学校紹介

 
 

図書館の沿革

 
昭和49年度(1974年) 39冊にて開館 4月1日京都府立東宇治高校開校
5月15日、1棟3階にて図書館開館
(開校当時オイルショックが日本を襲い、東宇治高校建設を直撃・・・充分な図書購入費も得られず)
昭和53年度(1978年) 5,368冊 開校5年目、蔵書数が5000冊を超える
昭和62年度(1987年) 10,039冊 開校14年目、蔵書数が1万冊を超える
平成2年度 (1990年) 12,521冊 ビデオライブラリー設置される(4席)
平成5年度(1993年) 13,759冊 地域への図書館一般開放始まる
(12月~平成11年度まで)
図書館全面改装・1階へ移動(3月)
平成6年度(1994年) 14,253冊 新図書館1階にてオープン(4月)
コンピュータ導入準備(機器の整備、バーコード貼付、蔵書データ遡及入力等)
平成7年度(1995年) 14,832冊 完全コンピュータ稼働(パソコン5台によるLAN)
平成11年度(1999年) 18,657冊 2000年問題に合わせ、コンピュータ機器を全面更新
平成13年度(2001年) 19,773冊 百科事典用パソコン設置(1台)
平成14年度(2002年) 20,659冊 生徒用インターネット専用パソコン設置(2台)
図書館のHPを公開
開校29年目、蔵書数が2万冊を超える
年間貸出冊数が初めて5000冊を突破
平成15年度(2003年) 開校30年目 年間貸出冊数がこの年7000冊を突破
平成15年度(2003年) 開校30年目 年間貸出冊数がこの年7000冊を突破
平成18年度(2006年) 22,877冊 卒業記念品として、6段両面書架を追加・設置(3月)
平成21年度(2009年) 24,923冊 コンピュータ機器の全面更新
平成22年度(2010年) 25,594冊 年間貸出数が初めて1万冊を突破
平成24年度(2012年) 26,381冊 子どもの読書活動優秀実践校として「文部科学大臣表彰」を受ける
平成25年度(2013年) 25,769冊 耐震工事に伴う大規模な蔵書整理、管内レイアウトの変更
平成28年度(2016年) 25,724冊 文庫用5段両面書架2台を追加・設置
平成29年度(2017年) 26,681冊 文庫用5段両面書架2台を追加・設置
平成19年度から1人当たりの年間貸出冊数10冊以上を継続(耐震工事の年(平成25年度)を除く)
令和2年度(2020年) 27,592冊 新聞データベースの導入
Copyright (C) 京都府立東宇治高等学校 All Rights Reserved.