校章

 

 

 

 

 

 

 

 

1.全体の形は、校名の「北」を表し、大地に立った若者のエネルギーが、大空に向かって無限に展開する姿を象徴する。


2.中央の三角形は比叡山の姿を擬し、左右の突起は幡枝の山々を表している。簡素な表現の中に鋭い厳しさと北稜の名に込められた自然と人間との一致を求める。


3.左右に学校・父母を配し、中央に生徒を包み、共に協力し、知・徳・体の円満な発達と同時に、深く考え意欲的に実践する情操豊かな人間を育成することを表現する。