rikujo.png京都マラソンの補助員として、本校陸上競技部員15名が参加しました。

丸太町橋付近で給水や横断のサポートをしました。低温かつ雨天の厳しい気候でしたが、全国から来られたランナーのためにみんな一生懸命に頑張りました。

 
【  全日本ジュニア(U17)水球競技選手権大会に6年連続出場決定  】

U17近畿予選1位通過集合写真.png 令和2年2月1日(土)・2日(日)にラクタブドームサブプールで開催された第6回全日本ジュニア(U17)水球競技選手権大会近畿ブロック予選会において、U17京都府選抜チームが1位通過を果たしました。本校から7名の選手が選抜されています。これで3月18日(水)~21日(土)の4日間、新潟県・柏崎アクアパークで開催される第6回全日本ジュニア(U17)水球競技選手権大会に出場が決定しました。

 過去の実績は、1回大会準優勝、2回大会優勝、3回・4回大会第3位、5回大会4位と優秀な成績を収めていますので、本大会も上位入賞が期待されます。

<U17水球女子京都府代表チーム>

[選 手]北中 美凪 西村 理子、藤原 綾乃(以上、鴨沂高校2年)

     井上 舞、大西 香那、高田 いづみ、藤澤 早那(以上、鴨沂高校1年)、

     佐田 ひなた、畑 佑紀(以上、鳥羽高校2年)、馬場 陽菜(乙訓高校2年)、

     中尾 碧来(京都女子高校1年)、

     石井 紗葉(西賀茂中学校2年)、木下 暖菜(高野中学校2年)

* 中学生は全て京都踏水会水泳学園所属

[監 督]藤原 秀規(本校教諭、水球女子日本代表コーチ)

[コーチ]竹井 昂司(本校水泳部顧問、U15水球女子京都府代表監督)

     大前 仁美(京都女子中学高等学校水球部顧問、U15水球女子京都府代表コーチ)

<試合結果>

 対 大阪選抜 16-7で勝利  対 兵庫県選抜 24-10で勝利

 対 奈良選抜 22-3で勝利

 
【  U17京都府選抜チームも参加  】

U17ブルボンWPC柏崎との集合写真.JPG 令和2年1月11日(土)~13日(月)の間、本校プールにU17ブルボンウォーターポロクラブ柏崎水球女子チーム(14名)が来校され、合同練習を実施しました。

 本校の水泳部選手7名(2年生3名、1年生4名)はU17京都府選抜チームのメンバーとして選出されており、他府県チームとの合同練習や練習試合を通して、2月1日(土)・2日(日)にラクタブドームサブプールで開催される第6回全日本ジュニア(U17)水球競技選手権大会近畿ブロック予選会へ向けて、良い経験ができました。

<U17水球女子京都府代表チームメンバー>

北中 美凪 西村 理子、藤原 綾乃(以上、鴨沂高校2年)

井上 舞、大西 香那、高田 いづみ、藤澤 早那(以上、鴨沂高校1年)、

佐田 ひなた、畑 佑紀(以上、鳥羽高校2年)、馬場 陽菜(乙訓高校2年)、

中尾 碧来(京都女子高校1年)、

石井 紗葉(西加茂中学校2年)、木下 暖菜(高野中学校2年)

* 中学生は全て京都踏水会水泳学園所属

 
【  水球女子日本代表候補選手10名も参加  】

 令和2年1月4日(土)~7日(火)の間、本校プールに日本体育大学水球女子チーム(総勢24名)が来校され、合同練習を実施しました。選手の中には2020東京オリンピック水球女子日本代表候補選手が10名含まれており、トップアスリートとの合同練習を通して良い経験ができました。

 4日(土)~6日(月)までは、同プールで京都府高体連水泳専門部主催の強化練習会も開催されており、その合間を縫っての練習でしたが、7日(火)の午前練習は、日本体育大学の塩田義法(しおた よしのり)監督(世界水泳水球男子日本代表コーチ)の指導の下、充実した練習ができました。

 
 
 
【  年末5日間・年始3日間、最大58名の生徒が参加  】

年末年始強化練習会①.png 令和元年12月23日(月)~27日(金)・令和2年1月4日(土)~6日(月)に本校プールで開催された京都府高校水球冬季強化練習会(京都府高体連水泳専門部・(一社)京都水泳協会共催)に本校生徒の他京都府内水球競技実施校の府立の鳥羽・乙訓の2高校、私立の大谷高校・京都女子中学高校の計5校から生徒が参加し、無事に終了しました。

 この強化練習会は、昨年度から本校に新たに屋内温水プールが完成したことにより始まりました。主に泳力強化の水中トレーニングを実施し、最高1日2万メートルを泳ぎこみました。

 
 
 
【  今井かりん(2年、高野中出身)全国高等学校少林寺拳法選抜大会出場決定!  】

IMG_2468.JPG  令和元年12月22日(土)~23日(日)、堺市立大浜総合体育館(大阪府堺市)で開催された令和元年度近畿高等学校少林寺拳法大会に2年2組の今井かりん(洛東道院所属) が女子自由単独演武の部に出場(京都府予選2位)、第1日目の予選を通過、第2日目の決勝で9位となり、2年連続全国選抜大会出場を決めました。

 なお、大会は3月21日(土)~23日(月)、善通寺市民体育館(香川県善通寺市)で開催されます。

 
 
 
【  今井かりん(2年、高野中学校出身)近畿高等学校少林寺拳法大会出場決定!  】

府大会少林寺拳法_準優勝191116.png 令和元年11月16日(土)、一燈園中学高等学校体育館で開催された令和元年度京都府高等学校種目別選手権大会少林寺拳法競技に2年2組の今井かりん(洛東道院所属) が女子自由単独演武の部に出場し準優勝の結果でした。これで12月21日(土)・22日(日)に堺市立大浜体育館(大阪府堺市)で開催される第37回近畿高等学校少林寺拳法大会に出場し、2年連続全国選抜大会出場を目指します。

 
【  1・2年生の新チームで出場して日頃の成果を発揮  】

近畿周回水球_集合写真.JPG 令和元年11月9日(土)・10日(日)に大阪府立門真スポーツセンター(ラクタブドーム)サブプールで開催された近畿秋季女子水球大会(年齢区分のないオープン競技大会)に1・2年生の新チームで出場しました。結果、2015年度以来4年ぶりに優勝することができました。

 この新チームは、水球経験者(中学生時に全国大会優勝経験者)は2名(2年1名、1年1名)しかおらず、高校から水球を始めた選手が2年生に2人、1年生に3人の7名に1年生女子マネージャー1名です。今回のチームは1・2年生7名に元日本代表選手(同志社女子高校出身)に交代選手として加わっていただきました。

<本校出場生徒> 北中 美凪(2年、下鴨)、西村 理子(2年、西賀茂)、

         藤原 綾乃(2年主将、松尾)

         井上  舞(1年、花山)、大西 香那(1年、西賀茂)、

         髙田いずみ(1年、旭丘)、藤澤 早那(1年、伏見)

<マネージャー> 松本千菜津(1年、中京)

< 控え選手 > 松田 綾映(元日本代表選手、日本体育大学・同志社女子高校出身)

 (試合結果)   予選リーグ

           対 全 鳥 羽 8-0    対 奈良選抜   9-2

           対 兵庫選抜柏 7-1    対 新 明 会  3-2

          準決勝ラウンド

           対 大阪U17 2-4    対 Reiga和歌山 8-0

           対 踏水会(令) 4-2

          準決勝            決 勝

           対 鳥取水球ク 8-0    対 踏水会(令) 9-5

 
 
 
【  四宮幸太(2年、朱雀中出身)全国高等学校ボクシング選抜大会出場決定!  】

 令和元年11月8日(金)~10日(日)、大阪朝鮮高級学校ボクシング場(大阪府大阪市)で開催された令和元年度近畿高等学校ボクシング新人大会に2年1組の四宮幸太(モリシタボクシングジム所属) がウェルター級に出場、決勝で1ラウンド56秒RSC(レフリーストップコンテスト)勝ち収め、今大会2連覇を達成しました。あわせて技能賞にも輝きました。8月のインターハイで第3位の結果を残していますので、3月22日(日)~26日(木)、津幡町総合体育館(石川県津幡町)で開催される全国選抜大会での初優勝が期待されます。

 
 
 
【  競技スポーツ部の四宮幸太(2年)はインド選手に判定により惜敗  】

アジアジュニア_四宮対インド選手.jpg 令和元年10月8日(火)~18日(金)にアラブ首長国連邦・フジャイラで開催される2019ASBCアジアジュニア選手権(ASBC Asian Junior Boys and Girls Boxing Championships Fujairah 2019)に競技スポーツ部の四宮幸太(2年、朱雀中学出身、モリシタボクシングジム所属)が出場、インドの選手と対戦しましたが、残念ながら予選敗退の結果でした。2024年パリ五輪以降に活躍が期待される15歳、16歳の選手たちの大会ですので、歓迎ディナーや送別会が催されており、選手間の国際交流やボクシングにおけるビジョンを再確認できる貴重な大会となりました。

 本人は、18日(金)に帰国して早々、19日(土)・20日(日)に京都廣学館高等学校ボクシング場で開催される京都府高等学校ボクシング新人大会(ウェルター級)に出場しましたが、対戦相手のエントリーがなく11月8日(金)~10日(日)に大阪朝鮮高級学校ボクシング場で開催される近畿高等学校ボクシング新人大会出場が認定されました。