お問い合わせ

京都府城陽市立青谷小学校
〒610-0113
京都府城陽市中向河原1番地
TEL 0774-52-0040
FAX 0774-52-4320
E-MAIL:aodani-es@kyoto-be.ne.jp
 

カウンタ

COUNTER1099667
(2012年7月27日開設)

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

QRコード

携帯でもこのページを
見ることができます。
下のQRコードを携帯で
読み取ってください。
 

今日の給食


2021/05/06

5月6日(木)の給食「こどもの日&八十八夜献立」

| by 校長
5月6日(木)の給食
ごはん
牛乳
具だくさんみそ汁
鶏肉のてん茶焼き
かしわ餅

<こどもの日&八十八夜献立>

<名前の通り具だくさん>

<夏も近づく八十八夜〜♪>

<こどもの日デザート>

「具だくさんみそ汁」
油揚げ、豚肉、もやし、キャベツ、人参、玉ねぎ、青ねぎ(城陽産)のみそ汁です。名前の通り、具材がたっぷり入っているので、立派なおかずになります。具材から出た旨味と、出汁、合わせみそが一体となって、大変美味しくいただきました。

「鶏肉のてん茶焼き」
今日の鶏もも焼きには、一見すると青のりの様な緑のつぶつぶが着いています。正体は、てん茶です。てん茶は抹茶の原料となるお茶のことで、てん茶を石臼でひくことによって、抹茶になります。てん茶は漢字で碾茶と書きます。「碾」という文字には、石臼で碾(ひ)くという意味があります。さて、お茶を使って鶏肉を焼くと美味しくなるのでしょうか。てん茶には旨味成分であるテアニンが多く含まれています。美味しいだけでなく、リラックス効果もあるそうです。3年で学習する「茶つみ」という歌があります。夏も近づく八十八夜…から始まるあの歌です。八十八夜は立春から数えて88日目のことで、今年は5月1日でした。てん茶焼きは、八十八夜にちなみ、茶葉を使用したメニューです。

「かしわ餅」
デザートはこどもの日にちなんで、かしわ餅です。かしわ(柏)の葉は、新しい芽が出るまで落ちないというところから、縁起が良いとされてきたそうです。お餅にかしわのさわやかな香りがついていて、美味しくいただきました。

14:30 | 今日の献立