Loading…

京都府立京都八幡高等学校

北キャンパス

〒614-8363 京都府八幡市男山吉井7

Tel:075-981-3508 Fax:075-981-3509

南キャンパス

〒614-8236 京都府八幡市内里柿谷16-1

Tel:075-982-5666 Fax:075-982-5673

教育内容

1月31日(月)・2月9日(水)生活科学コース2年生、2月10日(木)フードデザイン2年生が、辻調理師専門学校・西洋料理教授の榊 正明先生をお招きして、感染症対策を徹底した上で西洋料理づくりの実習に取り組みました。

実習では、カルボナーラとガトーショコラを作りました。また、生クリームの食べ比べやいちごの品種についても学びました。

生徒たちは西洋の食文化や生活習慣について学び、異なる国の生活文化への興味関心を高めることができました。


 

 令和3年度も芸術科書道では、1年から3年生までの書道選択した生徒が授業の中で作成した作品の中から、第37回高円宮杯日本武道館書写書道大展覧会(公益財団法人 日本武道館主催 後援 文部科学省ほか)と第41回書初め展(八幡市文化協会・松花堂美術館主催 後援 八幡市・八幡市教育委員会・京都新聞)に出品しました。

 第37回高円宮杯日本武道館書写書道大展覧会には、3年生の作品9点を出品し、大会奨励賞3名、特選2名、金賞2名、銀賞1名、銅賞1名と9名全員受賞しました。

 第41回書初め展では、京都八幡高等学校は団体賞をいただきました。個人賞では、金賞2名、銀賞2名、銅賞4名が受賞いたしました。書道選択の生徒たちが毎回一生懸命取り組んでいる成果の一端が表れていると思います。3年生は卒業しますが、2年生、1年生はまた新年度に向けてさらに積極的に書道の作品制作に取り組んでいます。1月31日まで松花堂美術館に展示されています。是非御覧ください。

 

10月19日(火)から11月8日(月)にかけて、生活科学コースの授業で茶道体験を実施しました。

裏千家師範の先生方にお越しいただき、茶道の心構えや作法全般について学習しました。

体験では、茶室においてもてなす側ともてなされる側を体験し、それぞれの作法を学びました。

日本の伝統文化である茶道を体験し、茶の湯の精神にふれることで相手を思いやる心、おもてなしの心を身につけることができました。

 

10月12日(火)・22日(金)に、3年生生活科学コースの「生活文化」の授業の一環として、京都光華女子大学短期大学部の青木正明先生をお招きし、伝統的な染色技法である藍染めについて講義・体験を実施しました。

小豆を用いて均等な大きさの模様を作ったり、割りばしに巻き付けたりと、創意・工夫を凝らしたデザインを考え、良い藍染めを仕上げることができました。


 

11月12日(金)・19日(金)の2日間、3年生健康科学コースの授業において、車いすバスケットボールのクラブチーム「京都アップス」所属の山本英嗣選手と東武志選手を講師にお迎えし、実技指導をしていただきました。車いすバスケットボールは、昨年度開催された東京パラリンピックにおいて、日本代表が銀メダル獲得というパラスポーツにおいても人気が高く注目されている競技でもあります。

実技指導ではまず、競技用車いすの扱い方として、スタート・ダッシュ・ストップ・切り返しなどの操作の仕方から、バスケットボールを使っての技術、ドリブル・パス・シュート・リバウンドなど直接指導を受けることができました。最後はゲームができるまでに技術が向上し、「車いすバスケットボール」の技術はもとより、ルールや歴史も深く学ぶことができました。

 

9月28日(火)に、工芸科学コース3年生の生徒対象に、八幡支援学校との交流授業の事前学習として、視覚障害体験を実施しました。二人一組で、一人がアイマスクをし、もう一人が誘導をして校内を歩いてみました。見えないということがどんな状態かを体験し、どんな風に誘導してみたらいいのか試行錯誤しながら案内をしました。

八幡支援学校との交流授業は、今年度も新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、間接交流となりました。ステンシルの型を制作し、コルクのコースターに好きな色でステンシルして自分のコースターを作って楽しんでもらえるように準備しました。支援学校では中学1年生の皆さんが工芸科学コース3年生の分も含めて作ってプレゼントしてくださるそうなので楽しみです。

 

本校の夏休みの宿題である「ひと夏の思い出」を図書室に期間限定で掲示しています。

この「ひと夏の思い出」は2年前から始めた本校独自の取組で、夏休み体験したことを自由に記載する課題です。家族友人との外出や、読書、映画鑑賞等、多種多様な作品がありました。今回はそのなかでも特に目をひくものを掲示し、放課後多くの生徒が作品を見に来ていました。

 

2月20日(木)、コース発表会を行いました。1、2年生が一堂に会し、各コースの代表者が1年間どのような活動をしてきたのかを、スライドを用いたり、クイズやデモンストレーション、製作した物を実際に見せたり、各コースそれぞれ工夫を凝らして発表しました。

自然科学コース...「宇宙医学」宇宙に行くと人の身体はどうなるか、「生物のコミュニケーション」カイコガの解剖

人文科学コース...「日本各地の方言」、「源氏物語の世界」

社会科学コース...「経済、環境の視点、裁判、過去から社会を見る」、「共生社会について考える」

健康科学コース...東京五輪のエンブレムの考案、ピクトグラムのクイズ

生活科学コース...「辻調理師専門学校による調理実習」、「製パン実習」、「茶道体験」、「エプロン、テディベア、クロスステッチ作り」(発表中きゅうりを切ったり、ミシンを使ってポケットティッシュケースを作っていました。)

工芸科学コース...木工の作業、陶芸の工程、外部講師の授業を動画付きで解説。発表者が製作した物を実際に見せていました。

経営科学コース...「Excelや簿記などの学習について」、「オリジナルのパン、おにぎりの考案」


2年生は1年間の集大成として発表を行い、1年生は次年度自分たちが何を学ぶのかを先輩たちの発表から勉強し、更に学びを深められるような時間になりました。


 

経営科学コースの2学期の取り組みを紹介します。

2年生は、12月7日(土)に情報処理検定・ワープロ検定にチャレンジしました。

3年生の「ユニバーサルマネジメント」の授業では、自分たちが考えたパンを地元パン屋「リーブル」様に商品化していただき、文化祭で販売しました。10月からは、おにぎりの商品開発に取り組んでおり、地元NPO法人「Joint Joy」様と連携して商品化を目指します。

「経営演習」の授業では、「起業家教育」として自分の店を出店する企画を行っています。

3年生は、あと少しで卒業です。最後までしっかりと自分の力を高めて欲しいと思います。

 

今年度も、本校普通科2年生ワープロ演習の授業において、クリスマスポスターを作成し、地元八幡市の老人福祉施設に配布しました。

この取り組みは、ポスター作成を通して、ポスター制作技術を向上させ、老人福祉施設に配布することで、生徒の福祉に関する関心を高めたり、地域社会に貢献する態度を養うことを目的としています。

 

1030日(水)・116日(水)生活科学コース3年生【ユニバーサルライフ】の受講者が八幡市立南ヶ丘保育園、八幡市立南ヶ丘第二保育園、八幡市立わかたけ保育園の3保育園に分かれて保育実習を行いました。

フェルトで製作した名札を身に付け、絵本の読み聞かせなどを行い、幼児と仲良く交流・触れ合うことができました。

 

10月16日(水)~24日(木)にかけて工芸科学コースの授業では1級建築士で木工芸の作家でもある藤村吉次さんにお越しいただいて、特別授業をしていただきました。

3年生は桧のトレーと桐のコースター、2年生は杉と桧の2種類のカードケースを制作しました。使用する木の種類や、きれいに仕上げるコツ等を丁寧に教えていただきました。

また、プロの方が実際に使用しているかんなで薄削り体験をさせていただきました。


 

102日(水)・3日(木)生活科学コース3年生【ユニバーサルライフ】の受講者が八幡市立男山市民図書館にて「絵本の読み聞かせ」についての講演を受けました。

図書館司書の方に絵本を選ぶポイントや基本的な読み方についてお話していただき、各自で絵本を選び、読み聞かせの練習を行いました。

今月と来月に行われる保育実習で絵本の読み聞かせを行う予定なので、とても貴重な経験となりました。

 

 令和元年度1学期の経営科学コースの取組を紹介します。

2年生のコース授業においては、簿記と情報処理について学習しました。3年生のコース授業においては、パンの商品開発やビジネスマナーについての学習を行いました。

パンの商品開発では、経営科学コース3年生が7つの班に分かれて新しいパンを企画しました。そして6月27日(木)3限に本校大会議室において、新しく考えたパンの企画発表会を行いました。審査員として、八幡市内のパン屋さん「リーブル」の店長さんにもお越しいただき、審査及び講評を行っていただきました。優秀な商品については、「リーブル」さんに商品化していただき、9月の文化祭で販売予定となっています。

今後も生徒達が、ビジネス社会で活躍するための力をつける授業を実施していきたいと思います。




 

本校の特色ある取組の一端を、他校の生徒・先生方にも知っていただく良い機会となりました!!

 2月4日(日)、京都工芸繊維大学を会場に、「平成29年度京都フロンティア校研究成果発表会」が開催されました。これは府立高校各校の特色ある取組の発表を通じて、高校生が相互に情報を共有し、今後の学習活動に活かす機会とするものです。本校からも、普通科総合選択制経営科学コースの3年生2名が参加し、ポスターセッションで「パンの商品開発の取組」を発表しました。多くの参加者に聞いていただき、質疑応答も活発に行われ、本校の特色ある取組の一端を他校の生徒・先生方にも知っていただく良い機会となりました。
 

社会・経営・健康・工芸・生活の5つのコースが、八幡支援学校と授業交流を行いました!!

 12月14日(木)、2年の社会科学コースと、3年の経営科学コース・健康科学コース・工芸科学コース・生活科学コースが、八幡支援学校との授業交流を実施しました。  社会科学コースは、本校生徒が独自に考えたパズルゲームを一緒に楽しみました。  経営科学コースは、支援学校の生徒が3月にスーパー「イズミヤ八幡店」で販売する商品のPOP広告を一緒になって作成しました。  健康科学コースは、本校生徒が事前学習で考案したオリジナルの競技を一緒に行いました。  工芸科学コースは、クリスマスオーナメントを一緒に作成しました。  生活科学コースは、調理実習でピザを一緒に作りました。  二つの学校の生徒たちが協力し合いながら、楽しく生き生きと交流を重ねる姿はとても印象的でした。お互いを認め合いながら共に生きていく、ユニバーサルデザインの大切さを、しっかりと学んでくれたと思います。
 

製パン技術を習得しました!!

 6月1日(木)・27日(火)生活科学コース2年生、6月15日(木)・28日(水)生活科学コース3年生の調理実習の一環として、製パン講師として「麦の穂幸子パン教室」の佐野幸子 氏をお招きして、製パン実習を行いました。2年生は「ごまパン」「マドレーヌ」、3年生は「マヨネーズパン」「マンゴープリン」作りに取り組み、イーストや水の配分などに苦労しました。講師の先生のご指導で美味しいパンができあがりました。この製パン実習は9月にも実施する予定です。
 

乳幼児の発達や保育について興味・関心を持つことができました!!

 6月7日(水)・21日(水)生活科学コース「ユニバーサルライフ」受講者が、八幡市立南ヶ丘保育園、八幡市立南ヶ丘第二保育園、八幡市立わかたけ保育園の3保育園に分かれて保育実習を行いました。実習では、絵本の読み聞かせなど、乳幼児と仲良く交流・触れ合うことができ、充実した実習となりました。この実習は10月と11月にも実施予定です。
 

大阪社会体育専門学校から講師の先生を招き講義・実技講習を受けました!!

 6月22日(木)健康科学コース2年生の授業において、大阪社会体育専門学校の吉田先生、河田先生、学生2名による、「ウエイトトレーニングの実践」の授業を実施しました。本校には、健康科学実習室(トレーニングルーム)が設置されており、様々なトレーニング器具が揃っています。その器具を活用し、健康的な筋力アップを目指して2学期までトレーニングを積む予定をしています。その事前学習として、トレーニングの意義や自己に応じたトレーニングメニューの作成方法といった内容の講義や、マシンの使い方、トレーニングの際のポイントなどは実技を通して学ぶことができました。今後、自分のからだがどのように変化していくのか、経過観察を行いながら、授業を発展させていきたいと思います。