学校紹介

 
 

沿革

 
昭和48.10. 新設高校開設準備室設置
昭和49.1. 京都府条例で「京都府立東宇治高等学校」と決定
全日制普通科を設置。初年度募集定員315名(7クラス)となる
昭和49.2. 深井隆三、初代校長として着任
昭和49.3. 第1期工事(一棟)完工
昭和49.4. 第1回入学式挙行
昭和49.7. PTA発足
昭和49.9. 校歌制定
昭和49.10. 体育館完工、体育館開きを行う
昭和51. 3. クラブ後援会結成
昭和54. 4. 横山正幸、二代校長として着任
昭和55. 4. 文部省より「体力づくり推進校」の指定を受ける
昭和56. 9. 京都府立高校開放講座「東宇治土曜講座」を開講
昭和57. 3. 格技場完工
昭和58. 4. 山崎好章、三代校長として着任
昭和58.10. 開校10周年記念式典挙行
昭和59.12. 学習合宿実施
昭和60. 4. 新高校教育制度発足に伴い、普通科にⅠ類・Ⅱ類(人文系、理数系)を設置
昭和61. 4. 亘 教夫、四代校長として着任
昭和63. 3. 体育振興施設完工
平成 3. 4. 北村貞二、五代校長として着任
平成 5. 4. 村田伯義、六代校長として着任
平成 7. 4. Ⅱ類人文系を募集停止し、Ⅱ類英語系を設置
Ⅰ類(文系)に英語コースを設置
教育後援会結成(クラブ後援会改称)
平成 7. 5. 文部省より「生徒指導研究推進校」の指定を受ける
平成 8. 3. 全天候走路整備
平成 8. 4. 曽根 勝、七代校長として着任
Ⅱ類理数系を募集停止し、Ⅱ類文理系を設置
平成10. 9. 開校25周年記念式典挙行
平成13. 4. 木村滋世、八代校長として着任
平成14. 4. 土曜日子ども活動支援事業(アカデミックサタデー)開始
平成14. 7. 国際交流プログラム開始
平成17. 4. 「高等学校きらめく魅力推進事業」の指定を受ける
平成18. 4. 「学力向上フロンティア校」の指定を受ける
平成19. 4. 竹田保雄、九代校長として着任
平成21. 4. 松本一寛、十代校長として着任
平成22. 4. 橋本吉弘、十一代校長として着任
平成23. 4. 山城通学圏における類・類型制度の解消により、普通科に英語探究コース・文理
探究コース・文理総合コースを設置
平成24. 4. 千葉 均、十二代校長として着任
子どもの読書活動優秀実践校として文部科学省大臣表彰受賞
文部科学省・京都府教育委員会より「京都府グローバルコミュニケーション校」の指定を受ける
平成25. 4. 教育課程特例校(土曜授業の実施)の指定を受ける
平成26. 4. 普通科文理探究コースを文理探究(特進)コースに、文理総合コースを文理探究(標準)コースに改編
平成27. 4. 中 友明、十三代校長として着任
文部科学省より「英語教育強化地域拠点事業」に係る研究校の指定を受ける
平成28. 4. 「グローバルネットワーク京都校」の指定を受ける
平成30. 4. 松本啓二 十四代校長として着任
平成30. 8. 優良PTAとして文部科学大臣表彰を受ける
Copyright (C) 京都府立東宇治高等学校 All Rights Reserved.