演会を開きました。
 今回お招きしたのは、文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN」のプログラムを使って留学した大学生3名です。(1日1名、3日連続)
 2日目は、芦屋大学経営教育学部の神田紗綾さん。高校在学中に、デンマーク・王立バレエ団のサマースクールに参加されていました。
 今日は、留学先での嬉しかったことや苦労したこと、そして将来のビジョンなど写真を交えながら話していただきました。
 留学先で言葉の壁にぶつかり苦労したことを逆にチャンスとして捉える意識は私たちに必要であるため、これからの高校生活で意識して過ごしていきたいと思いました!
 私たちも神田さんのように将来のビジョンを少しでも明確にして、目標に向かって頑張っていきたいと思います!
 神田さん、ありがとうございました!

 
 
【 2020/12/04 】
 
 

 11月25日(水)~27日(金)、企画科1年生「ビジネス基礎」の授業で、留学体験者による講演会を開きました。
 今回お招きしたのは、文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN」のプログラムを使って留学した大学生3名です。(1日1名、3日連続)
 1日目は、京都大学医学部6回生の吉川健太郎さん。スイス・ジュネーブのWHO本部でインターンをされていました。
 今日は留学中の様子や、帰国後に設立した会社の話など、写真を交えて話していただきました。
 WHO、国連、G20と、スケールの大きな話題が次々に出てきて圧倒されましたが、吉川さんの柔らかく親しみやすい話し方のおかげで、身近なこととして捉えることができました。
 「いろんなつながりでここへたどり着いた」「自分の一つひとつの強みは小さいものでも、それを掛け合わせることで誰とも違うものになる」というお話は、これからの高校生活でも忘れずにいたいと思います。
 吉川さん、ありがとうございました!

 
 
【 2020/12/02 】
 
 

 11月19日(木)、企画科3年「課題研究」(メディア研究)14名が、校外学習としてラジオ番組収録と映画制作を学びに行きました。
 まず、ラジオ収録は、三条ラジオカフェ(FM79.7)でラジオ番組収録を行いました。番組タイトルは「すばるStation(ラジオ編)」です。これは、同授業にてYouTubeの企画科情報紹介番組「すばるStation」を制作していることもあって、同じタイトルにしました。
 番組内容は、メディア研究チームの活動内容や、今年は実施できなかった「すばるデパート」について、昨年の商品開発の授業の際にお世話になった企業様への感謝と思い出トークを番組内で語りました。
 収録した番組は、11月28日(土)と11月29日(日)のそれぞれ21時よりOAされました。

 引き続き、京都市メディア支援センターにて、映画制作についての話を京都市産業観光局観光MICE推進室の信國明子様より講義をしていただきました。映画「舞妓はレディ(2014年:周防正行監督・上白石萌音主演)」の制作時に行った京都市でのロケ支援や京都市をあげての映画PR支援のお話をうかがいました。

 企画科情報紹介番組「すばるStation」の新たな番組制作のため、この校外学習の模様をロケ撮影させてもらいました。ロケが実施できたのは、京都市メディア支援センターの紹介を受け、三条寺町京極商店街振興組合の皆様の御協力を得られたからです。本当にありがとうございました。

 
 
【 2020/11/25 】
 
 

 企画科3年生が京都SKYセンターの皆さんにご協力いただいて制作した「脳トレ問題集」が完成しました!
「山がつく都道府県6つを全て答えましょう」
「外国の大統領の名前を5人答えましょう」
「『君といつまでも』を歌ったのは?」
 実際に高齢者の方々に問題を解いてもらったり感想を伺ったりしながら、改善を重ねました。
 新聞やネットニュースでも紹介され、全国から問い合わせが来ています。
 自分たちの活動が形になって、それが誰かの役に立つのはとても嬉しいことだなと感じています!

 また、KBSラジオの番組でも取り上げていただき、インタビュー出演が決定しました!
 日程:11月27日(金)
 番組:「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」
 7:15~約13分間 番組コーナー「ほっかほか今朝の聞くサプリ」で放送予定です。
 ぜひ、お聞きください。

 
 
【 2020/11/25 】
 
 

 11月12日(木)、企画科3年「課題研究」(地域産業研究)で、台湾の士林高級商業職業學校と「オンライン商品開発会議」を行いました。

 昨年度の先輩が士林と共同開発した商品を引き継ぎ、新たに価格やパッケージを見直しながら、会議を進めました。
 士林の皆さんの発想はとても斬新で、「えっ?タピオカの雑貨?組み合わせる?」と、驚きの連続です!

 企画書の英訳や説明がうまくできなかったり戸惑ったりすることもありますが、それも含めて楽しみながら、商品開発を進めています。
 士林高商 国際貿易科の皆さん、これからもよろしくお願いします!

 
 
【 2020/11/18 】
 
 

 11月5日(木)、企画科3年生「課題研究」中高連携グループ(J-BOX)12名が、園部中学校3年生を対象に「入試面接対策」として、すばる式ビジネスマナー講座を実施しました。
 近鉄とJRを乗り継いで南丹市の園部駅まで行き、そこからは専用のバスで送り迎えをしていただきました。
 今までで最も遠い中学校で、体育館がお城の形だったり、校長室に入れていただき挨拶いただいたり、中学生がとても楽しそうだったりと、すごく印象に残る中学校でした。
 第1希望の高校合格を目指して、頑張ってください!

【中学生の感想】
最初の挨拶からカッコ良くて、私もこんな高校生になりたいと思いました!
「コミュニケーション」と聞くと、相手に何かを伝える時のことを考えるけれど、聞き方一つで良い印象を持ってもらえるということが分かりました。
うなずいたり、質問したり、メモをとったり、日頃から意識してやろうと思いました。
今日は遠いところに来ていただいて、本当にありがとうございました。

 
 
【 2020/11/11 】
 
 

 10月29日(木)、企画科3年生「課題研究」中高連携グループ(J-BOX)12名が、田辺中学校3年生を対象に「入試面接対策」として、すばる式ビジネスマナー講座を実施しました。
 8クラス300人近い田辺中学生は、とても元気が良く反応も良かったので、こちらもやりがいがありました。

中学生の感想
「皆、不安だと感じています。」この一言で、私は「そうか、私一人だけじゃないんだ!」と思って安心しました。
いよいよ受験が近づいてきているという実感がわくとともに、私もこういう風な高校生になりたいと、高校生活が楽しみになりました。
志望校に合格するためには、何事も日頃から習慣をつけることが大切だと気付くことができました。なので、これから挨拶や「報・連・相」を心掛けようと思います。
高校入試まであと少し。気を抜かないで教えてもらったモチベーションアップの方法を実践したいと思います。