オンラインユーザー7人
ログインユーザー0人

沿革

昭和51年5月25日  亀岡市立亀岡小学校に重度障害児学級として重度心身障害児施設花明、木ノ花

                    学園内に「みのり」学級を開設 義務教育年齢27名全員に学籍が付く
  52年4月1日  学齢超過児15名(51年度の学級開設時点で18歳未満児)に学籍が付く
  52年9月10日  京都府立新設養護学校(口丹波地区)開設準備室を京都府庁内に設置
  53年3月11日  京都府条例第1条により、京都府立丹波養護学校設置
      13日  初代 松本 宏 校長就任、教職員9名発令
      20日  亀岡市旭町の仮設校舎で校務開始
    4月1日  教職員22名発令
      12日  開校式並びに第一回入学式挙行、小学部20名・中学部9名・高等部13名入学
      18日  本校校舎起工式
  54年3月16日  第1回卒業式挙行
      26日  第1期・第2期工事完成
      27日  本校舎へ移転
  55年3月25日  第3期工事(管理棟・プール・温室等)完成
    4月1日  京都府教育委員会規則第6号により、京都府立丹波養護学校亀岡分校設置
      10日  亀岡分校開校式並びに第1回入学式挙行
    55年6月1日  亀岡分校プレハブ校舎で学習を開始(教室3、プレイルーム1)
  57年4月1日  第2代 中西 定 校長就任
  59年4月1日  第3代 福澤昭信 校長就任
  59年5月25日  亀岡分校第1期校舎新築工事完成(1階 教室、2階 管理室)
    60年3月19日  亀岡分校第2期校舎新築工事完成(プレイルーム、特別教室)
    4月1日  第4代 日下部九州男 校長就任、亀岡分校に高等部分教室設置
    11月29日  亀岡分校竣工式挙行
  62年4月1日  第5代 山本 功 校長就任
平成元年3月30日  プレイルーム完成
    4月1日  第6代 藤野真澄 校長就任
  4年4月1日  第7代 野間一治 校長就任
  6年4月1日  第8代 高屋家治 校長就任
  7年4月1日  機械警備に移行
    8月31日  エレベーター棟完成
  9年4月1日  第9代 齋藤篤寛 校長就任
  10年4月1日  第10代 小林佑年 校長就任
  11年3月31日  スクールバス1台増車(4コース)、プレイルーム新設、バスターミナル増設
  12年4月1日  第11代 井上正次 校長就任
  13年4月1日  第12代 義忠房之 校長就任
    12月31日  4普通教室増築、新生活訓練棟新設、旧生活訓練室改築
    14年4月1日  スクールバス1台増車(5コース)
          文部科学省「専門性向上モデル推進事業」研究指定
    15年3月31日  重度・重複棟完成、情報教育室機器整備、スクールバス1台更新
      4月1日   文部科学省「専門性向上モデル推進事業」研究指定2年次
    16年4月1日   第13代 中本 進 校長就任
  19年4月1日  第14代 森 榮一 校長就任、府立丹波養護学校地域支援センター設置
    19年6月9日  学校創立30周年記念フェスティバル開催
          京都府立丹波養護学校地域支援センターの看板掲出
    21年3月23日  スクールバス1台更新
    22年4月1日   第15代 田原良英 校長就任
    23年4月1日    京都府立丹波支援学校に校名変更
    26年3月20日  スクールバス1台更新 1台増車(6コース)
  26年4月1日  第16代 西村佳志子 校長就任
    27年3月25日    スクールバス2台更新
    28年4月1日  第17代 丸岡惠真 校長就任
          東京2020教育プログラム「オリンピック・パラリンピック教育実施校」に認証
  29年10月6日  文部科学省『平成29年度特別支援教育に関する実践研究充実事業
          (次期学習指導要領に向けた実践研究)』を実施
  30年3月23日  スクールバス1台更新
    31年2月22日  文部科学省『平成29年度特別支援教育に関する実践研究充実事業研究報告会
令和元年4月1日  第18代 細矢 義伸 校長就任
  2年4月1日  第19代 後藤 昌則 校長就任