京都府総合教育センター ITEC Information Technology Education Center 
研修講座教育コンテンツ研究特別支援教育教育相談センター紹介関連Webサイト

 

所長あいさつ


 令和3年度が始まるにあたり、京都府教育委員会は第2期京都府教育振興プランを策定し、今後10年間の教育とその施策の方向性を示しました。第1章「京都府の教育の基本理念」では、「目指す人間像」と「はぐくみたい力」を次のように表しています。

【目指す人間像】
めまぐるしく変化していく社会において、変化を前向きにとらえて主体的に行動し、よりよい社会と幸福な人生を創り出せる人

【はぐくみたい力】
主体的に学び考える力/多様な人とつながる力/新たな価値を生み出す力

 一方で昨年度は、新型コロナウィルスにより教育界は大きな影響を受けました。当然、センター研修も例外ではありませんでした。ポストコロナ時代になってもそれ以前の教育の在り方に単純に戻ることはないでしょうし、GIGAスクール構想などにより、教育の在り方が大きく変わろうとしている中、京都府が示した今後の教育の方向性に軸を合わせた「教職員の研修」がこれまで以上に重要になってきます。
 京都府総合教育センターも、この基本理念に基づいた教育が進められるよう研修講座や相談機能の充実、専門的・技術的事項の調査・研究などに取り組んでいきます。特に、教職員研修において、今年度は次の3つを研修講座のポイントとして進めていきます。

1  「1人1台端末時代の学び」に対応
2  新学習指導要領、SDGsやSTEAM教育に向けた取組
3  教員の資質能力向上プランへの対応

 今年度も、学校現場の様々なニーズに応え、皆さんの学びを支援するため、通常の研修講座以外にも出前講座、Webコンテンツ視聴研修等の多様な形態で研修を実施しますので、ぜひ活用していただければと思います。
 
京都府総合教育センター所長 前川 明範