図書館の紹介

 本校の図書館は4階にあり、1階から上がってくる人は息をきらして来ます。それでも昼休みは生徒でいっぱいでとても活気があります。
 図書委員会も活発で、色々な行事を企画します。特に生徒に好評なのは文化祭での「図書カフェ」で昨年は300名の来店があり、図書委員のお茶やお菓子のサービスと有志のパフォーマンスやクイズなど楽しんでくれました。
 気軽に利用できて居心地が良い図書館でありたいと思っています。
 また生徒が読みたいと思う新鮮で魅力ある本を入れることも大切にしています。
 一人でも多くの生徒が図書館と本を利用して、高校生活をより豊かに送ってくれることを願っています。
 学校にお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

     向陽高校図書館司書 山本明美



昨年の図書カフェと図書フェス(パート2)の様子

昨年の図書フェス(パート1)の様子

←クリックするとWeb版図書館ニュース最新号をご覧になることができます。




平成30年度図書館からのお知らせ

web版図書ニュース7月号 web版図書ニュース1月号



平成29年度図書館からのお知らせ

web版図書ニュース6月号 web版図書ニュース7月号 web版図書ニュース12月号 web版図書ニュース2月号



平成28年度図書館からのお知らせ

図書委員会だより第1号 図書委員会だより第2号 図書委員会だより第3号
図書委員会だより第4号 図書委員会だより第5号
図書館だより第2号 図書館だより第3号


web版図書ニュース8月号 web版図書ニュース12月号



平成27年度図書館からのお知らせ

図書館だより web版図書ニュース7月号 web版図書ニュース9月号

平成26年度図書館からのお知らせ

図書委員会だより第1号

図書委員会だより第2号 図書委員会だより第3号
図書館だより web版図書館ニュース7月号 web版図書館ニュース9月号 web版図書館ニュース12月号


平成25年度図書館ニュース

読書の冬号 読書の秋号 9月号 6月号


利用案内―京都府立向陽高校図書館(北棟4階東側)

開館時間
 月・火  8:40~16:50
 水~金  8:40~16:30
 
*会議・行事・校時等によって変更がある場合があります。変更がある場合は掲示あるいはお知らせします。

貸出
 通常1人3冊まで 2週間以内

*金曜日はプラス3冊借りられます。 
*2週間で読み切れないときは継続手続きをどうぞ。
*ご家族の方も、生徒を通して本校図書館の本を借りていただけます。その場合は冊数制限も通常の倍とします。お気軽にご利用ください。
*連休や長期休業中の貸出冊数については別途連絡します。

サービス色々―カウンターまでどうぞ
 *貸出中の本の予約ができます。
 *本のリクエストはカウンターにて常時受け付けています。
 *雑誌はバックナンバーのみ貸出できます。
 *館内のPCで図書館の蔵書検索を行うことが出来ます。
 *府立図書館の本を本校図書館を通じて借りることができます。
 *1階昇降口に青色の返却ボックスがあります。気軽にご利用ください。
 *探している本が見つからない時や何を調べていいかわからない時、何か面白い本ないかなという時は気軽に司書に聞いてください。

 





平成26年度 図書館企画


クリスマスコンサートin図書館(12月18日昼休み)

12月18日(木)昼休みに図書館でクリスマスコンサートが開催されました。合唱部、有志アカペラメンバーによる歌が披露され、暖かい感じのコンサートになりました。

冬休みはじっくり読書してみてはどうでしょうか?








図書委員会緊急企画「教育実習生と語ろう」(6月13日放課後)


教育実習生5人を囲んでお話を聞こうという催しを行いました。
急な企画でしたが、1年生から3年生までの生徒15人が参加し、交流しました。
生徒も実習生もとても楽しそうで、良い企画になりました。

 

 

・季節のディスプレイ



1月ーお正月のディスプレイ


3月ーひな祭りのディスプレイ


6月-池とカエルのディスプレイ


9月-お月見のディスプレイ





お月見団子


10月-ハロウィーンのディスプレイ





12月-クリスマスの本


クリスマスのクッキー


クリスマスツリー




各種コーナー
・司書のおすすめ本コーナー





・人気の本のコーナー





・新しく入った本のコーナー





・震災・原発関連本のコーナー





・映画のチラシ・原作本のコーナー












・お菓子の本のコーナー





・お誕生日のサービスのコーナー






・行事いろいろ

 
2月ー節分の豆まき
7月ー七夕かざり



*この他にも進路を考える本や小論文対応の本などのコーナーを時期に応じて作っています。