第103回全国高等学校野球選手権京都大会に本校硬式野球部が出場しました。

1回戦あやべ球場第3試合、桂高校との試合は、11日(日)現地に到着しましたが雷雨に伴い中止となり、12日(月)に順延となって臨んだ試合となりました。初回に、相手4番打者の本塁打により先制されましたが、エンドランなどの作戦が決まり逆転に成功し中盤までにリードを広げました。しかし、終盤にかけて桂高校の粘りに一度は同点に追いつかれるも、9回に4番主将藤林君(春日丘中学校出身)と5番南君(春日丘中学校出身)の長打に、7番灰山君(西賀茂中学校出身)の適時打で突き放し、9-6で勝利しました。

2回戦はわかさスタジアム京都第2試合、京都工学院高校との試合でした。序盤からスコアリングポジションにランナーを進めるも、もう一本が出ず、苦しい展開になりましたが、先発千馬君(神川中学校出身)も粘り強く抑え、ダブルプレーなども決まり、攻撃につなげることができました。8回に長打を加えて得点し、4-1で勝利しました。

3回戦は太陽が丘球場第2試合、シード校の西城陽高校との試合でした。序盤から守備でリズムが作れず、甘い球を見逃さない相手チームの攻撃に防戦一方でしたが、4番藤林君のホームランなど相手チームにも負けない打撃で反撃を開始しました。中盤にかけて継投で追加点の阻止を試みましたが、結果7回コールド5-13で敗れました。

2年ぶりの有観客での試合は、OBの方々、学校関係者、地域の方にも足を運んでいただき、声援を力に変えて選手たちも頑張ることができました。本校を応援してくださいましたすべての方に感謝申し上げます。

 

7月15日(木)ライフサポートクラス3年生が、絵本の読み聞かせ体験実習を行いました。京都市醍醐中央図書館司書の松本千穂様をお迎えして、子どもの発達に応じた絵本の選び方や子どもの心をわくわくさせる読み聞かせのコツなどを教えていただきました。その後、4人一組になり、少人数で距離を保ちながら絵本の読み聞かせに挑戦しました。

 

6月25日(金)5、6限、2年生を対象に、講師として「京都市地域・多文化交流ネットワークサロン」より宇山世理子氏をお招きし、「東九条と多文化共生」というテーマで講演会が行われました。今回の人権教育は、日本に住む外国人問題をテーマにした講演を通して、多文化共生社会に生きる基本的な資質を養い、外国人の人権について深い理解ができることを目的としています。生徒たちが多様な文化を持つ人々と共生社会を構築するスキルを学んでほしいと願っています。

 

6月18日(金)6限、体育館で、第3学年キャリアコース(4、5、6組)を対象に、高大連携事業の一環として、京都文教短期大学ライフデザイン科より桑原千幸氏をお迎えし、「自分らしく生きるために今できること~就職活動の観点から~」という演題で御講演いただきました。自分の進路実現に向けて、今何をすべきか考えるきっかけになったようです。

 

6月16日(水)から22日(火)にかけて、朝の10分間「おはよう読書」を実施しています。全校生徒、全教職員で読書に親しむことを目的としています。生徒たちは図書館や玄関先の出張図書館、自宅等から、それぞれ読みたい本を用意し、1時間目の前に静かに読書をしています。「おはよう読書」をきっかけに、読書に親しむ生徒が増えることを期待します。

 

 6月11日(金)5、6限に体育館で3年生対象に人権学習が行われました。今回は「NPO法人あったかサポート」より講師をお招きして、働くことについての知識や雇用、面接における問題点を学び、就労に向けて適切な準備を行えるよう理解を深めました。生徒は寸劇を交えた講演に熱心に聞き入っていました。

 

 6月3日(木)5限に1年生キャリアコースの生徒対象に、授業見学会が実施されました。1年生が、上級生の学んでいるキャリアコース3分野の授業を参観し、来年度のよりよいコース決定に向けて知識を深めるためのものです。1年生は上級生から、上級生は1年生から、良い刺激を受けたようです。

 

6月4日(金)5限に、1年生対象の薬物乱用防止講演会が行われました。山科警察署生活安全課スクールサポーターの方から薬物乱用の現状、実態についてお話を頂きました。生徒たちの薬物乱用に対する意識が高まり、健全な生き方を考える機会となればと願っています。

 

 5月28日(金)5,6限に1年生対象の性教育講演会が実施されました。「性」に対する正しい知識を身につけ、性を肯定し、性の多様性を認めるだけでなく、異性との関係においても自他を大切にし、心地よい人間関係を築くことを学びました。

 

6月3日(木)3、4限、日本赤十字社 赤十字京都ユースボランティアの宮本佳蓮さんを講師に招いて、感染症流行時における人権に関する特別授業をおこないました。不安から生まれる差別が感染者や周辺の人々をさらに傷つける現実を知り、差別を生む心理について考えました。「病気」「不安」「差別」の負のスパイラルに陥らないよう、危機的状況下でもお互いを尊重できることが大切だというお話がありました。

 

5月28日㈮放課後、「私たちが、今、できること~一緒に医療用ガウンを作ろう~」という取組が始まりました。不足する医療用ガウンを作って病院に届けようと、ライフサポートクラス2・3年生が全校生徒に呼びかけたところ、この日は20人以上の生徒が参加しました。ライフサポートクラス生徒の呼びかけは昨年に続き2回目で、今回は500枚製作することが目標です。取組は、6月11日まで放課後の時間を利用して行われます。

 

5月21日(金)6限に、放送による生徒総会と生徒会役員選挙立会演説会を実施しました。昨年度の総括案等を踏まえ、本年度の生徒会・各種委員会活動方針案や生徒会予算案が提案され、賛成多数で可決されました。また、次期生徒会役員立候補者が演説を行い、リーダーとしての意思表明をしました。次期生徒会役員は、全校生徒による投票によって信任されました。

 

4月8日(木)、令和3年度入学式を挙行しました。新しい制服を身にまとった新入生第45期生が清々しい表情で体育館に入場し、高校生活のスタートを切りました。

今回は新型コロナウイルス感染症対策を行い、参列者の人数も制限させていただくなど、保護者の皆様にもご協力いただき、式も短縮して行いました。その後、ホームルーム教室に移動し、担任から新入生への期待や担任としての抱負が語られ、明日からの連絡事項が伝えられました。明日は、オリエンテーションや写真撮影などを実施します。

 

4月8日(木)、令和3年度1学期が始まりました。着任式と始業式は、新型コロナウィルス感染予防のため、各教室で放送にて行いました。

この春、着任された髙橋文正校長先生は本校の卒業生でもあります。ご自身の高校生時代の話に始まり、「めぐりあわせ」について話をされました。さらに、新型コロナウイルスの感染予防の注意とともに、自他の人権に配慮することの重要性について述べられました。新学期にあたり、他者を思いやること、地道な活動を続けること、希望をもって頑張ることを考えて欲しいとお話になりました。

続いて、新部長・新担任の紹介があり、教務部長・生徒指導部長・進路指導部長・保健部長から、生徒に対し期待を込めたメッセージと学校生活における注意についてのお話がありました。

 
 

ファイル名:R3 カウンセリングのお知らせ.pdf

PDFファイル容量:【457.4KB】

※PDFを開くには下記「令和3年度スクールカウンセリングについて」をクリックして下さい。

 
 

令和2年度学校経営計画(最終評価)を掲載しました。

 

ファイル名:令和2年度学校経営計画(最終評価).pdf

PDFファイル容量:【413.0KB】

※PDFを開くには下記「令和2年度学校経営計画(最終評価)につい...」をクリックして下さい。

 
 

6月3日(木)5、6限に3年生ライフマネジメントクラスで、自衛隊より防災講話と衛生技術の実技講習が実施されました。授業の前半では東日本大震災などの人命救助の様子を映像で視聴し、後半では身近なものを利用した救命活動として、止血法、骨折時の処置、搬送法の実技講習を受けました。生徒たちは終始熱心に取り組んでいました。

 

 本校は災害発生時の避難所として指定されています。ライフマネジメントクラスでは、HUG(避難所運営ゲーム)等を通して非常時における避難所運営について学んでおり、実際に避難所が開設される際には、行政の方がスムーズに入れるように準備をすることを念頭に置いています。7月15日(木)5、6限に、3年生のマネジメントクラスでは、京都市の許可をいただいて本校が備蓄している段ボールベッドをグループごとに組み立てる作業をしました。どのグループも5分でベッドの組み立てを終え、サイズや寝心地を確かめたり、付属品である段ボール製の衝立を組み立てて、プライバシーがどの程度守られるかを確かめたりしました。災害が起こらないことが望ましいですが、もしもの時に適切な行動ができるように訓練することの大切さを再確認しました。


 

7月20日(火)1学期の終業式が行われました。感染症や熱中症対策のため、生徒たちはホームルーム教室で放送による式に参列しました。校長先生からは式辞で「人をリスペクトし、人からリスペクトされるよう、笑顔で挨拶をできる人になろう」というお話があり、続いて教務部長、進路指導部長、生徒部長から講話がありました。生徒のみなさんには1か月余りの夏休みを有意義に、健康に過ごして欲しいと思います。

 

7月15日(木)、2年生キャリアコーライフマネジメントクラス・ライフサポートクラス合同で、5限に京都光華女子大学の高野拓樹先生をお招きし「プレゼンテーション講座」を行いました。

スライド資料作成にあたっての注意事項や、入試や就職の面接でも活用できる技術を教えていただきました。