〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER180181

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 

お知らせ

本校の地域とともにある教育実践について発信していきます。
 

美山学 地域連携コーディネーター通信


2019/03/04

ビジターセンターって何だろう?

| by 美山学
京都丹波高原国定公園ビジターセンターに行ってきました

 5年生は、平屋の「道の駅ふれあい広場」にある「京都丹波高原国定公園ビジターセンター」へ見学に行きました。

 ねらいは、美山町の観光業について理解すること、観光の実態を知ること、美山のすてきを見つけることなどです。
 
 去年の4月にリニューアルされた建物の中は明るくて広々としています。初めて中に入った子も多かったようです。
 2階にはセミナールームとミーティングルームがあります。
  
 会議や視察、イベントなどで使用されるセミナールームで、ビジターセンターでのお仕事についてお話を伺いました。
 美山町の人口や広さ、そこへ来られる観光客の方の話など、穴埋め問題のようにして問いかけられた子どもたちは案外よく知っています。近い数字を答えたり、ずばり言い当てたりしていました。
 
 美山を訪れる観光客の数は、外国の方も合わせて約90万人とか、あまりに多くて想像がつきませんが、美山町の人口約3,800人とすると、その200倍以上の人が訪れていることになります。それでもその観光客の方が、美山に滞在して使うお金の金額は平均して1人当たり1,000円未満、京都市内の約19,000円と比べると20分の1ほどにしかならないそうです。こういったデータをもとに、美山町の魅力を発信したり、観光のためのPRなどされているそうです。
  
 ビジターセンターには観光案内だけでなく、展示のスペースもあります。季節によって国定公園内のお祭りや、アユについて、今は囲炉裏と暮らしについての展示がされていました。
 このほかにも、クマタカやニホンカモシカの標本があったり、昔の生活の道具があったり、近くで見ることができます。ミュージアムショップにはお土産もありました。
  
 帰り際に、「また、今度は家族と一緒に来よう!」と言っている子もいました。
 美山の観光の窓口であるビジターセンターでのお話、丁寧にお聞かせくださった高御堂さん、込田さん、ありがとうございました。
09:00 | 5年