京都府総合教育センター ITEC Information Technology Education Center 
研修講座教育コンテンツ研究特別支援教育教育相談センター紹介関連Webサイト

 

2013/01/25

ユニバーサルデザイン授業

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育部
ユニバーサルデザイン授業~発達障害等のある子どもを含めて、どの子にもわかりやすい授業~

  京都府総合教育センターでは平成23・24年度の2年間にわたり、特別支援教育部研究プロジェクトチームを中心に、「通常の学級におけるユニバーサルデザイン授業の研究」を行いました。
 その研究成果として「ユニバーサルデザイン授業~発達障害等のある子どもを含めて、どの子にもわかりやすい授業~」の小冊子および詳細版を作成しました。


冊子表紙画像1タイトル

ユニバーサルデザイン授業
~発達障害等のある子どもを含めて、どの子にもわかりやすい授業~


2特徴

 平成19年に特別支援教育が法的に位置づけられました。通常の学級には、発達障害等により特別な支援を必要とする子どもが含まれています。各校(園)で取組が進められ、発達障害等の障害に対する理解も進んできました。
 一方で、通常の学級の担任の多くは、授業をどのように進めていけばよいのか悩んでいる現状もあります。
 本研究は、2校の研究協力校を委嘱し、学識経験者、研究協力校教員、特別支援学校教員、当センター所員で研究プロジェクトチームを構成して進めました。
 まず、小冊子を手にとって、ユニバーサルデザイン授業とはどういうものかを知っていただき、さらに詳しい内容については、上記より詳細版をダウンロードしてお読み下さい。


3ご使用にあたって

本小冊子および詳細版は個人閲覧していただくために公表しています。
本小冊子、詳細版および本ページ記事の無断転載は禁止します。


照会先 京都府総合教育センター 特別支援教育部
     075-612-2953



11:21 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)