〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER382031

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 
図書室から本のこと、読み聞かせのこと、言葉にかかわる話題などお伝えします!!
 

日誌

図書室からのお知らせ >> 記事詳細

2019/10/28

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N
1年生
「どんなにきみがすきだあててごらん」
作)サム・マクブラットニィ       評論社

チビウサギはうでをい~っぱいひろげ デカウサギにいった。
「きみのこと こんくらい すきだよ」
するとデカウサギは・・・・!?

 

「きみがどんなにすきか」を競い合う、心温まるおはなしです。
「すき」と表現する大切さをあらためて実感できます。

2年生
「ききみみずきん」
作)いもと ようこ    金の星社

ききみみずきんをかぶってみると、からすのこえが・・・。

 

何度聞いてもおもしろいのが 昔話ですよね。
みんなじっくり聴いてくれていたようでした。

3年生
「くわずにょうぼう」
再話)稲田 和子     福音館書店

 

よく働いて、飯をくわない女房がほしい――そんな欲ばり男の所へ本当に飯をくわない嫁がきましたが……。
力強い語り口と見事に構成された画面が、読者を昔話の世界にひきこみます。

4年生
「たべものやさん しりとりたいかいかいさいします」
作)シゲタ サヤカ    白泉社

商店街で「しりとり大会」開催!おすしやさんにパンやさん、ラーメンやさんチーム…優勝はどのお店!?  笑い&涙ありで、心も満腹に!

 

絵本を読む前に しりとり大会開催しました!
順番に しりとりしてもらったんですけど ちゃんと「る」とか「わ」とか 難しいので終わる言葉をつないで しかも「マスカラ」なんのも出てきました(笑)

5年生
「くだものだーれ」
作)よねず ゆうすけ     講談社

 


「おほしさまのちいさなおうち」
作)渡辺 鉄太     瑞雲社

「お星さまは、夜空にいるだけじゃないのよ。
とびらも窓もない、小さな赤いお家に住んでいるのよ」
そうお母さんに教えてもらった男の子が、おほしさまのちいさなおうちを探しに冒険にでかけました。
アメリカやオーストラリアなどで、りんごの季節になると子ども達に語られてきた、楽しいお話が絵本になりました

 

普段リンゴは縦に切ることが多いですが、こんな風に切るとくっきりとお星さまが現れますね。



ちょうどりんごがあったので 実際に横に切った りんごの星をみてもらいました。

6年生
「とんでもない」
作)鈴木 のりたけ     アリス館

読んだことのない子がおおかったようで、いきなり「おもしろそう!」「どんな本!?」と 興味津々の六年生です。

「ぼくはどこにでもいるふつうの子」という男の子のつぶやきから、お話は始まります。
よろいのようなりっぱな皮があって、サイはかっこいいなぁというと「とんでもない」とサイが答えて…ウサギやキリンなど、次々に悩みをうちあけていきます。
みんなそれぞれに悩みがあること、を迫力とユーモアで描きます。

 

最後は 男の子が夜に「もう いいかげんにねなさい。
でんきけすわよ」とお母さんにおこられて眠りにつく場面で終わります。
・・・と いうことで 続いて

「ねるじかん」
作)鈴木 のりたけ    アリス館

なかなか寝ようとしない男の子。
すると、ドアが曲がって見えたり、窓の外に何かが飛んでいたり、迷子の恐竜がいたり…と不思議なことが次々に起こります。
子供たちだけに見える夜の世界を、迫力の絵で想像力豊かに描きます。



奇想天外な展開に 「お~っ!!」っとか「すげー」とか 良すぎる反応に こっちが驚くほどでした。でも 読んでいてとっても楽しかった。

この絵本にはちょっとしたしかけがいっぱいあって、絵本の中の絵をじっくりみてほしい絵本です。(鈴木さんの描いた別の絵本がさりげなくでてきる、とか 枕元のおもちゃが夢の中に登場するとか)
09:17 | 読み聞かせ