〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER341438

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 
図書室から本のこと、読み聞かせのこと、言葉にかかわる話題などお伝えします!!
 

日誌

図書室からのお知らせ >> 記事詳細

2019/12/16

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N

1年生
「ヒメちゃん」
作)荒井 良二     小学館

宝物を探して旅する〈ヒメちゃん〉。でも、歩いているうちに宝物が何だったか忘れてしまいました。
果たして無事に宝物を見つけることができるのでしょうか?
 「ヒメちゃん絵日記」も入った、楽しい自分探し絵本です。

 

けっこう長いお話しでした。
たからものを探して旅をするヒメちゃんが、最後に宝物は友達だと気づきます。
よくあるお話しですが、ヒメちゃんのことを大好きなオージーがいい子なのと、ヒメちゃんの絵日記がいいですね。
ヒメちゃんの描く絵日記は 本当に7歳くらいの女の子が書いたかのような書き方で 親近感があります。
オージ君も何度もふられちゃうけれど、ヒメちゃんのことが大好きなのが伝わってきて応援して挙げたくなります。
なかなか見つからないけれど最後に見つかり、ハッピーエンド!

2年生
「ちょろりんのすてきなセーター」
作)降矢 なな    福音館書店

寒がりやのちょろりんは、ある日町で春のはらっぱ色のセーターを見つけます。お金をためて店にかけつけると、それはとかげ用ではなく……。
心まで暖かくなるとかげのちょろりんの物語。

  

電子黒板に映して 生演奏の音楽付きでした。
ウインドウ越しにみた、春の色のセーター。
そのセーターが、心から欲しくて、一生懸命におじいちゃんのお手伝いをしたちょろりん。かわいいですね。
とかげやへびが、冬の支度に行き交う小さな街の風景が楽しいので、 大きく映せて みんなにじっくり見てもらえて良かったと思います。

3年生
「モグラのねがいごと」
作)ブリッタ・テッケントラップ     BL出版

モグラは、毎晩ひとりで星をながめていました。あの星たちがぼくのものになったらいいのにな。
すると目の前にはしごが降りてきて…。
モグラは大喜びで星を自分の家に持ち帰るのですが、そのことで森の動物たちが困っていることを知ります。
モグラが手に入れられたものはなんでしょう。

 

最近 この作家さんが気に入っています。
(今年の読書感想文の課題図書『かべのむこうになにがある?』のドイツの絵本作家です。)
「もし、こうなったら」の世界。それはとてもきらびやかで恍惚とした光景で。
だけどそこでは終わりません。
その先にある、もっと大事なことに気がつかせてくれるのです。
最初に「モグラの願いって どんな願いだと思う?」と尋ねてみると
「目が見えるようになりたい」って・・・うーん、確かにね(笑)

4年生
「金のさかな」
作)アレキサンドル・プーシキン    偕成社

おじいさんが助けた金の魚。強欲なおばあさんが頼むお礼は次々にエスカレートして…。愉快で示唆に富んだロシア民話の名作。

 

このタイトルを聞いて「道徳のお話や」という子がいました。
教材であるのでしょうか?
人間とは、何と欲深いものか・・・
確かに道徳的なお話ですが、海の描写など物語として読み応えがあり、堅苦しくは感じませんでした。
絵も いかにも外国らしく見応えもあり みんな静かに聞き入ってくれていました。

5年
「ぼくは、ブルーノ」
作)デイビッド・カリ    ワールドライブラリー

人間に憧れ、人間になりたいと思っていたサルのブルーノ。
夢は叶い、人間の世界で生活をするようになったけれど、どうしたって 人間にはなれません。
サルの両親のいる家へ戻ったけれど、そこには居場所はなく、再び人間の世界へ戻ります。
サルではなく、人間にもなれず、孤独と悲しみの果てに 同じサル、グレタと出会います。
「自分が何なのか、ひとことで言うと?」
「ぼくは、ブルーノ。それでいいだろ?」

 

とても 深いメッセージを含んだお話です。
5年生にどうかなぁ・・・と 思ったのですが 普段は落ち着かないこともある男の子も じーっとお話を聞いてくれていました。
きれいで不思議な 独特の絵も このお話の世界観にぴったりです。

6年生
「ぼくはレモネードやさん」
作)えいしま しろう

才の頃小児ガンになり 闘病生活を送っていたしろうくん。
自分自身の体験と患児の友人や保護者へのインタビューを元に、小学六年生(2019年7月現在)の四郎くんが絵も文も書き上げました。

 

自分自身の体験を絵本にしたのが ちょうど同じ6年生、ということで なにか感じることがあるといいな、と思って読みました。

ちょうど先日 オーサービジットで絵本作家のはせがわさとみさんと 絵本作りの入り口になるようなワークショップもあったので タイムリーだったかなと思います。

しろうくんが実際に体験し, 感じたこと, 伝えたいと思うことをていねいに描いているので, どんなうまい絵よりも伝わってくるものが大きいです。
「伝えたい」という気持が大切なんだなぁ、と思いました。


14:21 | 読み聞かせ