自宅(じたく)学習課題(かだい)&ホームページ集』について』            
 ( ↑ をクリックしてください。)

自宅(じたく)学習するときに活用(かつよう)できる課題(かだい)や参考(さんこう)となるホームページを紹介(しょうかい)しています。
もっと勉強したい、勉強スイッチが入らないと思ったときに活用(かつよう)してみてください。
先生方が課題を探したり、作成したりするときのヒントにもご活用ください。

                                       (更新日:令和2年5月21日)    


 

 
現在までの訪問者数1061562
◆令和2年度 中丹の教育
『共生社会の実現を目指して』
↓画像をクリックいただくとPDFで見ることができます。
(A3両面で印刷し、活用ください。)


 
                 
                      ↑ 詳しくはここをクリックしてください。



                  
 



 

中丹管内の学校紹介コーナー

加久藤(かくとう)火山灰の露頭
 福知山市立有仁小学校西側、山の斜面に、※加久藤(かくとう)火山灰層が見られます。京都府内で唯一確認できる、非常に貴重な地質資料です。

 ※加久藤火山灰・・・ 約33万年前の大噴火により加久藤盆地(鹿児島県から宮崎県にまたがるカルデラ性盆地)から飛来した火山灰

絵文字:マル過去に紹介した学校

 

京都府教育委員会相談窓口等

性格・行動・友人関係、心や体の発達・学業、
不登校やいじめ、しつけや子育てなどに
ついてのご相談を受け付けています。
電話           メール
  

ネットいじめを発見されたときは、
こちらから通報してください。



京都府教育委員会へのご意見箱
ご意見箱京都府の教育に関するご意見・ご提案をお寄せください。
 

 上記の視点から授業を組み立てた。
 小学校では、表を中心に比例しているかどうかを判断している。それに対して中学校では、グラフを中心に思考することが多いことから、中学校との連携、つなぎの学習を意識した授業として、グラフにも目を向けさせ、判断基準に組み込むことにした。
 そこで、2量が比例しているかどうかについて考えさせるときには、表だけでなく式やグラフに表せないか、グラフを見て比例関係にあることに気付くことはできないか、など1つの事象に対して多様なものの見方ができるようにと考えた。
 したがって授業では、身の回りにある変化する2量を児童自身に見付けさせ、その2量が比例しているかどうかについて事前に作問させ、それを使うことにした。本時の目標は、伴って変わる2量が比例しているかどうか考え、判断することができるようにした。
 問題は画面に示している4題。児童には、チャレンジしてみたい問題から解くよう指示した。すると、既習問題と違い、問題に数値が示されていないため、作問グループに対する質問が次々と出された。「数が決まっていないからどうしよう。」「比例しているかどうかは、どうやって調べればいいのかな。」「表にして、きまりを見付けてみよう。」など、問題解決に必要な情報を得ようと作問したグループに尋ねたり、疑問に思ったことをつぶやいたりしていた。作問したグループは、みんなの考えを聞いた後、事前に作っておいた解答を発表した。そのとき教師は、表だけでなく式やグラフで表現することができているグループに対して、比例しているかどうかがより分かりやすいねと押さえた。多くの児童は、表から比例関係について判断していた。その中に、式に表したり、グラフをかいたりしている児童もいた。普段から解答を発表するときは、自分の考えの道筋を説明書としてまとめさせている。
 これは、「紙の枚数と重さ」についての説明書である。この児童は、表、きまった数、グラフを根拠に説明書を書いていた。
 これは、「鉛筆の本数と重さ」についての説明書である。この児童は、表、きまった数、グラフだけでなく、さらに式を加えて説明書を書いていた。
 「紙を折った回数と四角形の数」の問題では、多くの児童がこのような表と説明書を書いていた。
 その中でも、このような表と指数関数のようなグラフを自分で作った児童もいた。発表では、「こんなグラフになりました。右肩上がりのグラフになったけど、1から出発していて、直線になっていないので比例していません。」と×印を付けていた。すると聞いていた児童からは、「わー、すごい。」「へえー。」と驚きの声が上がった。

 振り返りには、「グラフ、式、表」の3つで考えるととても分かりやすい、文字と式の単元で学習したことを使うと、比例の式を文字式でも表すことができる、結果を聞いている時に説得力があっておもしろかった。」などと書いていた。
 授業を振り返ると、児童自らが作問をすることで学習意欲が向上した。比例する問題と比例しない問題の両方を解くことを通して、より比例関係にある2量の特徴への理解が深まった。
 課題として、児童にとっては、適切な作問をすることが難しいため、事前に十分、各グループへのアドバイスが必要であると感じた。