↑中学生の皆様へ↑
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿国内航海実習メディア情報中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置お魚MAP活躍する先輩たち(キャリアモデル)アクセス連携企業京水海洋同窓会
 





 
 

COUNTER

Total 令和3.4~626843

COUNTER

Total 令和2年度  714307
 

COUNTER

Total 平成24.3~7352161

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

海洋散歩


2022/01/14new

トップページを更新しました(1月14日)

| by 副校長
 マリンバイオ部活動(日本財団 海と日本プロジェクト)動画配信!
 本校マリンバイオ部は、イサキの完全養殖やテナガエビの繁殖等、さまざまな活動成果が高く評価されていますが、この度、日本財団様主催の『海と日本PROJECT in 京都 2021』の一環で、11月に取材いただき、「未来の熱源人材 京都府立海洋高校マリンバイオ部」として動画配信していただいていますので、是非御覧ください。

 こちらをクリック → https://www.youtube.com/watch?v=oyi1UC08jgY

 解説(ホームページより)
 日本財団 海と日本プロジェクトの一環として、未来の海に対する熱い想いを持つ子どもたち「未来の熱源人材」を取材した。近畿地方唯一の水産海洋系・単独専門高校の京都府立海洋高校では、マリンバイオ部が部活動で、様々な魚や生き物を養殖している。3年の今村泉仁さんは、地域振興のために名産品を生み出したいという想いで、テナガエビの養殖を行っている。生き物の体の構造に関心がある稲波悠真さんは、骨格標本を製作することで、生き物の不思議を解き明かしてきた。将来目標は学芸員になることだ。小林祐斗さんは、先輩の代から研究を引き継ぎイサキの完全養殖に成功した。将来は研究をつづけることで水産業を盛り上げたいと語る。


☆ 本校受検の際、前泊が必要な方へ
  「本校受検の際、前泊が必要な場合の宿泊先について」を掲載しています。

17:00