京都府船井郡 京丹波町立和知中学校ホームページ

    和知中フォトアルバム

    作成されているアルバムがありません。

    主な行事の予定

    <4月予定>
    4日(火) 離任式(9:00)

    10日(月) 始業式 12時バス

    11日(火) 入学式準備 12時バス

    12日(水) 入学式(9:00開式) 12時バス

    13日(木) 1年生は12時バス 2・3年生は弁当必要

    14日(金) 新入生歓迎会 給食開始 仮入部①

    15日(土) 南船大会(野球)

    17日(月) 1年学力診断テスト 仮入部②

    18日(火) 3年全国学力学習状況調査 1年正式入部

    19日(水) 2年学力テスト

    20日(木)~28日(金) 家庭訪問 PTA本部役員会

    22日(土) 南船大会(サッカー、バスケ、野球)

    23日(日) 南船大会(バスケ)

    29日(土) 南船大会(バレー、サッカー、バドミントン)

    <5月予定>
     
    1(月) PTA合同役員会

    13日(土) PTA総会(授業参観)

     

    15日(月) 振替休日

    18日(木)~20日(土) 修学旅行
     
    ☆重要なお知らせ
     
    アクセスカウンタ  (2011.7~)202356

    お知らせ

    和知中学校からの連絡事項をお知らせします。
    12345
    2017/03/24new

    修了式

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    成28年度修了式

     3月24日(金)、平成28年度修了式が行われ、各学年の代表が小森校長から修了証を手渡されました。
      式辞では、校長から「4月に贈った『人を幸せにする言葉を使おう』『粘り強く挑戦する心を持とう』『人とのつながりを大切にしよう』という3つのメッセージを実践できているか。これらはちょっとしたことだが『思い』がないと続けられない。」「4月に入るとそれぞれ進級する。3年生は、和知中の『顔』として和知中プライドを発展させてほしい。2年生は、新入生を迎えて『よき先輩』として頑張ってほしい。」「みんなこの一年間よく頑張りました。」と激励とねぎらいの言葉を受けました。
     この一年間、さまざまなことがありましたが、こうしてみんなで進級を喜び合えることは本当にうれしいことです。春休みはしっかり充電して、また4月から新しい自分づくり、新しい和知中づくりに頑張ってほしいと思います。
     保護者の皆様、地域の皆様、一年間大変お世話になりました。次年度も地域に開かれた学校として取組を進めていきたいと思いますので、引き続きご支援いただきますようお願いいたします。


    15:50
    2017/03/14

    須高セミナー

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    地元高校良さを知った! ~須高セミナー

     3月14日(火)、須高セミナーが開かれました。毎年、2年生を対象にこの時期に実施するもので、今年は須知高校の様子や先輩たちの近況について、3名の高校生と先生ににプレゼンテーションを行っていただきました。
     まず、普通科や食品科学科の説明を聞いた後、先輩からメッセージをいただきました。「須知高校は少人数なので、きめ細かく教えてもらえる。」「2年生になって専門教科が増えて、授業が面白くなってきた。」「勉強でわからない時は、夜の7時でも8時でもつきあってもらえる。」といった感想に加えて、井戸副校長からは、他の高校には見られないこととして、京丹波町に、英語検定受検費用や通学費の一部を補助してもらっていること等が紹介されました。
     2年生にとって、進路決定はまだ先のことですが、正しい情報を知って自分にあった進路が選べるようにしたいものです。


    18:43
    2017/03/14

    アントレプレナーシップ

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    京丹波町起業するなら… ~アントレプレナーシップ教育

     3月14日(火)、1年生を対象にアントレプレナーシップ開発センターの原田紀久子先生を講師にお招きし、起業についてのワークショップが行われました。 最初に「日本人は他国に比べて、起業に対する意識が低いので、グローバル化した世界で生き抜くには、もっとチャレンジしないとダメです。」とハッパをかけられた後、「京丹波町で起業するならどんなことをする?」というテーマで、プロジェクトの内容をグループで考えました。
     まず、地元の強みを確認して、費用やターゲットにする年齢層、取組内容等を協議しました。5つのグループからは「婚活ツアー」「リフォームイベント」「廃校を利用したイベント企画」など、ユニークな企画が提案され、企画をコラボしてはどうかとかSNSで広めたいとかいろいろな意見が出され、「起業」について考えるよい機会となりました。



    18:22
    2017/03/13

    卒業証書授与式

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    から新たな出会いへ ~平成28年度卒業証書授与式

     3月13日(月)、平成28年度卒業証書授与式が行われ、22名の卒業生が和知中学校を巣立っていきました。
     式辞では、小森校長から「誠実であること」「粘り強く挑戦すること」を大切にしてほしいというメッセージと生徒の3年間に寄り添う詩が贈られました。
     告辞、祝辞、記念品贈呈の後、送辞を読むのは在校生を代表して森川 葵さん。卒業生が行事や部活動、生徒会活動などで発揮したリーダーシップやいろいろなことを優しく教えてもらったことへの感謝、先輩が築いた和知中の歴史を引き継ぐ決意などが述べられました。 
     そして、答辞。自分たちのカラーを出すことに苦心したこと、少しずつ仲間ととも成長したこと、3年生になって学校のリーダーとして頑張ったこと、そして受験を乗り越えた今の心境と周りの人への感謝などが、森川拓海くんと津田芽依さんによってしみじみと語られました。
     そして最後に、在校生は「時を越えて」、卒業生は「旅立ちの日に」を合唱し、涙の中にも感謝と決意をお互いに感じ合えるすばらしい卒業式となりました。
     22名の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。皆さんのこれからの御活躍をお祈りしています。






    15:22
    2017/03/11

    東日本大震災から6年

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

     6年の月日が意味するもの

     東日本大震災による津波と原発事故で大きな被害が発生して6年がたちました。
     毎年3月11日が近づくと、当時の様子やその後の復興の様子等が紙面や画面に登場します。被災者の方々が苦難を乗り越えて生活しておられる記事が目立ち、そのことが多くの他の被災者の方々の復興のエネルギーになっていることでしょう。
     しかし、復興は進んでいるとはいえ、まだ避難生活を続けておられる方、故郷に戻れない方、自力で歩み出すことがまだまだ困難な方も数多くおられます。また、他府県に転居した人たちに対する心ない差別事象も耳にします。
     あるスピーチコンテストで、福島県出身の中学生が「被災して何年も立ちましたが、私の家族は今でも安定した生活はできていません。しかし、マスコミの取材や支援も次第に減少し、『このまま、忘れられていくのではないか』という不安がだんだん大きくなってきました。」と語っていました。
     今日、京丹波町のスポーツ賞・文化賞の表彰式がありましたが、冒頭、寺尾町長が、「須知高校は6年たった今も被災者の支援を続けている。これこそが人間の持っている文化の力だ。」と挨拶されましたが、まさに先に述べた中学生の心に寄り添う取組であると思います。町内には他にも支援の形はさまざまですが、被災者に心をはせた取組がされています。
     被災は続いています。この問題はほおっておいて「時が解決してくれる」ものではありません。
     和知中学校では、東日本大震災で失ったもの、またそこに生きる人たちの思い、それらを自分のこととして考えること等を通して、これからも思いやりや一人一人を大切にする心を育てていきたいと考えています。


    平成29年3月11日 
                                                        京丹波町立和知中学校
                                                                                  


    17:07
    2017/03/11

    3年生を送る会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    ありがとうの気持ちを歌声に乗せて ~3年生を送る会

     3月10日(金)、3年生を送る会が行われました。送る会は、例年、在校生が卒業生に感謝の気持ちを表すことと、卒業生が3年間を振り返りながら在校生に和知中学校の将来を託す行事として行われます。
     最初に、合唱部の発表があり、その後1・2年生がお礼と決意のメッセージを述べて「fight」の合唱しました。そして3年間の思い出のスライドを見た後、お返しに3年生が中尾先生の指揮で「結い」を歌いました。次に卒業をテーマにしたイントロクイズ、最後は先生や保護者も一緒に「空も飛べるはず」で盛り上がりました。
     そして最後は、生徒全員で「手紙 ~拝啓 十五に君へ」を歌い、感動的なフィナーレを飾りました。
     いよいよ、残すところもあと一日、3年間を凝縮したすばらしい卒業式になるでしょう


    16:37
    2017/03/09

    卒業前の3年生

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    卒業を間近に控えた3年生は… ~思い出を胸に
     3月9日(木)、卒業を間近に控えた3年生が、グループで楽しくゲームをした後、入学から今日までの3年間を懐かしいスライドで振り返りました。入学式の「かわいい自分たち」に教室は大笑い。体育祭や文化祭などを経ていく度に、少しずつ「成長する自分たち」を確認しました。2年生の思い出は校外学習の京都見学。外国人観光客とのショット写真は少し緊張気味。そして3年生になると、口丹大会や体育祭、文化祭で「パワー全開の自分たち」に満足した様子でした。 その後、サプライズで担任の中尾先生にビデオレターや似顔絵のプレゼント。「涙は卒業式に取っておこう!」という声の中、生徒たちは残り二日となった中学校生活をしみじみと過ごしました。

    17:33
    2017/03/08

    秋草の壁紙プロジェクト

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    秋草壁紙プロジェクト!  ~今年度を締めくくる大作が完成

     表現技能(美術)で、今年度最後に取り組んだ「秋草の壁紙プロジェクト」が完成しました。この取組は、3学年の美術を選択している約30名の生徒たちが、それぞれ自分のパーツを担当して、最後に全体で一枚の風景を完成させるものです。
     窓の内側に展示された絵は、一瞬、外の風景かと見間違うような出来栄えで、今年度を象徴するすばらしい作品となりました。


    13:41
    2017/02/22

    保育実習

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    お兄さんお姉さん一緒に遊ぼう! ~3年生保育実習より~

     2月21日(火)、本校3年生が家庭科の授業でわちエンジェルを訪問し、保育実習を行いました。インフルエンザ等で実施日が何度も延びていただけに、生徒たちも満を持して、という感じでこの日を心待ちにしていました。
     そして、わちエンジェルではお兄さん、お姉さんが到着した時、園児たちがかわいい瞳を輝かせ待っていました。
     自己紹介の後、生徒たちが、絵本やボーリング、魚釣り、糸電話などをグループごとに準備すると、園児たちは待ちきれない様子でそわそわしています。交流が始まると、園児たちは元気いっぱい動き回ります。生徒たちも、魚釣りの要領を教えたり、「糸電話は糸をピンと張らないと聞こえないよ。」と優しく教えたり、厳しい「受験戦争」まっただ中で、ほんのひととき「癒しの時間」を過ごしているようにも見えました。


    10:01
    2017/02/08

    出前授業(英語②)

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    エリン先生手紙 ~第2回英語出前授業

     2月7日(火)、本校の梅垣教諭が、和知小学校の5年生児童に2回目の出前授業を行いました。今回は、児童が自分の好きな教科を言い合ったり、相手の好きな教科を聞いたりした後、エリン先生からの手紙の和訳に取り組みました。また、英語と日本語では主語と動詞の語順が違うことも学習し、少しずつ、本格的な英語にチャレンジしています。


    17:38
    12345
    直前のページに移動します ページの先頭に移動します