京都府総合教育センター ITEC Information Technology Education Center 
研修講座教育コンテンツ研究特別支援教育教育相談センター紹介関連Webサイト

 
昨年度の研修講座報告
昨年度の研修講座報告や受講者の感想等を掲載しています。
 

2018/12/14

学校組織力パワーアップ講座Ⅲ

Tweet ThisSend to Facebook | by 地域教育支援部

1214日(金)に北部研修所において、学校組織力パワーアップ講座Ⅲを開催しました。シリーズ3回目の今回は、校長先生方を対象に講座を開催しました。

前半は、文部科学省高等教育局大学振興課大学入試室の山田泰造室長をお迎えし「大学入学者選抜改革の動向について」と題してご講義いただきました。

高大接続の近年の動きについては、知識基盤社会の中で新たな価値を創造していく力の育成を重視し、新学習指導要領の趣旨と合わせて、改革を進めていることを説明していただきました。その上で、大学入試がどのように変わってくのかを具体例を提示してもらいながら教えていただき、たくさんの学びがありました。

後半は、福井大学大学院教育学研究科の松木健一教授をお迎えし「児童生徒を理解するとは」と題してご講義いただきました。

少子高齢社会、人生100年時代といわれる中で、人の一生の中で学び続ける必要があったり、社会の中で役割が大きく変わっていったりする視点を示されました。社会がどのように変わっていくのかを把握した上で児童生徒を理解することが必要であることを学びました。

 


【受講者の感想】

・「大学入学者選抜改革について」といった国の大きな方針について、文部科学省の考えを直接聞くことができてとても良かった。勤務校で説明したいと思います。教師にとって大切なことは何かを考え直すよい機会となりました。(小学校)

・「子ども理解はまず、教師自身が自分を理解し、社会状況の変化を理解しなければならない。」に納得しました。現場や自分の置かれた立場に近い内容を分かりやすく伝えていただき、なぜ今この力が大切なのかすっきりと理解できました。(小学校)

・学力の3要素の育成は、時代が変わろうともそれに対応する社会で自立して生きていくために必要なことであることが分かった。学びを測定する大学入試は、学力の3要素を原点とすることがよく分かった。(中学校)


13:22