京都府総合教育センター ITEC Information Technology Education Center 
研修講座教育コンテンツ研究特別支援教育教育相談センター紹介関連Webサイト

 

2011/07/13

6/24(金)「化石から学ぶ科学的なものの見方・考え方」講座☆実施レポート

Tweet ThisSend to Facebook | by 科学技術教育部
6月24日(金)に、京都大学総合博物館にて、京都大学との連携講座
「化石から学ぶ科学的なものの見方・考え方」講座が実施されました!



絵文字:実験 理科講義Ⅰ・演習Ⅰ「三葉虫を調べよう」絵文字:実験 理科
講師: 京都大学総合博物館 大野照文 館長
三葉虫の化石を様々な観点で観察し、三葉虫がどんな生き物でどんな風に生きていたのかを推理しました。

◇三葉虫にも様々な種類が。その姿を推理してみましょう。
<写真:画像1>

◇次は、三葉虫が天敵から身を守る方法を推理。
丸くなる、もぐる、色を変える・・・いろんな意見が出ました。
<写真:画像2>



絵文字:星講義Ⅱ・演習Ⅱ「宇宙箱舟ワークショップ」絵文字:星
講師: 京都大学総合博物館 塩瀬隆之 准教授
「宇宙箱舟」とは、『宇宙に引っ越すとしたらどんな生き物を連れていく??』という問いかけから始まり、
食物連鎖や、生物の多様性、生命倫理などについて、子どもが様々な考えを出し合うことができる教材です。
グループに分かれ、実際に「宇宙箱舟」を体験しながら、その活用方法を学びました。

◇ずらりとならんだ生き物カード
<写真:生き物カード>

◇アクシデント発生!船内に残った生き物は・・・?
<写真:箱舟>


絵文字:会議講義Ⅲ・演習Ⅲ「授業で活かす科学ニュースの見方」絵文字:会議
講師: 京都大学総合博物館 塩瀬隆之 准教授
日々さまざまなメディアから流れてくる科学ニュース。それらを私たちはどのように受け止め読み解くべきか、
またそれらの内容を教師として子どもたちにどのように伝えていくべきかを、学びました。
11:25 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)