〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER273723

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 
図書室から本のこと、読み聞かせのこと、言葉にかかわる話題などお伝えします!!
 

日誌

図書室からのお知らせ >> 記事詳細

2018/02/26

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N
1年生
「はじめてのおつかい」
作)筒井 頼子     福音館書店

5歳のみいちゃんは、ある日ままからおつかいを頼まれます。
いままで一人で出かけたことが一度もなかったみいちゃんは驚いて飛び上がりますが、「うん!」と引き受けます。
百円玉を2つ握りしめて、坂のてっぺんにあるお店まで向かいます。
道中どきどきのみいちゃんは坂で転んでしまい、手足がじんじん、百円玉がころころ...



誰もが体験する「はじめてのおつかい」
1年生のみんなに 「おつかい いける?」って尋ねたら みんな自信満々で「いける! いける!!」
ほんとかなぁ(笑)

林明子さんのとっても素敵な絵の中には ちょっとした 遊びがかくされています。
絵の中の掲示板の張り紙 読んでみてください。
ほかにもいろいろあるよ、と紹介すると 「見せて、見せて」と盛り上がってしまいました。

2年生
「キタキツネのあかちゃん」
文)結城 モイラ      ポプラ社

北海道の原野に生まれたキタキツネ。冒険をくりかえし、たくましく成長していきます。
写真絵本。



キツネ、みんな家の近くで見たことあるって。 美山ならでは、ですねぇ。
キツネについても よく知っていて 口々にキツネのことをおしえてくれました。
とってもかわいいキタキツネのこどもたちの写真。
躍動感のある瞬間を捕らえたページでは「わぁ~」っと声が上がっていました。

3年生
「どろんここぶた」
作)アーノルド・ローベル     文化出版局

お百姓さん夫婦がこぶたを飼っていました。
このこぶたが何よりも好きだったこと――それは、柔らかいどろんこの中にすわったまま沈んでいくことでした。
 ある朝、お百姓さんのおばさんは家中を大そうじ。
家の中だけでは気がすまず、うし小屋、うま小屋、とり小屋とたて続けにきれいにした後、ぶた小屋を見て、「おーや、ここが いちばん きたないね」と、ぶた小屋も大そうじ。
小屋の前にあった泥を掃除機で吸い取って、ついでにこぶたをお風呂に入れました。
これでおばさんは大満足。でも当のこぶたは、大好きなどろんこがなくなってしまい不満爆発。
「こんなうち、ぴかぴかすぎてつまらないや」と、うちを逃げ出して、どろんこ探しの旅に出ます……。



最初はざわついていましたが お話がすすむにつれて シーンとなって・・・。
それから だんだん 次は こうなる、あーなると お話の展開を予測して口々に言っていました。

「ひしもちのもちつき」
雛飾りに添えられている菱餅の色、白・緑・ピンク の三色の意味が 優しく楽しいお話になっています。

4年生
「ミッキーの魔法使いの弟子」

ぜひ、魔法を教えてもらおうと、魔法つかいに弟子入りしたミッキー。ところが毎日、まきわりや水くみばかりで、ちっとも魔法を教えてもらえません。「あーあ、あの魔法の帽子さえあれば、ぼくにも魔法が使えるのに…」



ディズニーは こどもたち大好きですね。
このお話も よく知っているようでした。
ストーリーにあわせてありわかりやすい絵なので マンガやアニメを見る感覚なのかな、と思いました。

「いっすんぼうし」
作)いしい ももこ


こどもたちは知らないだろうけど 美山に住んでいた 秋野不矩さんの絵だと 説明しました。
意外と長いお話で 時間がなかったので ぱらぱらとめくりながらあらすじを話しました。
ちょっと 興味を持ってくれたのか 絵をじっくり見たがっていました。

5年生
「まゆとりゅう」 
作)富安 洋子    福音館書店

山姥母さんと、まゆが、龍の背に乗って、春一番の雨を降らせます。激しい雨で、雪が溶け、雪解け水が川になる……。
ダイナミックな季節の変わり目に、山姥母さんとまゆが大活躍します。



本を紹介したとたん「読んでもらったことある」と 言われ「えーっ!」と 困ったのですが とっても優しい5年生です。「大丈夫、読んでください」と。
とても 静かに聞いてくれました。(ほっと安心)

6年生
「だいぶつさまのうんどうかい」
作)苅田 澄子     アリス館

今日は、仏さまたちの運動会。
玉入れ、まんじゅう食い競争、組体操……いろいろな競技をがんばります。
初めて参加の大仏様は、大きなからだで、失敗ばかり。
でも仏様たちがケンカをはじめて、大仏様大活躍!



いろいろな仏様が登場します。絵もおもしろいのですが 実物を頭において読むとさらに可笑しいだろうな、と思ったので 最初に主な登場仏様の写真を 電子黒板にうつして紹介しました。
もちろん大仏様は 修学旅行を経験した6年生なので みんな「当然知ってる」の表情。
阿弥陀如来や弥勒菩薩は ちょっと「はてな」
千手観音・お不動さん・仁王様あたりは「あ、知ってるかな・・・」と 小声で名前を言ってみる子が2、3人。
そして阿修羅は 写真を見せたとたん「阿修羅!」と数人の声があがりました。(おお、びっくり)

6年生は人数も多く なかなか絵本の周りに集まってもらえないので 絵本も電子黒板に映しました。
やはり絵を見て、お話を聞いてこその絵本です。
楽しそうに笑ってくれて よかった。
09:15 | 読み聞かせ