〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER215580

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 
図書室から本のこと、読み聞かせのこと、言葉にかかわる話題などお伝えします!!
 

日誌

図書室からのお知らせ >> 記事詳細

2017/10/30

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N

1年生
「ちきゅうがウンチだらけにならないわけ」
作)松岡 たつひで   福音館書店



ウンチの役割について詳しくおしえてくれます。
様々な生き物がきれいなリアルなイラストで描かれていて動物図鑑のような雰囲気もあります。



いろんな動物から様々なウンチがでていること。
そしてそのうんちを食べる生き物がいること。
うんちの中にかくれんぼうする生きものがいることや うんちが種を運んで新たな命をつないでいるということなどウンチの働きを教えてくれます。



1年生は「ウンチ」という言葉だけで 最初から大盛り上がりでしたが 内容が結構専門的な部分もあるし 絵も細かいので ちょっと難しかったかなぁ・・・。
絵が細かいので電子黒板に映してみたのですが それでも たくさんの生き物がでてくるので 全体に読み聞かせるには3年生ぐらいかな、と思いました。

2年生
「さるかにがっせん」
「一休さん」




昔話なので 聞きやすく 楽しんでくれたと思いますが、二つ目のお話を こどもたちにじゃんけんで決めてもらったことが ちょっとトラブルになってしまい それは反省点。

3年生
「桃太郎が語る 桃太郎」
作)クゲ ユウジ    高陵社出版



「みんながよく知っている桃太郎は ナレーションのように語っているけど このお話は桃太郎の立場で桃太郎がしゃべっています。電子黒板の絵も桃太郎にカメラがついていると思ってね」と 最初に話して読みました。





「うまれてないのに しゃべってる」とか いろんな感想を口にしながらも 音楽と電子黒板の絵にも集中して聞いてくれました。

4年生
「大仏くらべ」
作)大江 隆子   大仏奉賛会



鎌倉の男が奈良にも大仏があると聞き、東大寺にお参りにやって来ます。
奈良の男が東大寺を案内し、互いに地元の大仏が日本一だと張り合いますが、最後には仲良くなって「大仏ぶつぶつ大仏くらべ」と歌います。
誰かと比べてばかりではなく、それぞれの良さを認め合うことの大切さを伝える物語。





創作狂言をモチーフにしていて 独特の言い回しやリズムがおもしろいのですが それだけ読むのも難しかった・・・。



知らない言葉や意味がわからず 興味が途切れてしまう子もいたようですが 内容は面白いので わかる部分はちゃんと聞いてくれていました。

5年生
「むしたちのうんどうかい」
作)得田 之久    童心社



それぞれの虫の特徴が、ユニークなタッチでありながら、正確に描かれています。
虫たちが運動会の競技に参加すると、こんな風になるんだ、と想像すると、とても面白いです。



いろんな昆虫が登場するので 5年生ということもあり 絵本の可愛い内容だけでは終わっては勿体無いと思い 絵本を読んだ後 昆虫図鑑で でてきた虫についていくつか一緒に勉強しました。
昆虫に詳しい子もいて 自分ももっと調べておくべきだったと、ちょっと反省。
オオムラサキは 花の蜜ではなく樹液を好んで吸うことに みんなも「へぇ~」と 驚いていました。


6年生
「ながぐつをはいたねこ」紙芝居
作)安田 浩   教育画劇



おとうさんが死んで 一番末の息子がもらった財産は、たったの猫一匹。でも・・・。



知っているようでちゃんと知らない昔話、かもしれませんね。
6年生ぐらいでも あらためてこういうお話を読んでもらうのは いろいろ腑に落ちるところがあって よいかもしれません。みんなとっても静かに聞いてくれました。

読み聞かせではありませんが 先日来続いて台風がきていたので 5、60年ほど前の台風で今の美山小学校や鶴ヶ岡小学校の場所が水にすっかりつかってしまった話をしました。みんなびっくりしていました。
09:41 | 読み聞かせ