京都府総合教育センター ITEC Information Technology Education Center 
研修講座教育コンテンツ研究特別支援教育教育相談センター紹介関連Webサイト

 

所長あいさつ


 人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ、という意味が込められた「令和」に元号が改まり、2年目の春となりました。
 京都府総合教育センターは今年度で創立40周年を迎えます。
 近年、グローバル化や情報化の進展等、社会が加速度的に変化する中にあって、新しい時代の教育に対応できるように、教員の資質能力の向上が求められています。当センターも今日まで積み上げてきた「学校・教職員を支援するセンター」としての成果を大切にし、学び続ける教職員を支える「研修講座」をはじめ、教育に関する「研究」事業、幼児児童生徒、保護者や教職員の「教育相談」事業を実施しています。
 今年度の研修講座は、小学校において全面実施となる新しい学習指導要領に対応し、「小学校外国語教育」や「プログラミング教育」に関する講座を一層充実させるとともに、「特別の教科道徳」、「高大接続」など多様な観点から専門性を磨いていただくための講座を実施します。また、昨年度開設した免許状更新講習については中堅教諭等資質向上研修や「幼児教育」、「子どもの貧困」といった喫緊の教育課題に対応する講座等10講座に拡充します。「京都府教員等の資質能力の向上に関する指標」を踏まえ、「単位制履修制度」を活用して、計画的かつ継続的に研修講座を受講してください。
 他にも、学校現場の様々なニーズに応え、働き方改革に対応した学びを支援するため、出前講座やWebコンテンツ視聴研修等、多様な形態の研修を実施していますので活用してください。
 最後に、当センターでは新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、研修講座の中止・延期等の措置を行っているところですが、今後も状況に応じて、工夫した研修を実施するなど教職員の皆様の支援を進めてまいります。

 
京都府総合教育センター所長 木上 晴之