お問い合わせ

京都府城陽市立青谷小学校
〒610-0113
京都府城陽市中向河原1番地
TEL 0774-52-0040
FAX 0774-52-4320
E-MAIL:[email protected]
 

カウンタ

COUNTER1302194
(2012年7月27日開設)

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人

QRコード

携帯でもこのページを
見ることができます。
下のQRコードを携帯で
読み取ってください。
 

緊急のお知らせ(学校の様子はこの下にございます。)

記事は存在していません。
学校の様子
学校の様子
12345
2022/12/05new

絵本とおはなしの会(12月)

| by 城陽市立青谷小学校サイト管理者
12月5日(月)の中間休みに、「絵本とおはなしの会」に所属する読書ボランティアの皆さんが、読み聞かせをしてくださいました。

「もみじのてがみ」(作:きくち ちき)と 「よあけ」(作:あべ弘士)の2冊です。最初の「もみじのてがみ」は、もみじの手紙をもらったネズミが仲間とともに紅葉を探しにでかけるお話です。赤い色を見つけても、なかなか紅葉にはたどり着きません。「よあけ」は、極東シベリアの原生林を流れるビキン川を舞台に、大自然の中でむかえる夜明けを描いた絵本です。2冊とも、息をのむような美しい絵が印象的でした。

3時間目には、1年生の教室で、読み聞かせをしてくださいました。

読書ボランティアの皆さん、子どもたちに素敵な本や作者との出会いをつくっていただき、ありがとうございます。

<ネズミたちは紅葉をさがしに>

<絵の美しさに引き込まれました。>

12:00 | その他
2022/12/02new

あきパーティー(1年 生活「あきとなかよし」)

| by 城陽市立青谷小学校サイト管理者
12月2日(金)、1年生が「あきパーティー」を開きました。

生活科の「あきとなかよし」の学習で、春や夏と比べながら秋の自然や生き物をさがしたり、みつけた秋をじっくりと観察したりしてきました。その後、見つけたもので作品を作ったり、遊んだりして楽しんできました。

今日は、いろんな方を招待しての「あきパーティー」です。作った作品やゲームを紹介して、みんなで楽しみました。みんなで協力して大変楽しいパーティーにすることができたと思います。

<パーティー会場はこちらです。>

<どんぐりつかみ大会>

<はっぱのさかなつり>

<どんぐりやじろべえ>

<はっぱでへんしん>


13:05 | 1年
2022/12/02new

今月の本(12月)

| by 城陽市立青谷小学校サイト管理者
図書室前の「今月の本」コーナーが更新されていました。
濱田先生12月のおすすめ本は、「モンスター・ホテルでクリスマス」(作:柏葉 幸子 絵:高畠 純)です。

今年もクリスマスシーズンになりました。図書室にもクリスマスをテーマにした本がたくさんあります。「モンスター・ホテルでクリスマス」は、クリスマスイブにモンスターホテルで起こった素敵なできごとのお話です。濱田先生によると、「じゅうじかが苦手なモンスターたちがクリスマスのきせきをおこせるのでしょうか。」とのことです。どんなことになるのでしょう。わくわくしますね。ぜひ手に取ってみてください。

水曜日と金曜日は、濱田先生に読書の相談ができる日です。

<モンスターがクリスマスに大活躍>

<濱田先生の紹介文です。>

<他にもクリスマスの本がたくさん>


11:50 | その他
2022/11/30

水とわたしたちのつながり(4年 総合的な学習の時間)

| by 城陽市立青谷小学校サイト管理者
11月29日(火) 4年生が「水とわたしたちのつながり」について学習しました。講師はサントリーの小川先生です。

小川先生が出題される問題に手元のカラーカードで答えたり、各セクションで学んだ後に示されるミッションを、みんなで考えながら、「水とわたしたちのつながり」について探究していきました。

水は地球上で循環していて、わたしたち人間の生活が水環境に大きな影響を与えることや、水は自然によって、長い時間をかけてはぐくまれることがよく分かりました。

豊かな水をはぐくむ健やかな環境を保全するために私たちができることについて、一人一人しっかり考えることができました。小川先生、ありがとうございました。

<「雨がきれいな地下水になるまでに、どの位の時間がかかると思いますか。」>

09:25 | 4年
2022/11/30

みんながもっているプレゼント(6年)

| by 城陽市立青谷小学校サイト管理者
11月29日(火) 6年生で京都府教育委員会「知的好奇心をくすぐる体験授業」を実施しました。講師は、京都大学准教授の竹之内 沙弥香先生です。

「みんながもっているプレゼント」をテーマに、人が生まれながらにしてもっているプレゼント、いのちを生かしているもの、またそれらを大切にするために自分はどうしたいかについて考えました。

最後に「みんながもっているプレゼント(いのち、からだ、こころ、まわりの人、今という時間)を大切にしよう。あなたとまわりの人を大切に!」と語りかけられました。子どもたちは真剣にお話を聴き、考えを深めていました。

竹之内先生、貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

<「みんなはプレゼントをもっています。」>

09:15 | 6年
12345