〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER257970

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 
図書室から本のこと、読み聞かせのこと、言葉にかかわる話題などお伝えします!!
 

日誌

図書室からのお知らせ >> 記事詳細

2017/11/27

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N
1年生
「だってだってのおばあさん」
作)佐野 洋子   フレーベル館



猫が魚釣りに誘っても、
「だって私は98歳だもの」と断るおばあちゃん。
ケーキを作るのが上手な理由も、「だって私は98歳だもの」というおばあちゃん。
ところが猫がお誕生日ケーキのろうそくを落としてしまい
5本のろうそくでお誕生日のお祝いをしたおばあちゃん。
その次の日から五歳のおばあちゃんになります。
川をびょんと飛び越えたり、魚釣りをしたり!「だって私は5歳だもの」といって、
猫と一緒にいろんなことにチャレンジするおばあちゃんの姿は とても心あたたまります。



今日読む本を紹介すると、一斉に「知ってるー!」「教室にあるー!!」と いう声が上がりましたが「読んだことある?」と聞くと 手があがったのは数人でした。
面白い場面では笑い声、和やかな合いの手も入り とっても楽しく読めました。

「花咲かじいさん」

もちろん みんなよく知っている昔話ですが 昔話は何度聞いてもいいもんだよ、と いい読みました。じーっと静かに耳を傾けてくれました。

2年生
紙芝居「ふしぎなはこ」
作)関 七美  教育画劇



「ひこいちどん、たすけておくれ!!」しまりすのちょろきちが、かけこんできた。
木の実のくらのあまぐりがぬすまれたという。
これは大へん。木の実のくらの主人は、おこりんぼうのくま。
なんとか早く見つけなくては。




木の実を盗んだ犯人を 彦一さんがとんちで見つける話、なんだか 名探偵みたいです。ですから ちょっと ドキドキ。どうなるのか、と みんな真剣に聞いてくれていたようです。

3年生
「アントンせんせい おでかけです」
作)西村 敏雄    講談社



アントンせんせいは、いつも忙しく動物たちの為に働いています。やぎさんから、お手紙がきたので心配して愛車の自転車でお出かけしたのですが、途中で、「先生 ちょっと 診てもらえませんか?」と、足を挫いたカメ、舌にトゲが刺さったカメレオン、お尻を擦りむいたさるを治療して、すっかり夕方の空が薄暗くなってきて・・・・



隠し絵みたいに 動物たちが隠れているページでは みんな探し出すのに夢中(笑)



ほのぼのと楽しいお話が よかったのか、「もっと読んでー」の声。

お次は
「みんなおおきくなった」
作)中川 ひろたか    世界文化社



誰でもみんな赤ちゃんだった。最初は、なんにも出来なかったのに今ではこんなことも! あんなことも! 

生まれてくること、成長することの素晴らしさを伝える絵本です。



おっぱいのページを開くと「おっぱいやぁ〜」と みんな嬉しそう。
「ぼくもこうやった」とか みんなちっちゃな頃を思い出していたのかも。
読んでいて なんだかとっても幸せな気分になりました。


4年生
「ありがとうのおはなし」の中から
「あるなつのあつい日 バクは・・・」
作)斎藤 洋    講談社



バクがコアラの夢に入って 夢を食べる・・・?

バクが夢を食べる、とは聞いたことあるかな、と思っていましたが、悪い夢を食べるんですね。じゃ いい夢食べたらどうなるの? 具合悪くなるんちゃう?  そう、その通り!!   みんな よく知っていました。
楽しいお話で みんなとっても喜んでくれました。



でも コアラとバクが出会うことなんて 実際はありませんよね。

コアラはオーストラリア。では バクはどこに住んでいるのでしょう。
「知ってる?」と尋ねても それは 誰も知らなかったので「アフリカとかかなぁ?」なんて 答えてしまったところに 担任の先生が教室に来てくださいました。
すぐさま パソコンで調べてくれて みんな「うわぁ、お助けマンや」と盛り上がりました。
バクは アメリカ大陸と東南アジアの一部に住んでいるのだそうです。
勉強になりました。

5年生
「桃太郎が語る桃太郎」
作)クゲ ユウジ    高陵社出版





各学年を回って読んだ 一人称童話の「桃太郎」

最後は5年生。電子黒板に映る大きな絵と ページをめくる時のトランジションの変化、お話を盛り上げてくれる音楽の演奏の効果で 楽しんでくれたようです。

6年生
「ぞろりぞろりとやさいがね」
作)ひろかわ さえこ   偕成社



台所のすみで、すっかり古くなったやさいたち、月夜の晩ぞろりぞろりと家を出ていきます。さて、どこにいくのでしょう?

やさいたちは、自分たちをわすれて、すっかりだめにした人間たちを恨んで、怒りの集会を行っていたのです。
すると、そこへみみずのおしょうと、だんごむしのこぞうさんがやってきて・・・
やさいを大事にしたくなる(!?)絵本です。



6年生に読むには 易しすぎるかなぁ、とも思ったのですが、絵も面白いし リラックスして単純に喜んでもらえたら、と思い読みました。
思いの外、じーっとお話を聞き にこにこしていたので 読んでいても ホッと嬉しかったです。



















14:26 | 読み聞かせ