茶道・華道部

【部員数】 
学年
男子
女子
学年計
第3学年
第2学年
第1学年
マネージャー
合計
【活動場所】 生物講義室(華道)  礼法室(茶道)
【活動日】 華道:水曜日  茶道:木曜日
【活動目標・内容】
 水曜日が華道のお稽古日で、池坊 藤田弘子先生に御指導いただいています。自由花を教えてもらい、花材と花器と自分の思いを調和させて生けることの難しさと楽しさを体験しています。同じ花材でも用い方により、個性の違いやその人のセンスが感じられます。
 木曜日は茶道のお稽古日です。裏千家の芦田宗美先生と月見豊子先生に御指導いただいております。礼法室で風炉や茶箱の点前を稽古しています。また夏に行われる体験セミナーでは浴衣で呈茶をします。部員一同楽しみにして稽古に励んでいます。対外的にも京都総合文化祭茶道部門や全国茶道フェスティバルにスタッフとして参加し、他校と交流しながら研鑽に努めています。伝統美にふれ、おもてなしの心を養っていきましょう。 
  
 

大会結果・活動報告等

茶道・華道部
2017/02/02

茶道・華道部の活動について

Tweet ThisSend to Facebook | by 福知山高校管理者
現在部員は2年生1人、1年生3人で、和気藹々とお稽古に励んでいます。茶道は裏千家の芦田宗美先生と月見豊子先生、華道は池坊の藤田弘葉先生に御指導いただいております。
昨年度は中丹文化祭に華道作品(自由花)を出品しました。また、全国茶道フェスティバルでは全国から集った生徒をスタッフとしてもてなし、また交流を深めることができました。
一年間の集大成として、文化・芸術展に向けて稽古に励んでいます。心をこめておもてなしをします。ご声援よろしくお願いします。
    
18:00
2016/01/26

茶道・華道部の活動について

Tweet ThisSend to Facebook | by 福知山高校管理者
2学期から3年生が引退し、現在の部員は2年生3人、1年生1人と少しさみしいです。茶道は毎週木曜日に茶道裏千家の芦田道滎先生、月見豊子先生に御指導いただいています。入学式、卒業式で来賓へお呈茶を行う他、中学生体験セミナーや文化祭、2月の文化・芸術展での「福高お茶会」の成功に向けて、稽古に励んでいます。また、華道部は茶道部と兼部で、稽古日をやりくりして、文化祭と文化・芸術展に向けて自由花を稽古しています。
昨年は由良川元気サミットにて他校と合同でお呈茶をした他、11月に大徳寺黄梅院にて開催された京都府高等学校総合文化祭茶道部門でスタッフとして活動しました。普段一般公開されていないところで、緊張しながらもお点前や受付、案内などを務めました。
また12月の全国高校生茶道フェスティバルでは、開催県生徒としてお呈茶の他、全国の茶道部生徒との交流会の司会も務め、横のつながりを感じることができました。記念講演では冷泉貴美子先生から和歌について学ぶことができ、日本文化について触れ、考える機会を得ることができました。
さまざまな機会をとらえて日本文化やおもてなしの心を学んでいきます。ご声援よろしくお願いします。

 

 


09:58

茶道・華道部 大会結果・活動報告など

茶道部は今年度も中学生体験セミナーや文化祭、文化・芸術展で「福高お茶会」を開催しました。体験セミナーや文化・芸術展では毎年和装でお呈茶をさせていただいています。また、卒業式や入学式では来賓の方々のおもてなしを担当し、毎回、御好評をいただいています。
華道部は、4班編制、4~5人の少人数で「自由花」をお稽古しています。季節によって変化する花材の取り扱いを学び、花器を選び、自分の表現したい世界を創り上げていくことは時には難しいですが、楽しい作業です。作品を見ていただくことができるのは、文化祭と文化・芸術展の2回ですが、一人一人異なる花材と花器で美しい空間を創り出しています。生け方にも個性が感じられます。 
  
「文化・芸術展」の入り口には、色鮮やかで伸びやかに生けられた花たちがお客様をお出迎えしました。また、お茶席には多くの人に来ていただき、日頃の練習の成果を発揮できる機会をたくさんいただきました。

校外に置ける活動として、今年度は11月2日に京都の国際会館で開催された「京都府高等学校総合文化祭茶道部門」において、茶室でお菓子やお茶をお運びした他、受付や案内スタッフとしても活動しました。さらに、12月に京都府公館および府民ホールアルティで開催された「第1回全国高校生茶道フェスティバル」で司会として、全国から集まった高校生の前で、ブロック代表校の実践発表や記念講演の司会を務めた他、他府県からの参加高校生への記念呈茶にスタッフとして参加しました。これ以外にも「生徒・指導者講習会」、「由良川元気サミット」などに積極的に参加し、他校との交流を通じて大いに刺激を受け、日々研鑽に努めています。