作 詞:粂川光樹

作 曲:堀口謹治

合 唱:合唱団「いろかん」

ピアノ:茨木亜香値

ベース:長浦亮公

録音日:平成26年5月17日

録音場所:鴨沂高校音楽室

 
 
 
【  現在改築工事中の荒神口校地の、かつての様子をご案内します。  】

正門

 

 正門は京都御苑の東、寺町通りに面しています。

 鴨沂高校前身の「新英学校及び女紅場(にょこうば)」は宮家である旧九条殿河原町邸に建てられたので、現在の場所に移転する際、九条家ゆかりの旧校門も移築しました。

「歴史」を感じる門です。

本館(本館正面)

 

 昭和10年に完成したコの字型の建物で、教室や職員室のほか講堂、食堂もこの校舎の中にあります。

 

講堂(オープンスクールの様子)

 

 「講堂」のある学校は少ないのではないでしょうか。

 昭和12年には、ヘレン・ケラー女史が来校し、ここで講演会が開かれました。

 現在は、式典をはじめ、文化祭のステージ発表、軽音楽部・演劇部などのクラブ練習等、色々な場面に使われています。

図書館棟

 

 校門を入ってすぐ右手に図書館があります。

本館校舎とは別棟の独立棟で1階に図書閲覧室、2階に会議室・ビデオ編集室・カウンセリングルームがあります。

 

図書閲覧室

 

 約2万冊、書庫には開校以来の貴重な資料も含めて約4万冊の蔵書を有し、間伐材を活用した木の香りあふれる机や椅子、書架が明るい雰囲気をかもしだしています。

2010年度の生徒1人当たりの貸出冊数10.3冊と、大変活発に利用されている図書館です。

旧体育館

 

 本館校舎とともに建てられた古い体育館ですが、改修された内部のフロアは、外観に比べて明るくきれいです。

 全日制・定時制の体育の授業やフェンシング部・卓球部・剣道部の練習に使われています。

 

新体育館

 

 食堂と同じ時期に、北運動場の旧体育館に加えて、新たに体育館が建てられました。

ここではバスケットボール部、バドミントン部 、バレーボール部(女子)が練習に励んでいます。

プール

 

 日本で最初の室内温水プールの授業がここで始まりました。

現在は、水泳部(女子水球)が毎日練習に励んでいます。

 
 

和室

 

 校舎の東側、クラブボックスが立ち並ぶところに、別棟で和室があります。

「靴脱ぎ」や「縁側」「床の間」「襖」「障子」など、日本の伝統文化を体感できます。

炉が切ってあるので、茶道部は外部からお茶の先生に来てもらって本格的な練習をしています。

 高大連携授業「日本の伝統芸能」や「茶道体験」の授業でも使用するほか、校内で合宿をするクラブが宿泊することもあります。

ウィーンの森

 

 玄関の南側にある木々が繁った庭。

ベンチに座ってお弁当を食べたり、放課後に友達とおしゃべりしたりと、生徒たちの憩いの場になっています。