新着情報

 

お問い合わせ

京都府城陽市立青谷小学校
〒610-0113
京都府城陽市中向河原1番地
TEL 0774-52-0040
FAX 0774-52-4320
E-MAIL:[email protected]
 

カウンタ

COUNTER1282286
(2012年7月27日開設)

オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人

QRコード

携帯でもこのページを
見ることができます。
下のQRコードを携帯で
読み取ってください。
 

今日の給食


2022/05/17

5月17日(火)の給食「みそ汁ときんぴらの和食献立」

| by 校長
5月17日(火)の給食
ごはん
牛乳
豆乳みそ汁
ふきと筍のきんぴら
梅干し

<みそ汁ときんぴらの和食献立>

<ごはんと城陽の梅干し>

<豆乳で美味しく、栄養たっぷりに!>

<2年国語の「ふきのとう」覚えていますか。あの「ふき」です。>

「ごはん&梅干し(城陽産)」
城陽産の梅干しが一粒ついていました。小梅ですが、しっかり酸っぱい本格派です。梅干しに含まれるクエン酸やリンゴ酸は、疲労回復に効果があるそうです。

「豆乳みそ汁」
鶏つくね、油揚げ、玉ねぎ、しめじ、人参、もやし、青ねぎが入っています。みそ汁ですが、お鍋みたいですね。豆乳を加えると、コクが出てまろやかな味わいになります。そして、豆乳に含まれる植物性タンパク質やポリフェノールなどの栄養成分をとることもできます。

「ふきと筍のきんぴら」
豚肉、ふき、筍、人参、干ししいたけ、三度豆をきんぴらにしています。江戸時代に、人形浄瑠璃の「金平浄瑠璃(きんぴらじょうるり)」が流行しました。その主人公である坂田金平の髪型が、ごぼうの細切りに似ていたことから、きんぴらという料理名が生まれたという説があります。きんぴらにはごぼうなどの根菜を使うことが多いですが、どのような食材でも、細切りにして醤油や砂糖、みりんなどで甘辛く炒めた料理を「きんぴら」と呼びます。今日は食物繊維たっぷりのふきと筍のきんぴらです。坂田金平は、あの金太郎の息子という設定で活躍したキャラクターです。元気が出そうですね。

14:30 | 今日の献立