新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

日誌

南城日誌 >> 記事詳細

2019/08/09

体操・柔道近畿大会の結果

| by 城陽市立南城陽中学校サイト管理者
 体操は7日に向日市民体育館で、柔道は8日に滋賀県立体育館で近畿大会が行われました。
<体操>
  素晴らしい演技を見せてくれましたが、惜しくも入賞を逃しました。まだ2年生ですので、今年の経験を生かし、来年は是非全国大会を目指してほしいと思います。
 ※体操は近畿大会の規定により写真はネット上に公開できません。ご了承ください。
<柔道>
  健闘したのですが、1回戦惜敗でした。昨年と比べると力を付け、たくましさも増し、この近畿大会の舞台に立ったのは立派です。卒業後も続けるということなので、今回の悔しさを是非晴らしてほしいと思います。


                                          試合後コーチの島本さん、顧問の岩永先生と 
10:59

お知らせ

諸費振替日は毎月28日です。
28日が土日の場合は月曜日になります。


 

「警報」発令時の登下校について

京都府「城陽市」地域に
全ての気象特別警報
・午前7時現在において、気象警報が発令されている場合は、臨時休校とする。
<登校前>

➀自宅待機
・午前7時現在において、気象警報が発令されている場合は、自宅待機とする。
②登校
・午前10時までに気象警報が解除された場合は、警報が解除された1時間後に授業を開始しますので、すみやかに登校する。
・その日の授業教科全て準備して登校する。
③臨時休校
・午前10時現在、気象警報が発令中(解除されない)の場合は臨時休校とし、その後警報が解除されても登校はしない。
<登校後>
④学校待機
・一時学校で待機し、状況に応じた措置をする。
⑤下校
・下校する場合は、教職員の指導のもと、安全に留意して下校する。
<部活動>
⑥土曜日 日曜日 祝日及び休業中
・上記の対応に準じるが、大会等で別途指示が出る場合がある。
 

震度5弱以上の地震が発生した場合の対応

1 震度基準

  城陽市で「震度5弱」以上の地震が発生した場合は、以下の2又は3のとおり対応します。

2 臨時休校の措置を取る場合

地震発生時刻

対 応

下校後から24時までに「震度5弱」以上の地震が発生

翌日を一斉臨時休校

0時から登校までに「震度5弱」以上の地震が発生

当日を一斉臨時休校

l登校再開は、校舎等の施設の安全が確認され、教育活動の再開が可能となりましたら、本校のホームページやe-メール配信等で連絡します。

3 在校中及び登下校時の対応について

(1)在校中に、城陽市に「震度5弱」以上の地震が発生した場合は、下校に際しての安全を確認でき次第、下校することとします。

(2)登下校時に、城陽市において「震度5弱」以上の地震が発生した場合は、状況に応じてあらかじめご家族で決めた安全な場所や学校に避難してください。また、学校に避難した場合は、在校中と同様の措置をとります。学校に避難することが困難な場合は、安全な場所で教職員や保護者、地域の方が来るまで待機してください。

 

カウンタ

COUNTER340467