〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER258862

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 
図書室から本のこと、読み聞かせのこと、言葉にかかわる話題などお伝えします!!
 

日誌

図書室からのお知らせ >> 記事詳細

2019/06/10

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N
1年生
「かたつむりののんちゃん」
作)高家 博成     童心社
 

ポツン、ポツン、雨が大好きなかたつむりののんちゃんはお散歩に出かけます…。
そろそろ梅雨入りの 今の季節にぴったりな絵本です。
かわいいお話ですが かたつむりの生態もわかりやすく書かれています。
「にゅー」「にゅにゅにゅー」とか楽しいオノマトペもいっぱいあって 喜んでくれたようでした。

同じシリーズでもう一冊
「てんとうむしのてんてんちゃん」
作)高家 博成    童心社
 

天敵カナヘビがやってきた!でもぼくたちてんとうむしにはひみつの武器があるんだ!



てんとうむしの種類もたくさんいることや 天敵に合うと苦い汁をだして逃げることなど 1年生のみんなは知らなかったようです。
でも「さわったら おしっこする」って言った子がいました。
体験と知識が結びついたでしょうか。

2年生
「わたしのものよ」
作)マルー   WAVE出版



わたしは猫の「サカナ」。絵の仕事をしているリリさんと、犬のゴマと暮らしてる。
リリさんのにおいがするまくらも、うすぐらいタンスの中も、気持ちの良いベランダも、近所のタンポポのはらも、あたたかいリリさんのおひざも、全部わたしのもの。



猫と暮らしている人なら「そうそう!」と嬉しくなる絵本です。
2年生にはお話がシンプルすぎたかなぁ・・・と思いましたが 絵がとても美しく、生命力に溢れ 見ているだけでも素敵な絵本なので じっくり絵本を見てくれていたようでした。

3年生
「なわとびゲーコッ」
作)花里 真希     家の光

 

保育所で縄跳びできないのは自分だけなので 一生懸命練習しますがなかなかできません。そんなとき 田んぼのカエルが「ゲーコ、ゲーコ」と鳴いて 練習を手伝ってくれます。

字も小さくて雑誌に載っているお話なので 朗読を聞いてもらいました。
ノリよく 集中して聞いてくれたので 読んでいても楽しかったです。

4年生
「こびととくつや」
作)カトリーン・ブラント    平凡社

 

働き者なのに貧乏になってしまった靴屋さん夫婦が、最後に残った一足分の靴の皮を置いて一晩経ったら、靴が出来上がっていました。
靴屋さんの驚きと、感謝の気持ちがわかりやすく描かれている一方で、小人たちも描かれるときには小人たちにスポットが当てられています。

電子黒板に絵本の画像を映して 音楽付きで読みました。

最近の小学生は 昔話を知らない、という話を聞いたので グリム童話の中から選びました。
このお話のほかに「赤ずきんちゃん」や「ブレーメンの音楽隊」などがグリムの作であることを学校にある絵本と共に紹介しました。

5年生
「みえるとか みえないとか」
作)ヨシタケ シンスケ     アリス館

 

宇宙飛行士のぼくが降り立ったのは、なんと目が3つあるひとの星。
普通にしているだけなのに、「後ろが見えないなんてかわいそう」とか「後ろが見えないのに歩けるなんてすごい」とか言われて、なんか変な感じ。
ぼくはそこで、目の見えない人に話しかけてみる。目の見えない人が「見る」世界は、ぼくとは大きくちがっていた。



人との違いを 単純におもしろがれる気持ちがいいですね。
深い意味をたくさん含んだ絵本ですが、楽しんで読めます。
みんなが大好きなヨシタケさんの絵ですが 細々と描かれています。
電子黒板に見やすく映したので みんなでじっくり見られて良かったと思います。

6年生
「のみのかわでつくった王さまのながぐつ」
作)高橋 五山    童心社



ものずきの王様が、自分の長ぐつは何の皮で作ってあるかをあてた者に、
王女をやるというおふれを出しました。鬼があててしまい…。

 

6年生ですが、「蚤」を知らない子もいました。
あんな小さな蚤の皮でながぐつを作る、ということ イメージできたでしょうか?
昭和31年発行のとても古い紙芝居です。
「ばかげたことをすると、とんでもないしくじりをしでかす」という教訓を盛り込んでいるそうですが、子どもたちにそんなことが伝わったかどうかは・・・わかりません(笑)



終わってから 手遊び歌で気分転換。6年生だけど にこにこしながら一緒にやってくれたので楽しかったです。


09:13 | 読み聞かせ