新着情報

 

お問い合わせ

京都府城陽市立青谷小学校
〒610-0113
京都府城陽市中向河原1番地
TEL 0774-52-0040
FAX 0774-52-4320
E-MAIL:aodani-es@kyoto-be.ne.jp
 

カウンタ

COUNTER1148704
(2012年7月27日開設)

オンライン状況

オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人

QRコード

携帯でもこのページを
見ることができます。
下のQRコードを携帯で
読み取ってください。
 

緊急のお知らせ(学校の様子はこの下にございます。)

緊急のお知らせ
12345
2021/10/19

青谷小学校の施設利用について(利用時間制限の解除)

Tweet ThisSend to Facebook | by 城陽市立青谷小学校サイト管理者
城陽市立小・中学校の施設利用(体育館・運動場)については、10月21日(木)まで利用時間が制限されていますが、京都府の「10月22日からの新たな日常」に鑑み、10月22日(金)より次のように変更されます。

<利用時間等>
利用時間の制限を解除し、通常の運用に戻します。

<適用期間>
 令和3年10月22日(金)から

※今後の状況により変更する場合があります。

利用団体の皆さまには、長期間ご不便をおかけしました。ご理解、ご協力をいただき、ありがとうございました。

市内他施設を含めた詳しい情報は、城陽市のホームページをご覧ください。


09:00 | 連絡事項
12345
学校の様子
学校の様子 >> 記事詳細

2021/07/14

ドローンを活用したプログラミング学習(5年)

| by 城陽市立青谷小学校サイト管理者
7月14日(水)の1・2時間目 5年生でドローンを使ったプログラミング学習を実施しました。
京奈DRONESTATIONから講師の先生にお越しいただきました。

はじめに、講師の方からドローンの基本的な知識や仕組みについて教えていただきました。ドローンが社会の中でどのように有効活用されているかに関心をもつことができたと思います。

次に二手に分かれて、ドローンの操縦とプログラミングを体験しました。(前半と後半で交代して両方体験します。)

操縦体験では、コントローラーを操作して、ドローンをいろいろな方向に動かしてみたり、輪の中を通してみたりするなど、操縦を楽しみました。

プログラミング体験では、プログラミングによってドローンに自動飛行をさせます。グループで意見を出し合いながらプログラミングしていきます。プログラミング通りに飛行させることができると、歓声が上がっていました。

今回の学習を通じて、プログラムの働きについて理解することができました。身近な生活でコンピュータが活用され、コンピュータはプログラムで動いています。そしてプログラムは人が作成していることに気付くことができました。

今後もコンピュータやプログラムを活用して、よりよい社会づくりに生かそうとする態度をはぐくんでいきたいと思います。

<ドローンは社会の様々なところで活用されています。>

<ドローンを操縦して輪を通します。>

<プログラミングでドローンに意図した動きをさせます。>


15:00 | 5年