書道部

【部員数】 

学年
男子
女子
学年計
第3学年
第2学年
14
14
第1学年
マネージャー
合計
25
25
【活動場所】  書道教室
【活動日】  月~金の放課後  ※ただし火曜日はミーティング
【活動目標・内容】
古典の臨書を基本に、展覧会やコンクールへの出品を目指して作品作りに励んでいます。校内の豊富な展示スペースを活用して部活動での作品をできるだけ多く展示披露すると共に、来校された方や生徒の皆さんが芸術に触れる機会になればと考えています。
また、校内行事や地域・近隣小学校などの依頼を受けて書道パフォーマンスにも取組んでいます。パフォーマンスの企画を練る中で、話し合いを重ね互いの役割を分担し、先を見通して準備が行えることや、発表の場での出会いと感動の体験はなにものにも代え難く、部活動の大きな柱となっています。 

福知山市や地域の行事でパフォーマンス披露の予定や中丹府立学校文化祭を始めとする文化祭や展覧会での作品展示も予定されています。日々の活動を充実させ、個々の技術の錬成とチームワークの向上を目標に進んでいきたいと思います。
  

 

大会結果・活動報告等

書道部
2016/05/20

「森の京都 福知山」のぼり旗 作製

Tweet ThisSend to Facebook | by 福知山高校管理者
平成28年度をターゲットイヤーに展開されている「森の京都 福知山」に向けて、各種の事業が展開されています。その事業展開にあたり、市民への周知及び各種イベントでの活気と賑わいづくりに資するための、のぼり旗題字の揮毫を依頼されました。
3月19日には「森の京都博」のプレイベントとして「森の京都ハーモニーコンサートin福知山」が開催され、その中で書道生徒が揮毫したのぼり旗や横断幕のお披露目がありました。
今夏から、いろいろな場面で市民の皆さんにもご覧いただくことになると思います。

                  
12:40
2016/05/20

JR福知山駅とのコラボレーション(春)

Tweet ThisSend to Facebook | by 福知山高校管理者
毎年行っているJR福知山駅との駅装飾コラボレーション、今年度の第1弾です。
絵画表現は美術部、書を書道部が担当しました。
今回は春の表現です。今年度は夜桜をテーマに描かれた画面に、蘇軾の「春夜」を揮毫しました。
漢詩の中でも知名度の高いものを選んだので、作品の前で口ずさんでもらえたらと思います。
作品は3月下旬から4月20日頃まで展示されました。
毎回楽しみに待っていてくださる方もあると聞き、今後の作品作りにもますます気合いが入ります。

                      
12:40
2016/05/20

第7回高校生合同チャリティーコンサート

Tweet ThisSend to Facebook | by 福知山高校管理者
「一時の募金よりも、被災地の現状に興味を持ち続けること、そして行動し続けること、それこそが被災地から離れた福知山にあって私たちができること、すべきことである。」という信念のもと、先輩達が続けてきたチャリティーコンサートでの書道パフォーマンスに、今回も取り組むことができました。
今回は企画が進む最中に熊本の地震も起こり、九州の被災地に向けても発信していこうと、「~東北・熊本への想いをのせて~」とサブタイトルがつけられました。
テーマがはっきりしているがゆえに、想いを言葉や動きにのせていく難しさを味わいながら、パフォーマンスを作り上げました。
今回は、4月に入部した高校1年生と附属中学1年生が炎天下の中、緊張のデビューを果たしました。

           

                     

                             
12:40
2016/05/20

由良川「水害に強い地域づくり」推進式典

Tweet ThisSend to Facebook | by 福知山高校管理者
去る3月26日(土)大江町総合会館において、「由良川『水害に強い地域づくり』推進式典」が開催されました。
平成16年の台風23号、平成25年の台風18号、26年の豪雨災害をふまえて「総合的な治水対策」が進められているなかで、改めて水害による被災者に鎮魂の意を表し、さらに水害に強い地域づくりを推進していくために開催されたものです。
書道部は式典の中で地元自治会や小学生による「期待の言葉」に続いて、書道パフォーマンスを披露しました。
私たちのふるさとと共にある由良川に改めて目を向け、その意味や役割を考えながら、式典にふさわしいパフォーマンスとなるよう構成を練り上げました。
当日は広く府内の各地域の方々にも見ていただくことができました。
作品はその後も会場や市の施設で展示していただく予定です。

                         
                          
12:40
2015/12/21

今年度の活動(11月まで)

Tweet ThisSend to Facebook | by 福知山高校管理者

【新入生歓迎会   4月10日】
例年同様、歓迎の気持ちを込めてパフォーマンスを披露しました。今年は附属中学生も見に来てくれました。書道部からのメッセージは届いたでしょうか。
   

【七高合同東日本大震災復興支援チャリティーコンサート   5月17日】
福知山市と綾部市の7つの高校が集まってのチャリティーコンサートも今回で6回目を迎えました。書道部は第1回から連続して参加してきました。このチャリティーコンサートでのパフォーマンスは書道部の活動の中でも特別な意味合いを持っています。毎回、どのようにメッセージを伝えたらよいのか真剣に考えて言葉や表現を工夫しています。
今回は他校の演奏にダンスで飛び入り出演も果たし、書道部のパワーを存分に発揮しました。
     

【てるてるコンサート   6月7日】
本校吹奏楽部主催のコンサートに賛助出演しました。同じ学校で共に頑張っている文化部仲間として、互いに切磋琢磨しあえる大切な機会です。
 


【指導者・生徒講習会   8月10日】
京都府高等学校文化連盟書道専門部主催、第1回指導者・生徒講習会に参加しました。今回は「仮名作品・漢字作品制作のポイント」をテーマに、講師の先生方から実技指導をしていただきました。他校の書道部員に出会い、作品制作の場を互いに見合う機会は限られています。今回は今制作している作品も持参し、講評もしていただきました。今回学んだことを生かして、京総文に向けての作品づくりに励みたいと思います。


【JR福知山駅装飾コラボレーション】
毎年行っているJR福知山駅コンコース内での作品展示、今年度は夏の装飾からスタートしました。今回のテーマは「涼」、毎回テーマだけを伝えて描いてくれる美術部の絵とのコラボレーションもとても楽しみです。芭蕉の句にゆったりと泳ぐ金魚、駅を訪れた方々に涼を届けられたでしょうか。


【福高祭(文化祭)   9月7日・8日】
2日間を通して2階渡り廊下での作品展示と、7日には第2体育館横での書道パフォーマンスを行いました。3学年揃っての発表はこれが最後となります。校内での発表ですが、一番身近な方々に間近で見てもらえる福高祭は気合いも緊張も一番の発表です。
   

 


【秋の交通安全運動スタート式   9月20日】
福知山警察署から依頼を受け、秋の交通安全運動のスタート式で高校生による交通安全宣言を行うと共に書道パフォーマンスを披露させていただきました。JR福知山駅コンコースで行われた式に来られていた多くのお客さんに見ていただきました。また、式の後には、来場された方々と一緒に筆で書いた文字を用いたしおり制作を行い、交通安全のための反射材と共に配布をしました。高齢者から家族連れの小さな子どもたちまで、たくさんの方々と直に触れ合いながら、墨や筆を使った文字をアピールすることができました。
なお、パフォーマンスで書き上げた作品は福知山警察署庁舎の外壁に飾っていただき、交通安全啓発に役立てていただくとともに、長らく市民の方々にも見ていただくことができました
   
 

【中丹府立学校文化祭・由良川元気サミット   10月18日】
今年度のテーマを「一字書~文字で伝える~」として、1・2年生部員全委員でそれぞれ一字書に挑戦しました。文字の選択は各自で行いましたが、作品のサイズはあえて抽選で決定し、与えられた空間を生かしてどんな作品にするのか悩み考え書き込んでの完成となりました。選んだ文字や表現にそれぞれの個性が見え隠れしています。
 


【京都府高等学校総合文化祭/第3回指導者・生徒講習会   10月24日】
高文連主催の展覧会です。京都・岡崎にある「みやこめっせ」内、日図デザイン博物館で美術・工芸、写真、書道の3部門合同で行われました。本校書道部からは2名が出品しました。
講評会では講師の先生から1作1作講評をいただきました。今回出品作に選ばれなかった部員も、他校の作品から大いに刺激を受けて帰って来ました。
また、その日の午後、東寺に場所を移動して指導者・生徒講習会が行われました。宝物館で行われている「東寺名宝展」の鑑賞です。残念ながら国宝「風信帖」は展示期間が終わっていたため見られませんでしたが、同じく空海が書いた「弘法大師遺告」(重要文化財)を始めとする寺宝を学芸員の方に解説をしていただきながら鑑賞しました。
 


【新福知山市発足10周年記念式典   11月1日】
福知山市が合併し新しい福知山市になって10年。これを記念する式典に出演させていただきました。オープニングには福知山淑徳高校の和太鼓部、式典のアトラクションとして大江高校ジャズバンド部、最後に本校書道の書道パフォーマンスといった、福知山市の次代を担う高校生が式典を大いに盛り上げました。府内各市町村から多くの来賓がお見えになっていましたが、高校生の町福知山を十分にアピールできたと思います。
当日書き上げた作品は福知山市庁舎玄関を入った正面に飾っていただきました。
また、後日当日の出演に対して福知山市より感謝状をいただきました。
   


【普通科説明会   11月8日】
吹奏楽部と合同でオープニングパフォーマンスを披露しました。福知山高校の元気が中学生や保護者の皆さんに届いて、たくさんの生徒がやって来てくれますように。
 


【小学生への文化の継承事業「高校生と交流しよう」   11月9日】
「高校生『京の文化力』推進事業」の一環として小学生への文化の継承事業「高校生と交流しよう」を開催しました。今年度は惇明小学校を訪問し、1・2時間目の4年生書写の授業では3クラスそれぞれに書道部員が入って授業の補助を行い、4時間目には全校集会で、放送部と書道部が交流会を行いました。放送部はアナウンスや制作番組の披露を行ったり、滑舌練習を小学生と一緒に行ったりしました。書道部は惇明小学校の校訓をもとにした書道パフォーマンスを行いました。授業でのアドバイス、お手本を黒板に書くこと、パフォーマンス……と、すべて人に伝えることだと気付き、その難しさと楽しさをたくさん味わうことのできた一日でした。
     
    
   


10:10

書道部 大会結果・活動報告など

【平成26年度 第10回 福知山高校 文化・芸術展】
日時:2月7・8日 場所:福知山市厚生会館
書道部にとって年間最大の展覧会となります。一年の取組の成果の集大成とすべく準備してきました。当日は、多くの方にご来場いただき講評をいただきまして有難うございました。1年間のゴールであり、また次へのスタートとなる展覧会になりました。
    
隷書(れいしょ)体は、全体のバランスを保って    部員同士で自分たちの作品を鑑賞しました。
書き上げていくのが本当に難しい作品です。

             
             漢字仮名交じりの書にも挑戦しています。

   
全員で講評会を行いました。             大きい作品は会場のステージ上に展示しました。  
                              お客様も足を止めてご覧いただいていました。

【第30回京都府高等学校総合文化祭】
日時:10月25・26日 場所:日図デザイン博物館(みやこめっせ内)
京都府内の高校の作品を鑑賞する機会となるため、美術部・写真部と共に1・2年生部員が会場を訪れました。他校の熱心な取組や完成度の高い大作に触れ、今後の作品づくりのヒントや意欲を持ち帰りました。

【姉妹都市島原市友好親善訪問団歓迎式】
日時:11月8日 場所:福知山市役所玄関
福知山市と姉妹都市である長崎県島原市の友好親善訪問団の来福に際して行われる歓迎式の演奏に合わせて歓迎の書道パフォーマンスを披露しました。島原市長を始めとする市民の方々約100名の間近でのパフォーマンスは大変緊張しましたが、みなさんに喜んでいただくことができました。作品は島原市に贈られ、島原市でのイベントにも使っていただき、写真に撮って小さくしたものを島原市庁舎に展示していただきました。




【普通科説明会】
日時:11月9日 場所:本校第2体育館
中学生および保護者を対象に行われた説明会のオープニングとして吹奏楽部と合同のパフォーマンスを行いました。受験生となる中学生に「前進」と呼びかけ、失敗を恐れず挑戦することを表現しました。
  



【 「高校生『京の文化力』推進事業」奨学生への文化の継承事業「高校生と交流しよう」】
日時:11月10日 場所:福知山市立大正小学校
1・2時間目は6年生書写の授業に補助として参加しました。2クラスそれぞれに別れ実際に筆を持つところを見てもらい、小学生の書いた文字や筆の持ち方・姿勢、文字の配置などについてアドバイスを行いました。部員が筆を持って範書を行う場面では周りに人垣ができ「お~」という歓声が上がりました。次第に打ち解けながら、書写作品の完成に向けてアドバイスができました。
4限目は体育館において放送部と合同の交流会を行いました。全校児童の前でパフォーマンスは小学生の背中を押す気持ちで「前進」の文字を中心に表現しました。質問コーナーもあり楽しく交流できました。
  



【細見地区公民館まつり】
日時:11月15日 場所:福知山市立細見小学校
公民館と小学校が共催される公民館まつりでパフォーマンスを披露しました。元気な笑顔で何事にも挑戦する姿を思い描き、「We can do it!!」の大字を冒頭に据えた表現を行いました。小学生だけでなく保護者や地域の方々にも見ていただきました。質問コーナーでも活発に質問が出され、楽しい交流ができました。パフォーマンスの後には体験コーナーを開き、小筆を用いたしおり作りに取り組みました。たくさんの小学生が体験に訪れ、出来上がったしおりを大切に持ち帰ってくれました。
 




【平成26年度由良川元気サミット&中丹府立学校文化祭】
自分たちの作品を見ていただいたり、他校の生徒と交流したり、他校の発表や作品を見たりして、とてもよい刺激を受け貴重な機会となりました。
    
書道部パフォーマンスでは、太鼓の音のリズムに合わせて、集中力を高め、良い作品が出来上がりました。

 
書道・美術の作品については、各校の部活動顧問が講師となり、その場で講評会が行われました。



【文化祭】
書道部パフォーマンス
 

 
この詩は生徒が作ったものです。なにか大きなものを表現したい思いが込められています。


作品展示
 
廊下に作品を展示しました。字体も様々でいろいろな見せ方があります。なにより趣が感じられます。



【駅装飾コラボレーション「夏の展示」の作品をご紹介します】

JR福知山駅構内において8月13日~17日のお盆期間中に展示されていました。美術部と書道部の共同で仕上げた作品です。美術部が描いた広がる海原の絵をバックに、唱歌「海」の歌詞を書道部が書きました。

  
このような作品展示を、福知山高校の生徒とJR福知山駅で季節ごとに取り組んでいます。今後の作品も是非お楽しみください。




【第11回海フェスタ京都に出演しました】

7月19日から8月3日にかけて「第11回海フェスタ京都」が開催されました。本校書道部は7月20日(日)舞鶴港第2埠頭において、府立工業高校マンボウジャズバンドとのコラボレーションで、書道パフォーマンスを行いました。京都府北部地域の豊富な地域資源を生かした取組の一環として声をかけていただき実現したものです。

当日は本番前に雨が降り始め一時は実施が危ぶまれましたが、マンボウジャズバンドの演奏を聴きながら出番を待つ間に雨も上がり、無事に演技を行うことができました。

今回は屋外の会場で多くの方々に見ていただく絶好の機会ということもあり、作品は2枚一組の構成で、黒い用紙に白や青を用いた絵を描きながら「白波」と大書した作品と、白い用紙に正岡子規の短歌と「夏雲」と大書した作品を書道パフォーマンスで表現しました。

「夏」そして「海」を存分に感じていただけたでしょうか。ちなみに、マンボウジャズバンドの演奏曲目は「The impression that I get」です。
    





↓ 過年度のものは、続きを読むをクリックしてください。