〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER368888

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 
図書室から本のこと、読み聞かせのこと、言葉にかかわる話題などお伝えします!!
 

日誌

図書室からのお知らせ >> 記事詳細

2020/01/27

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N

1年生
「くだものだーれ」
作)よねず ゆうすけ    講談社

 

くだものにかくれんぼしてるのは、だーれ? 
だれがかくれているのか、みつけられるかな? 
あてっこ遊びが楽しいしかけ絵本。

「ねずみのよめいり」
作)いもと ようこ      金の星社
 
 

せかいで一番えらいのはだれ?かわいい娘のために、世界一のお婿さんをさがし始めたねずみの夫婦。
太陽や月、雲や風などに会いますが、みんな「自分が一番ではない」と言います。結局、娘が結婚したのは…。

昔話の定番のようなお話だったのですが、そういえば 最近はあまり聞かれない気がします。

2年生
「まめざらちゃん」
作)あさの ますみ     白泉社

まめざらちゃんは、ちいさなかわいいお皿。
まわりのお皿のなかまたちのように、ごちそうを盛りつけられてみたいのに、いつもおしょうゆや調味料ばかり注がれて、しょんぼりの毎日。
でもある日、お皿の持ちぬしのダダさんのところにお嫁さんがやってきて……。

 

絵本をめくってすぐに登場するのは、あたたかそうなラーメン。
それにつづいて、ナポリタン、シチュー、親子丼。
みずみずしいツヤ……ほわほわとたちのぼる湯気……
そして、おいしそうにほおばるダダさんの表情……
読んでいるだけで、香りまでただよってきそうなほどリアルなイラストが……うっ、胃袋直撃!

それとは対照的に、ダダさんやお皿たちのキャラクターはかわいらしくデフォルメされていて、そのコントラストも魅力的な絵本です。

くわえておもしろいのは、背景のイラストや食卓にならんだメニューの種類に、ダダさんのリアルな生活が感じられるところ。
なんてったって、パスタだの、フライドポテトだの、ラーメンだのが並んでいたダダさんの食卓に、結婚してはじめて山盛りのサラダが登場するんですから!
それに、実は結婚する前からピピさんの存在を感じる小物があちらこちらに。
語られていないふたりの時間がそうしてイラストに込められているのも、絵本の楽しみのひとつです。

3年生
「おならをならしたい」
作)鈴木 のりたけ     小学館

 

おならの音を出すのって、意外とむずかしい。
なぜ音が出るのか?なぜ「おなら」というのか?等々、子どもたちにとって、たまらなく興味深い話が展開していきます。
しかも、ただおもしろいだけでは終わらないのがこの絵本。読み進めていけば、おならの出る仕組み、音の正体など、いつの間にかいろいろなことがわかってしまいます。


4年生
「1つぶのおこめ」

作)デミ   光村教育図書 

けちな王様をこらしめよう! 算数のひらめきで村を救った女の子のお話。
1つぶ、2つぶ、4つぶ、8つぶ……。30日目には、何つぶ? 
インドの昔話を細密画風に描いた楽しい絵本。

 

倍にしていくと30日で全部で10億以上になるとは!!
計算上ではそうなのですが、大人でも ピンとこない壮大な数。



左右に広がる大パノラマのイラスト(256とうのゾウが米袋を運んでいる)に「えーっ!」と 驚きの声が上がりました。


5年生
「みどりのふね」
作)クェンティン・ブレイク     あかね書房

お屋敷の庭で、植木を刈りこんだ「船」をみつけたぼくたちが、さっそく乗船してみると……。少年の日の夏の輝きを描いた大型絵本。

 

季節外れではありますが 想像の力で冒険の世界に入り楽しめる、そんな わくわく感が素敵だなぁ、と思い 選びました。
空想の世界で遊ぶためには、遊んでいる自分を見つめるもう一人の自分の存在を無視しなければ、夢中になれません。
幼い子どもでも、なかなか恥ずかしがってできない子もいます。
大人でも、どっぷり浸かれるトリティーガさんのような人も入るんですね。
主人公姉弟のジャングル探検が、世界航行へとお話しが飛躍していくプロセスが楽しいです。

6年生
「はるのカスタネット」
作)よしだ あつこ    鈴木出版

 

作者のよしだあつこさんは読み手のいとこにあたる方で 日吉町の出身です。 
今日は 彼女の絵本を持ってきて みんなに紹介しました。
よく知ってもらっている絵本もありました。
どれを読んで欲しいか聞いてみたら 一番多かったのが「はるのカスタネット」でした。

「けむしのおなら」
作)松村 正希    京都新聞出版センター  



あかちゃんの可愛らしいおならに始まって、ゴリラ、サイ、ゾウ、カバと、だんだん大きな動物にスケールアップしてゆき、おならを擬音で描写(これがまた可笑しいこと!)
文字サイズもボリュームアップしていき、いよいよってとこで 最後はちっちゃなけむしのおならは?
09:31 | 読み聞かせ