Loading…

京都府立京都八幡高等学校

北キャンパス

〒614-8363 京都府八幡市男山吉井7

Tel:075-981-3508 Fax:075-981-3509

南キャンパス

〒614-8236 京都府八幡市内里柿谷16-1

Tel:075-982-5666 Fax:075-982-5673

教育内容

【12月17日(木)3・4限目】2年生自然科学コース 自然探究

「賢く省略化するためのアルゴリズム」

京都工芸繊維大学機械工学系教授軽野義行先生にお越しいただき体験授業を行いました。工場等で行われている選別作業や袋詰め作業のアルゴリズムを、切手やピーマンの例をもとに解説していただきました。

普段学習している数学の勉強が、社会に出てから役に立つ例を実践を通して学習することができました。アルゴリズムや最適化に対して関心を高めるとともに、数学の授業へのさらなる意欲を持つことができました。


 

人文科学コース2年、11月4日(水)に校外学習を行いました。

「人文探究」の授業では夏休み明けから『源氏物語』の輪読会を行っていました。より体験的に学びを深めるために宇治市源氏物語ミュージアムに行きました。展示の当時の道具や、六条院の精巧な作りに驚いていました。その他にもオリジナルアニメーション「GENJI FANTASY ネコが光源氏に恋をした」で舞台になっていた「さわらびの道」にも訪れ、学びの深い時間となりました。

 

本校の夏休みの宿題である「ひと夏の思い出」を図書室に期間限定で掲示しています。

この「ひと夏の思い出」は2年前から始めた本校独自の取組で、夏休み体験したことを自由に記載する課題です。家族友人との外出や、読書、映画鑑賞等、多種多様な作品がありました。今回はそのなかでも特に目をひくものを掲示し、放課後多くの生徒が作品を見に来ていました。

 

【10月7日(水)5・6限目】2年生自然科学コース 自然探究

「3Dプリンタの原理ープラスチックの熱的性質」

京都工芸繊維大学材料科学系准教授坂井亙先生にお越しいただき体験授業を行いました。お持ちいただいた3Dプリンタで実際に立体を形成していく様子を観察し、3Dプリンタがどのような原理で動いているのかを解説していただきました。また、ナイロン66生成の実験を行いました。

プラスチックは身近な材料でありながらも、科学的にどのような性質を持っているのか、分子の構造によってどのような変化があるのか、知らないことの多い世界であることに驚いている様子や、実験に集中している様子を見ることができました。

今回の授業で扱った高分子化学は今後履修していく単元です。後々の学習に今回の経験を生かしてもらいたいと思います。

 

2月20日(木)、コース発表会を行いました。1、2年生が一堂に会し、各コースの代表者が1年間どのような活動をしてきたのかを、スライドを用いたり、クイズやデモンストレーション、製作した物を実際に見せたり、各コースそれぞれ工夫を凝らして発表しました。

自然科学コース...「宇宙医学」宇宙に行くと人の身体はどうなるか、「生物のコミュニケーション」カイコガの解剖

人文科学コース...「日本各地の方言」、「源氏物語の世界」

社会科学コース...「経済、環境の視点、裁判、過去から社会を見る」、「共生社会について考える」

健康科学コース...東京五輪のエンブレムの考案、ピクトグラムのクイズ

生活科学コース...「辻調理師専門学校による調理実習」、「製パン実習」、「茶道体験」、「エプロン、テディベア、クロスステッチ作り」(発表中きゅうりを切ったり、ミシンを使ってポケットティッシュケースを作っていました。)

工芸科学コース...木工の作業、陶芸の工程、外部講師の授業を動画付きで解説。発表者が製作した物を実際に見せていました。

経営科学コース...「Excelや簿記などの学習について」、「オリジナルのパン、おにぎりの考案」


2年生は1年間の集大成として発表を行い、1年生は次年度自分たちが何を学ぶのかを先輩たちの発表から勉強し、更に学びを深められるような時間になりました。


 

10月30日(水)5・6限 2年生自然科学コースの生徒を対象に「子どもの知的好奇心をくすぐる体験授業」を活用し、京都工芸繊維大学大学院助教の長岡純治先生に出前授業を行っていただきました。「生物のコミュニケーションを考えてみよう」をテーマに、カイコガのフェロモンのはたらきについて専門的な話をしていただきました。虫が苦手な生徒が多くいましたが、カイコガの幼虫や成虫を用いた実験に熱心に取り組んでいました。長岡先生には研究に対する考え方・姿勢についても話をしていただき、生徒にとっては大変刺激になる、貴重な体験となりました。

 

7月10日(水)5・6限 2年生自然科学コースの生徒を対象に「子どもの知的好奇心をくすぐる体験授業」を活用し、京都大学宇宙総合学研究ユニット寺田昌弘連携准教授に出前授業を行っていただきました。「宇宙医学とは?」をテーマに、宇宙に関する基礎的な知識や宇宙飛行士の生活、宇宙における健康管理など専門的な話をしていただきました。さまざまな宇宙の不思議にふれ、生徒らは宇宙に対する興味がより一層高まったようです。