Loading…

京都府立京都八幡高等学校

北キャンパス

〒614-8363 京都府八幡市男山吉井7

Tel:075-981-3508 Fax:075-981-3509

南キャンパス

〒614-8236 京都府八幡市内里柿谷16-1

Tel:075-982-5666 Fax:075-982-5673

学校生活

最終日は国際通りで自由研修!!

国際通りでたくさんのお土産を買いました。
 研修旅行最終日は、国際通りで自由研修。この那覇市の国際通りは、県庁北口スクランブル交差点を起点として、安里(あさと)三叉路まで一直線に1.6キロ続く、那覇のメインストリートです。お土産品店や雑貨屋などに立ち寄り、街歩きや買い物を楽しみ、沖縄テイストが感じられる飲食店で昼食をとるなど、各グループで満喫しました。
 

最終日は国際通りで自由研修!!

国際通りから那覇空港へ!!
 約2時間半の国際通りでの自由研修を終え12時30分に県庁前集合。那覇空港へ向かい、14時15分発のANA766便で離陸。16時50分に伊丹空港着陸し、バスで学校まで帰ってきました。全員無事に帰着し、3泊4日があっという間に過ぎ、とても充実した沖縄研修旅行でした。
 

東村生活体験からおきなわワールドへ!!

涙のお別れ!!
 研修旅行3日目の午前中は、昨日から引き続き、東村での体験活動です。各ホストファミリーのもと、東村の名所を案内してもらったり、農業体験、三線体験などの体験活動や、紅芋天ぷら、沖縄そばなどの沖縄料理を一緒につくって食べたりなど、東村での生活を満喫しました。そして、1泊2日の東村での短い滞在でしたが、知り合ってから一日も経たないというのに、お別れの時には一緒に記念写真を撮ったり、涙する生徒たちもいて、本当の家族になったかのようでした。東村のみなさんの温かい家庭のなかで過ごした1日は、生徒たちにとって忘れることのできない貴重な経験になったと思います。東村でお世話になった皆様、本当にありがとうございました。
沖縄らしい雰囲気を存分に満喫しました!!
 東村を出発し、南城市のおきなわワールドへ。国内最多の鍾乳石数を誇る玉泉洞を筆頭に、沖縄ならではの珍しい動物が展示されているハブ博物公園、そして昔の沖縄の街並みをリアルに再現した琉球王国城下町など沖縄らしい雰囲気を存分に満喫することができました。その後、最後の宿泊となるラグナガーデンホテルへ移動。早いもので明日で最終日。最終日は午前中、国際通りで自由研修をして、午後、那覇空港から伊丹空港へ。明日、学校へ帰ります。
 

体験学習から東村へ!!

体験学習を通して沖縄文化に触れました!!
 研修旅行2日目の午前中は体験学習。海洋パック作り、ムーチーシーサー作り、琉球ガラス作り、カヤックでマングローブへ、沖防波堤渡し釣り、琉球料理教室と各体験学習に分かれ活動しました。天気は決して良くはなかったものの、生徒たちは沖縄文化を楽しんでいました。
 

体験学習から東村へ!!

東村に到着。民家体験泊へ!!
 体験学習後、しまんちゅクラブで昼食をして東村へ移動。東村の人たちに温かく迎えていただきました。到着後、入村式を行い、ホストファミリーと対面し、それぞれの民家へ移動しました。明日の午前中まで、民家家業体験を行い「沖縄」を肌で心で感じます。昼からは、おきなわワールドへ行きます。
 

初日は平和記念公園・ガマへ行きました!!

いよいよ沖縄へ
 早朝、1~2組と3~8組の2団に分かれて学校を出発。1~2組は関西空港から、3~8組は伊丹空港からそれぞれ沖縄入りしました。
平和祈念公園を見学しました!!
 沖縄到着後は雨が降っていましたが、平和祈念公園では、沖縄戦で亡くなられたすべての人々の氏名を刻んだ「平和の礎」と、その後、沖縄戦の写真や遺品などを展示した平和祈念資料館を見学し、沖縄戦の悲惨な悲劇を目の当たりにし、国内唯一の住民を巻き込んだ地上戦となった沖縄戦の当時の様子が分かり、平和の素晴らしさをつくづく実感しました。
ガマを見学し、宿舎へ!!
 平和祈念公園を見学後、沖縄戦において住民や日本兵の避難場所、また野戦病院として利用されたガマへ。残念ながら雨のためガマの中までは見学できませんでしたが、ガイドさんから、当時の沖縄の人たちがどのような体験をしたのかを説明していただき「戦争を二度と起こしてはならない」ということを痛感しました。ガマの見学後、本日の宿舎となる「しまんちゅクラブ」へ移動し入所しました。明日は午前中、恩納村での体験学習。午後からは東村での農家家業体験・宿泊体験です。
 

明日から沖縄研修旅行!!

 12月4日(火)~7日(金)3泊4日、南北キャンパス2年生が沖縄研修旅行へ。3日(月)6限に両キャンパスにおいて結団式が行われました。学校長や学年部長などから、研修旅行の心構えや諸注意など話がありました。生徒たちは明日からの研修旅行に向けてしっかり耳を傾けていました。
 

高校生活について深く考える機会となりました!!

 6月16日(金)京都八幡ロータリークラブのご協力を得て、九州大学大学院農学研究院助教で社会起業家、作家、食育研究家でもある佐藤剛史 氏を招き、「人と自分を大切に」というテーマでご講演をいただきました。「自分を信じなければ、他人も信じられない」など貴重なお話しを聴くことができました。とても充実したUD学習となりました。