Loading…

京都府立京都八幡高等学校

北キャンパス

〒614-8363 京都府八幡市男山吉井7

Tel:075-981-3508 Fax:075-981-3509

南キャンパス

〒614-8236 京都府八幡市内里柿谷16-1

Tel:075-982-5666 Fax:075-982-5673

教育内容

102日(水)・3日(木)生活科学コース3年生 ユニバーサルライフ の受講者が八幡市立男山市民図書館にて「絵本の読み聞かせ」についての講演を受けました。

図書館司書の方に絵本を選ぶポイントや基本的な読み方についてお話していただき、各自で絵本を選び、読み聞かせの練習を行いました。

今月と来月に行われる保育実習で絵本の読み聞かせを行う予定なので、とても貴重な経験となりました。

 

 令和元年度1学期の経営科学コースの取組を紹介します。

2年生のコース授業においては、簿記と情報処理について学習しました。3年生のコース授業においては、パンの商品開発やビジネスマナーについての学習を行いました。

パンの商品開発では、経営科学コース3年生が7つの班に分かれて新しいパンを企画しました。そして6月27日(木)3限に本校大会議室において、新しく考えたパンの企画発表会を行いました。審査員として、八幡市内のパン屋さん「リーブル」の店長さんにもお越しいただき、審査及び講評を行っていただきました。優秀な商品については、「リーブル」さんに商品化していただき、9月の文化祭で販売予定となっています。

今後も生徒達が、ビジネス社会で活躍するための力をつける授業を実施していきたいと思います。




 

今年は英語落語にも挑戦!!

 10月17日・10月31日・11月28日・12月5日と全4回にわたって、大阪府枚方市を中心に活動するアマチュア落語サークル「なぎさの会」の落語家・渚家六丸氏に指導していただきました。今年は、昨年までと同様、表現科学コースの3年生が自作したオリジナル小噺を六丸氏に添削・指導していただいた他、六丸氏の弟子である笑人氏にも来ていただき、英語落語にも挑戦しました。12月5日の授業最終日には、生徒達は今まで一所懸命に練習してきた成果を発揮し、大きな達成感を感じていました。
 

本校の特色ある取組の一端を、他校の生徒・先生方にも知っていただく良い機会となりました!!

 2月4日(日)、京都工芸繊維大学を会場に、「平成29年度京都フロンティア校研究成果発表会」が開催されました。これは府立高校各校の特色ある取組の発表を通じて、高校生が相互に情報を共有し、今後の学習活動に活かす機会とするものです。本校からも、普通科総合選択制経営科学コースの3年生2名が参加し、ポスターセッションで「パンの商品開発の取組」を発表しました。多くの参加者に聞いていただき、質疑応答も活発に行われ、本校の特色ある取組の一端を他校の生徒・先生方にも知っていただく良い機会となりました。
 

社会・経営・健康・工芸・生活の5つのコースが、八幡支援学校と授業交流を行いました!!

 12月14日(木)、2年の社会科学コースと、3年の経営科学コース・健康科学コース・工芸科学コース・生活科学コースが、八幡支援学校との授業交流を実施しました。  社会科学コースは、本校生徒が独自に考えたパズルゲームを一緒に楽しみました。  経営科学コースは、支援学校の生徒が3月にスーパー「イズミヤ八幡店」で販売する商品のPOP広告を一緒になって作成しました。  健康科学コースは、本校生徒が事前学習で考案したオリジナルの競技を一緒に行いました。  工芸科学コースは、クリスマスオーナメントを一緒に作成しました。  生活科学コースは、調理実習でピザを一緒に作りました。  二つの学校の生徒たちが協力し合いながら、楽しく生き生きと交流を重ねる姿はとても印象的でした。お互いを認め合いながら共に生きていく、ユニバーサルデザインの大切さを、しっかりと学んでくれたと思います。
 

製パン技術を習得しました!!

 6月1日(木)・27日(火)生活科学コース2年生、6月15日(木)・28日(水)生活科学コース3年生の調理実習の一環として、製パン講師として「麦の穂幸子パン教室」の佐野幸子 氏をお招きして、製パン実習を行いました。2年生は「ごまパン」「マドレーヌ」、3年生は「マヨネーズパン」「マンゴープリン」作りに取り組み、イーストや水の配分などに苦労しました。講師の先生のご指導で美味しいパンができあがりました。この製パン実習は9月にも実施する予定です。
 

乳幼児の発達や保育について興味・関心を持つことができました!!

 6月7日(水)・21日(水)生活科学コース「ユニバーサルライフ」受講者が、八幡市立南ヶ丘保育園、八幡市立南ヶ丘第二保育園、八幡市立わかたけ保育園の3保育園に分かれて保育実習を行いました。実習では、絵本の読み聞かせなど、乳幼児と仲良く交流・触れ合うことができ、充実した実習となりました。この実習は10月と11月にも実施予定です。
 

大阪社会体育専門学校から講師の先生を招き講義・実技講習を受けました!!

 6月22日(木)健康科学コース2年生の授業において、大阪社会体育専門学校の吉田先生、河田先生、学生2名による、「ウエイトトレーニングの実践」の授業を実施しました。本校には、健康科学実習室(トレーニングルーム)が設置されており、様々なトレーニング器具が揃っています。その器具を活用し、健康的な筋力アップを目指して2学期までトレーニングを積む予定をしています。その事前学習として、トレーニングの意義や自己に応じたトレーニングメニューの作成方法といった内容の講義や、マシンの使い方、トレーニングの際のポイントなどは実技を通して学ぶことができました。今後、自分のからだがどのように変化していくのか、経過観察を行いながら、授業を発展させていきたいと思います。
 

フランスの生活習慣と食文化について学びました!!

 5月17日(水)・18日(木)生活科学コース3年生が、辻調理師専門学校・フランス料理教授の榊 正明先生をお招きして、「フランスの生活習慣と食文化」というテーマで講義とフランス料理づくりの実習に取り組みました。生徒たちは、実際にフランスに在住していた榊先生の西洋の文化・生活習慣についてのお話に深く聞き入り、興味関心が広がりました。また、フランス料理実習では、美味しい料理ができあがり、みんなで楽しくいただきました。
 

車いすバスケットボールの指導を受けました!!

 6月8日(木)健康科学コース3年生のユニバーサルスポーツの授業において、本校卒業生の山本英嗣さん(京都アップス)を講師にお迎えし、車いすバスケットボールを実施しました。
 第一回の本日は最初に「障がい者理解」をテーマに、講義をしていただきました。生徒達は、日頃、車いすを使用されている方のお話を聞くという経験が少なく、交通事故の恐ろしさや、現在と昔の車いすでの生活の違いなどのお話を、意欲的に聞く姿が見られました。また、「車の運転はどうしていますか?」「プレイ中、一番痛かった場面はいつですか?」など、生徒から積極的に質問する場面も見受けられました。
 4時間目には、実際に車いすバスケットボール用の車いすに乗り、操作方法を学んだり、山本さん対10名で行った鬼ごっこでは、簡単に全員が捕まってしまうなど、初めての車いす操作に戸惑いながらも、積極的に学ぶことができました。来週が最終回となりますが、山本さんに加え、家村安雄さん(京都アップス)にも来ていただき、ボールを使った本格的な「車いすバスケットボール」の授業を展開していただく予定です。