〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER380585

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 

お知らせ

〇2学期が始まりました。
保護者や地域の皆様には、何かとお世話になりますがよろしくお願いいたします。

○2学期の予定
 ※新型コロナウイルスの感染拡大により、延期・中止等の変更をすることもあります。
8月18日(火)2学期始業式
8月19日(水)給食開始
8月20日(木)通学班会
8月26日(水)色別集会
8月28日(金)~29日(土)5年シーワールド(国立若狭湾青少年自然の家)
8月31日(月)5年代休日
9月 4日(金)5年ホームステイ説明会(中止)
        4年グリーンワールド説明会
9月 9日(水)運動会予行
9月12日(土)運動会
9月13日(日)運動会予備日
9月14日(月)代休日
9月18日(金)6年修学旅行説明会
9月24日(木)~25日(金)4年芦生グリーンワールド
 (京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション芦生研究林・芦生山の家)

 

家庭学習応援サイト


 ・家で楽しむためのコンテンツサイト集です。学習だけでなく、芸術や工作、運動のことなどが見られます。


家庭学習支援サイトを紹介します。ご活用ください。

                    
 ・文部科学省 子供の学び応援サイト  
                

 ・京都府教育委員会からの挑戦状

            
 ・光村図書【臨時休業中の児童生徒に向けた学習支援コンテンツ 】   
  ※国語科教科書の音読が聞けたり、ワークシートが使えたりします。


 ・啓林館【スマートレクチャー】
  ※算数科の動画を使った授業が見られます。


 ・各教科の動画コンテンツが見られます。
 

新着情報

 

パブリックスペース

運動会(いろいろ)09/18 12:56
運動会(リレー)09/17 11:23
運動会(玉入れ)09/16 13:18
運動会(障害走)09/16 11:01
運動会(徒競走)09/15 12:13

美山っ子日記


2019/12/24

2学期終了 お世話になりました。ありがとうございます。

| by 美山小

「誇れる自分、自信をもって進もう」

 比較的暖かい12月でした。80日間、おかげさまで子どもたちは元気に学校生活を送ることができました。大きな事故や怪我もなく2学期を終えることができ、ほっとしているところです。保護者・地域の皆様には、さまざまな場面でご協力ご支援いただきました。ありがとうございました。
 2学期の始業式で、「日々の学校生活を大切に、行事や取組を通して、お互いに学び合い、お互いの成長を喜び合い、お互いに良いところが認め合える仲間づくりが大切です。1学期に学んだことを土台にして、2学期こそが『チーム美山小学校』の力の見せ所です。」と子どもたちに話をしてスタートしました。
 9月22日の運動会に始まり、市陸上運動交歓記録会、駅伝大会(南船、キッズ)、学習発表会、人権旬間の取組(人権まとめ集会)、総合的な学習の時間の取組など、教室での学習とともに地域にも出かけ、多くのことを学ぶことができました。
 5年生は、美山町内の12家庭に滞在して、地域の方と触れ合い、美山の生活を体験させていただく「ホームステイ」に取り組みました。農作業や家事体験をさせていただいたり、美山の農業についても語っていただいたりして、交流を深めることができました。子どもたちにとって、新たな気づきのある貴重な取組にすることができました。
 子どもたちは、仲間と考え悩みながら、諦めずによく頑張りました。そこには、楽しさも苦しさも、笑いも涙もあったと思います。2学期の学習や取組を通して、それぞれの子どもたちに達成感・成就感、一体感を体感し、大きく成長することができました。
 中でも、12月6日の「オーサービジット」では、一人ひとりの今学期の成長を実感する場面がありました。ワークショップの後で、「発表できる人」という問いかけに、多くの子どもたちの挙手があり、大勢の前でしっかりと自分の考えたことを発表することができました。子どもたちは、自分の思いや考えを『ことば』にのせて伝えることができていました。そして、発表する子の方に体を向けて、しっかりと聴こうとする姿もありました。
 子どもたちは、『ことばを使って伝える力・ことばを手掛かりに聞き取る力・人の思いや考えをくみ取る力』という3つの力、これからの社会でより必要とされるコミュニケーション能力を少しずつ身につけています。
 冬休みは、短い休みの中に日本の伝統文化である年末年始があります。それぞれの家庭によって新年を迎える行事は異なると思いますが、家族の一員として役割を果たせるよう声をかけていただけると幸いです。新しい年に向かって、時間が止まることはありませんが、1年の節目となる大切なときです。1年を振り返り、これからの願いや夢を決意したり誓ったりして、自分をよりよい方向に向かわせる気持ちで新年を迎えてほしいと思っています。「1年の計は元旦にあり」と言われています。将来の目標や夢に向かって、計画を立てて確実に一歩が踏み出せるとよいです。
 どうか保護者の皆様、地域の皆様、子どもたちが健康で安全な、そして有意義な冬休みを過ごすことができますよう、ご協力ご指導をよろしくお願いいたします。
 どうぞよいお年をお迎えください。

校長 村田冨三昭
教職員一同


11:30