↑中学生の皆様へ↑
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿国内航海実習メディア情報中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置お魚MAP活躍する先輩たち(キャリアモデル)アクセス連携企業京水海洋同窓会
 





 
 

COUNTER

Total 令和3.4~633218

COUNTER

Total 令和2年度  714307
 

COUNTER

Total 平成24.3~7358536

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 
食品経済コース
Marine Economics and Sea Processed Food Manufacturing Group
 水産食品の製造・加工・流通を学び新製品の開発に取り組みます。

コースの特徴 01.
 地産地消を基本に地元の魚介類を素材にした製品を生産し、コンテストでの入賞を目指します。
※令和元年度和菓子甲子園近畿大会出場、シーフード料理コンテスト水産庁長官賞
コースの特徴 02.
 元宝ヶ池プリンスホテル総料理長神田正幸シェフや大和学園京都栄養専門学校の講師による指導を年8日以上行い、専門的な技術を身に付けます。
コースの特徴 03.
 本校の食品製造実習室は、保健所から「飲食店営業」、「菓子製造業」等の許可を受けており、毎月1回校内でレストランを営業したり、イベントで販売したりしています。
 

2021/11/29

ニギスおこわ缶再び

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 11月19日(金)、食品経済コース3年生が、京丹後市と連携して開発を進めている「ニギスのおこわ缶」について、2回目の試作を行いました。11月12日(金)に行った1回目の試作では、殺菌時に缶の内圧と外圧の設定が確定せず、変型缶を出してしまいましたが、その反省を基に、製法を変更して作業に取り組みました。
 缶詰製造の繊細な技術について学ぶ機会となりました。


 ニギスは、本校の底曳網漁業実習でも漁獲されており、今後の海洋ブランド商品への発展も期待できます。
06:00