NEWS-新着情報-

一覧へ

 

TOPICS-トピックス-

一覧へ

 
 
 
 

  本校では、教養科学科生徒の探究心・創造性・独創性の伸長のため、GSP(グローカル・スタディーズ・プログラム)の一環として、総合的な学習の時間を「こだわり学」と称して、様々な活動に取り組んでいます。2年次では、生徒が独自のテーマで課題を設定し、研究(ゼミ活動)を行っています。そのまとめとして、4月16日(月)、3年生の代表が教養科学科の1、2、3年生に向けて校内発表を行いました。
  昨年度は、「国語ゼミ」「数学ゼミ」「化学ゼミ」「社会ゼミ」「物理ゼミ」「生物ゼミ」「地学ゼミ」「英語ゼミ」の8つが開講され、各ゼミ内で発表を行い代表を選出しました。


[各ゼミの紹介]

「化学ゼミ」は、松浦菜々子さんが、「食品の色の変化」をテーマに研究発表を行いました。
「数学ゼミ」は、松本歩さんが、「『0』の発見」をテーマに研究発表を行いました。
「生物ゼミ」は、江上啓人くん、中村嘉伸くんが、「植物に含まれる酵素~カタラーゼの働き~」をテーマに研究発表を行いました。
「社会ゼミ」は、北尾優季くんが、「ヒトラーは語る~語られる言葉の威力~」をテーマに研究発表を行いました。
「国語ゼミ」は、松森基起くんが、「ラノベ主人公のモテる理由~君もこれでラブマスター」をテーマに研究発表を行いました。
「物理ゼミ」は、坂本海くん、角田啓斗くんが、「エレベーター」をテーマに研究発表を行いました。
「地学ゼミ」は、安宅怜奈さんが、「巨椋池干拓地の土地利用」をテーマに研究発表を行いました。
「英語ゼミ」は、2月に行われたグローバルネットワーク京都交流会に参加し、そのときの発表をエキシビションとして披露しました。亀井美咲さん、岡野葉南さん、佐井木駿平くん、林明日香さんが、「持続可能な国際社会への展望」をテーマに研究発表を行いました。

 各ゼミ代表者は、1年間の研究成果を伝えたいという熱意が充分に伝わる発表を行いました。いずれも甲乙付けがたい内容でしたが、最優秀賞に「物理ゼミ」が、優秀賞に「社会ゼミ」が選出され、表彰されました。

 
 
 
 
 

  4月11日・12日、ホテルビナリオ嵯峨嵐山にて第1学年学科研修を実施しました。宿泊を伴う教育活動を通じて、高校生としての自覚をもち、専門学科(教養科学科)としての学習習慣を身につけることを目的として行いました。 

 
 
 
 
 

 4月10日(火)、新入生歓迎会(部活動紹介)を実施しました。新入生の集合や整列、司会進行など全てが生徒会によって行われました。
  城南菱創高校12期生となる新入生たちは、生徒会が製作した部活動紹介ビデオ、そして先輩たちによる熱心なパフォーマンスやトークに熱い視線を送っていました。

 
 
 
 
 

 平成30年4月9日(月)、第10回入学式を挙行しました。城南菱創高校の制服に身をつつんだ新入生が次々と登校しました。
  城南菱創高校12期生となる普通科160名、教養科学科80名、計240名が橋本校長より入学許可を受けました。
  橋本校長は、式辞の中で、「生命の尊さや時間の重みを噛みしめ、一日一日を大切に生きることを心に刻んでほしい。また、普通の暮らしを不自由なく送れることを有り難く思い、それぞれの立場で与えられた時間を大切にして精一杯努力して生きなければならない。そのことが私たちの輝かしい未来につながります。」と述べられました。
  さらに、『学ぶ姿勢』、『挑戦』、そして『出会い』の3つを大切にしてほしいと述べられ、「これらを踏まえ、自分たち一人一人が城南菱創高校の歴史を創っていくのだという意気込みを持って学校生活に臨んでほしい。」と締めくくられました。

 
 
 
 
 

 4月9日(月)、始業式を行いました。橋本校長は式辞の中で、4月は、出会いの月。転入された先生方との出会い、新入生やクラスの新しい仲間との出会い。それらの出会いの一つ一つを大切にしてくださいと述べられました。
 また、水谷修さんの著書から「笑顔で会釈。ワクワクした一日の始まり」を紹介され、「目と目が合ったら、笑顔で会釈してみませんか。きっと自分の心が温かくなり、幸せなものに変わります。皆さんも、その幸せな気持ちをどんどん広げて、すばらしい友達、仲間を作ってください」と述べられました。
 始業式に先立ち、着任式を行いました。着任者を代表して酒井副校長が挨拶されました。

始業式終了後、進路指導部長の澤井先生からのお話があり、これからの受験に向けて、「ホームで鍛えられた人は強い。学校をホームに据えてやっていってほしい。」と述べられました。