【  四宮幸太(2年)は決意を新たに、インターハイに挑みます。  】

R1インターハイ府選手団結団式.png 令和元年7月11日(木)、京都テルサ「テルサホール」で開催された令和元年度全国高等学校総合体育大会、全国高等学校定時制通信制体育大会並びにその他の高等学校全国大会京都府選手団結団式にインターハイ・ボクシング競技(ウェルター級)に京都府代表として出場する四宮幸太(モリシタボクシングジム所属) が出席しました。京都府選手団全907名が結成され、出席した選手及び監督・顧問は決意を新たにしたところです。7月28日(土)から宮崎市総合体育館で開催される大会での上位入賞に期待がかかります。

 
【  第73回近畿高等学校選手権水泳競技大会 出場決定!  】

府高校_優勝(カップと賞状)190623.png令和元年6月22日(土)・23日(日)の両日、京都府立鳥羽高等学校プールで開催された第87回京都府高等学校選手権水泳競技大会水球競技において、2年連続13回目の優勝を果たしました。これで7月22日(月)・23日(火)の両日、兵庫県・尼崎スポーツの森で開催される第73回近畿高等学校選手権水泳競技大会に出場が決定しました。

既に8月22日(木)~26日(月)京都アクアリーナで開催される第42回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会の出場を決めており、全国大会出場一か月前の大会なので、弾みを付ける大会として位置づけ、近畿大会に臨みます。

<出 場 選 手>  山﨑 菜生(3年)、

<マネージャー> 北中 美凪、西村 理子、藤原 綾乃(以上2年)、

<マネージャー> 井上 舞、大西 香那、高田 いづみ、藤澤 早那(以上1年)

<マネージャー> 山本 奈緒子(3年) *負傷中のためベンチ入りのみ

<マネージャー> 松本 千菜津(1年)

 (リーグ戦結果)  対 鳥羽高校     8-0

           対 京都女子高校  13-5

 
【  四宮幸太(2年)、7月末のインターハイ出場へ弾み  】

R1近畿ボクシング①立て看板.jpgR1近畿ボクシング②本人と準優勝賞状.jpg令和元年6月14日(金)~16日(日)、京都廣学館高等学校第2体育館(ボクシング道場)で開催された令和元年度第42回近畿高等学校ボクシング選手権大会に2年1組の四宮幸太(モリシタボクシングジム所属) がウェルター級に出場、組合せの結果これまでの実績によりシードされ、16日(日)の決勝戦に臨みました。結果、兵庫県代表の選手に29対28で僅差の判定で惜敗しました。既に2年連続でインターハイ出場を決めていますが、試合の内容は良かったので、今回の大会を好材料に7月28日(土)から宮崎市総合体育館で開催されるインターハイでの上位入賞に挑みます。

 
【  岩松花紡(1年)、6月1日・2日開催の京都府予選を突破し初出場  】

R1近畿体操②立て看板と本人.png令和元年6月15日(土)・16日(日)、ウインク体育館(姫路市中央体育館)で開催された令和元年度第73回近畿高等学校体操競技選手権大会に1年6組の岩松花紡(京都ジャンピング体操クラブ所属) が個人総合に出場、平均台、ゆか、跳馬、段違い平行棒とも大きなミスはなく納得のできる演技ができました。総合得点の結果は、104人出場中、48位にランクされ、中でも平均台は30位と健闘しました。

 
【  本校から演劇部5名参加、声優1名、キャスト4名選考される!  】

file.jpeg令和元年5月26日(日)13時から17時の日程で、第39回近畿総合文化祭総合開会式に出演する声優1名とキャスト10名のオーディションが本校コモンホールと講堂の両会場で開催されました。審査員には総合開会式の総合プロデュースを依頼している京都造形芸術大学(芸術学部舞台芸術学科)の平井愛子教授と、演出・脚本を担当されるごまのはえ氏(脚本・演出家)をお迎えして緊張した中にもワークショップや実技講習もありました。参加校・人数は下記のとおりですが、各校演劇部や放送部だけでなく、声優を志している生徒ら有志が参加し、白熱した中オーディションが行われ、本校から参加した演劇部5名は普段の活動の成果を発揮し、全員が合格しました。声優・キャストに選ばれた生徒は今後練習会を重ね、前日のリハーサルを経て11月16日(土)ロームシアター京都(メインホール)で開催される本番を迎えます。

<参加校・人数>

京都府立鴨沂高等学校:5名   京都光華高等学校:1名

京都府立洛水高等学校:1名   洛陽総合高等学校:2名

京都府立菟道高等学校:2名   立命館宇治高等学校:1名

京都市立西京高等学校:2名   京都廣学館高等学校:1名

京都市立塔南高等学校:1名   龍谷大学付属平安高等学校:2名

京都つくば開成高等学校:4名  京都産業大学附属高等学校:3名



 
 
 

5月30日(木)放課後、京都文化クラブ生徒が、二葉葵を九条家ゆかりの御門横の校庭に地植えしました。鴨沂高校は「NPO葵プロジェクト」(二葉葵を里親として育てる取組)に平成26年度より参加しています。京都の三大祭りの一つ「葵祭」で欠かせない二葉葵を育てることを通して、京都の文化について学び発信する機会としていきます。来年の5月には元気な二葉葵を上賀茂神社内の森へ里帰りできるよう、京都文化クラブのメンバーで大切に見守り育てていきます。

 
 
 
【  全国ジュニアオリンピックカップ水球競技E区分(18歳以下)出場決定  】

 府高校総体_優勝.png令和元年5月19日(日)、京都府立鳥羽高等学校プールで開催された第72回京都府高等学校総合体育大会水泳競技大会水球競技女子の部において、2年連続7回目の優勝を果たしました。

 例年、年度当初の公式戦として開催されていますが、今年度の女子については、第42回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会の大会開催地代表チームを決定する予選会として位置づけられており、8月22日(木)~26日(月)京都アクアリーナで開催される当競技大会に出場が決定しました。これからのシーズン、十分な準備をして全国大会に臨みます。

<出 場 選 手>  山﨑 菜生、山本 奈緒子(以上3年)、

         北中 美凪、西村 理子、藤原 綾乃(以上2年)、

         井上 舞、大西 香那、高田 いづみ、藤澤 早那(以上1年)

<マネージャー> 松本 千菜津(1年)

(リーグ戦結果)  対 鳥羽・乙訓高校合同 11-0

          対 京都女子高等学校  10-2

 
【  四宮幸太(2年)、「感動は無限大 南部九州総体2019」(インターハイ)出場決定!  】

令和元年5月11日(土)、京都府廣学館高等学校第2体育館(ボクシング道場)で開催された平成31年度京都府総合体育大会(兼 第33回京都府高等学校ボクシング選手権大会)に2年1組の四宮幸太(モリシタボクシングジム所属)がウェルター級に出場、京都府代表として2年連続インターハイ出場を決めました。昨年度8月の「2018彩る 感動 東海総体」では初戦敗退でしたが、3月の全国選抜大会ではベスト8に進出しましたので、昨年のインターハイの雪辱を果たすことが期待されます。

 
 
 
【  水泳部女子6名、CNCウォーターポロクラブびわこのメンバーとして出場  】

令和元年5月3日(金)・4日(土)の両日、大阪府立門真スポーツセンター(東和薬品ラクタブドーム)プールで開催された第30回関西女子水球リーグ戦において、びわこ成蹊スポーツ大学主体のCNCウォーターポロクラブびわこに本校から6名が加わり、優勝を果たしました。予選・準決勝ラウンド、準決勝ラウンドを順調に勝ち上がりましたが、決勝戦は予選リーグ4対3の僅差で勝利した千葉水球クラブと再度対戦し、サドンデスのペナルティーシュート戦の末、15対14で辛くも勝つことができました。このCNCチームで昨年度は最終予選敗退でしたが、10月4日(金)~6日(日)に2020東京オリンピック水球会場の東京辰巳国際水泳場で開催される日本選手権出場を目指します。

なお、最優秀選手(MVP)に藤原綾乃(2年)が選出されました。

<出場生徒>  山﨑 菜生、山本 奈緒子(以上3年)、

北中 美凪、西村 理子、藤原 綾乃(以上2年)、

井上 舞(1年)

<監  督>  川合 英之(びわこ成蹊スポーツ大学教授、本校第29期生)

<コ ー チ>  竹井 昂司(水泳部顧問)

<帯同審判>  高山 康彦(水泳部顧問、本校第35期生)

a (結果) 予選ラウンド  対 千葉水球クラブ    4-3

              対 大阪府立茨木高校   4-1

              対 兵庫県立尼崎北高校 10-2

     準決勝ラウンド  対 京都女子高校     5-1

              対 帝塚山学院高校    9-0

              対 Reiga和歌山    10-0

         準決勝  対 春野水球クラブ   a 3-0

         決 勝  対 千葉水球クラブ   15-14(PSO6対5)

 
 
 
【  バルセロナのCEM(メディテラニ)水球女子チームと親善試合  】

平成31年4月21日(日)に本校プールでスペイン・バルセロナから来日しているClub Esportiu MEDITERRANI(地中海スポーツクラブ)の水球女子チームと親善試合等の交流をしました。水泳部顧問の藤原教諭と親交のある岐阜県立大垣東高等学校の白濱教諭の尽力により実現しました。水泳部は現在10名で活動していますが、5月3日(金)・4日(月)にラクタブドーム(大阪府立門真スポーツセンター)で開催される関西女子水球リーグ戦はびわこ成蹊スポーツ大学と組んで「CNCウォーターポロクラブびわこ」で出場しますので、今日の親善試合もCNCとして参加しました。スペインの同年代の選手と試合をしたり、記念写真を撮ったりすることができ、貴重な経験を積むことができました。スペインチームは午後から金閣寺、清水寺と観光された後、岐阜県大垣市のホームステイ先に戻られました。