〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER535047

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 

お知らせ

本校の地域とともにある教育実践について発信していきます。
 

美山学 地域連携コーディネーター通信


2021/06/17

西の鯖街道の謎に迫る!

Tweet ThisSend to Facebook | by 美山学
西の鯖街道について、研究者に聞こう!

 先日の美山っ子日記でも紹介されていますが、6年生は、これまで、自分たちなりに調べてきた美山の歴史について意見を出し合い、その中から特に「西の鯖街道」について調べることにしました。本を見たり、家で話を聞いたりする中でもまだまだ分からないことが出てきます。そこで、西の鯖街道について研究されている、小畑正彦さんにお話をうかがいました。


「鯖街道はなぜ美山を通ったのか?」
鯖街道はひとつだけではなくい、若狭、小浜からいくつもの峠を抜ける道を通っていたのですね!

「運ばれていたのは実は鯖だけでは無
かった?」
子どもたちが見ているこの古い釘も実は運ばれていたそうですよ。

 ほかにも「若狭から京都まで何日くらいかかったのか?」
 昔の人は何十キロもの重い荷物を背負って、峠を越え、京都までの道のりを歩いていたそうです。途中でバトンタッチする場合もありますが、普通なら2日間かけて京の都までたどり着いたそうです。

 こうして、たくさんの疑問を解消していただき、ますます西の鯖街道に興味が沸きました。

 今後は、自分たちが調べたこと、小畑さんに教えていただいたことをまとめる作業に入ります。
 どんなまとめができあがるか楽しみです!


 


15:11 | 6年