メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定進路状況部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報ことばの力トライアル中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置アクセス京水海洋同窓会

 
 

 

 

 

COUNTER

Total 平成31.4~217387

COUNTER

Total 平成30年度  1155284
 

COUNTER

Total 平成24.3~5521834

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

マリンバイオ部

 

日誌


2019/04/12

二酸化炭素発生装置を作ろう!

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№362

今回は、CO2(二酸化炭素)発生装置の製作を紹介します。

◆ アマゾン・小型魚展示水槽 

水草を繁茂させた水槽
本校玄関「魚魚わ~るど」で展示中の水槽です。水草の管理のためには、光と肥料の他に、CO2が必要です。CO2が不足すると、水草はすぐに枯れてしまいます。


CO2を供給するボンベは非常に高価なため、マリンバイオ部では購入できません。このため、CO2発生装置を手作りしています。

◆ CO2発生装置を作ろう! 

材料は砂糖、ゼラチン、ドライイーストです。


砂糖を300g計量


計量した砂糖に、お湯を400mL加えます。


よくかき混ぜる


砂糖が溶け込んだら、ゼラチン10gを投入。


よくかき混ぜる


ゼラチンがきれいに溶け込んだら、用意したペットボトルに流し込みます。ペットボトルは丈夫な炭酸ジュース1.5Lの物を使用します。


冷えて固まるのを待つ


ゼラチンが固まったら、ドライイースト1.5gをまんべんなく入れます。


水を加える
満水にならないように水を入れます。


キャップをして完成です。
キャップには穴をあけ、ブロアホース接続用のノズルを差し込んで接着し、ノズルにブロアホースと小さいブロアストーンを取り付けて完成です。


自作のCO2発生装置をセット


気温が低いため、20℃に加温した水槽に入れます。夏季には、この水槽は不要になります。


CO2が発生するブロアストーンを取り付ける。


1時間ほどすると、CO2が発生し始めました。
この装置は、イースト菌が砂糖を分解する時に発生するCO2を利用しています。

砂糖はイースト菌のエサです。ゼラチンで砂糖水を固めるのは、イースト菌が砂糖を一気に分解しないようにするためです。そして、水はCO2を集めやすくするために入れます。炭酸飲料用のペットボトルを使用するのは、発生したCO2ガスの圧力に耐えられるためです。

この装置からCO2は3週間~4週間程度、供給され続け、水草の状態を安定させます。
08:00