京都府船井郡 京丹波町立和知中学校ホームページ

    アクセスカウンタ  (2011.7~)242528

    主な行事の予定


          

    <11月予定>
    1日(水) PTAあいさつ運動  演劇鑑賞
          1年学年PTA

    2日(木) 入学説明会(6年生児童)

    3日(金) 口丹新人大会(野球)

    8日(水) 2年職場体験学習(~10日)

    10日(金) PTA合同役員会

    13日(月) 3年三者懇談(~17日)

    16日(木) 保育実習(3年)

    18日(土) 土曜活用(PTA人権講演会)

    21日(火)  期末テスト前部活動停止

    24日(金) 振替休日

    28日(火) 期末テスト(~30日)

    30日(木) 避難訓練

    <12月予定>
    1日(金) PTAあいさつ運動

    6日(水) 科学医療大学見学(全校)

    9日(土) 口丹サッカー強化講習会

    10日(日) 京丹波町駅伝大会

    15日(金) 1・2年三者懇談(~21日)

    20日(水) 給食終了

    22日(金) 二学期終業式

    <1月予定>
    9日(月) 三学期始業式

    11日(水) 給食開始
     

    和知中フォトアルバム

    作成されているアルバムがありません。
    ☆重要なお知らせ
     
    アクセスカウンタ (2017.10.11)8653
     

    お知らせ

    和知中学校からの連絡事項をお知らせします。
    12345
    2017/11/18new

    PTA親子人権講演会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    車いすバスケット挑戦! ~PTA親子人権講演会
     11月18日(土)、車いすバスケットチーム「京都アップス」から3名の講師を迎え、PTA親子人権講演会が開かれました。
      講演では、京都アップス代表の山本英嗣さんに、バイク事故で半身不随になり、人に会うことがいやで引きこもっていた時に、車いすバスケットの誘いがあり、顔を上げて外の世界に入れたこと、今では車いすテニスや水泳などにも挑戦していること等を話していただきました。
     その後、全員が5人ずつのチームに分かれて車いすバスケットを体験しました。いつもなら、簡単にシュートが決められる生徒も、車いすに座ると下半身が使えないのでボールがリングに届かず、なかなか得点が決められません。
    「自由に動けないし、ボールは飛ばないし、車いすバスケは大変だった。」
    「目の前のボールを取りに行くのに苦労した。」
    という声も聞かれましたが、終始和やかな雰囲気で楽しく体験できました。車いすバスケットを体験するのはほとんどの生徒が初めてでしたが、実際に試合をしてみて感じる事も多かったと思います。
     


    13:17
    2017/11/16new

    保育実習

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    園児と楽しく歌おう!踊ろう!遊ぼう! ~3年保育実習
     11月16日(木)、3年生がわちエンジェルを訪問し、保育実習を行いました。3年生のほとんどが、わちエンジェルの卒園生で、懐かしさとともに自分たちの10年前の姿を想像して、少しテレながら実習に入りました。
     最初に挨拶をした後、文化祭で歌った「あなたへ ~旅立ちに寄せるメッセージ~」を披露しました。歌声は給食室にまで届いたようで、「すばらしい歌声でしたよ。」とお褒めの言葉をいただきました。
     その後、園児たちはクラスごとに分かれて、お兄さんお姉さんが準備してきた魚釣りゲームやヨーヨー遊びなどの道具を使って楽しく遊びました。くるくる絵本の読み聞かせをしたクラスでは、園児たちが目を輝かせて話に聞き入ったり、ペットボトルボーリングでは勢い余ってボールを投げつけてしまったり、音楽に合わせていっしょに踊ったり、楽しいひとときを過ごしました。実習が終わってお兄さんお姉さんが部屋を出る時は、園児たちは「また来てね!」「バイバイ」と元気な声で見送ってくれました。
     毎年実施される保育実習ですが、保育所と中学校の交流の場としてこれからも続けて行ければと思います。






    16:57
    2017/11/09

    職場体験学習

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    社会の中で将来を見据えて! ~職場体験学習
     11月8日(水)から3日間、職場体験学習が行われています。和知地域の15の事業所等に1~2人ずつお世話になり、朝から夕方まで「社会人」(の卵)として頑張っています。
     初日は、みんな緊張した面持ちで説明を聞いたり、作業を手伝ったりしましたが、次第に要領も分かり、手際もよくなってきました。学校とは全く違う環境で過ごしているので、一日が終わるとグッタリという感じですが、将来、社会の一員としてきちんと役割を果たすためにも、たくさんのことを学んでほしいと思います。事業所の皆様、お世話になりますが、どうぞよろしくお願いします。






    15:17
    2017/11/08

    研究授業

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    より良い授業を目指して! ~1年生社会科研究授業より~
     11月7日(火)、南丹・船井中学校教育研究会と京丹波町メソッド研究グループ研修に加えて校内授業研修が行われ、南丹・船井から約20名の先生方を迎えて本校の乾教諭がIT機器や資料を使った研究授業を行いました。テーマは「奈良時代の農民の生活」についてで、1年生が、当時の税負担や生活の苦しさなどについて学びました。
      生徒たちは、今とは違って米や布を税として収める制度や、布などを何日もかかって直接奈良(平城京)まで運ぶことを教えてもらい、当時の人々のたいへんさを感じながら、熱心に学習を進めていました。


    08:57
    2017/11/02

    入学説明会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    入学まであと半年、中学校をちょっと体験! ~入学説明会より~
     11月2日(木)、和知小学校の児童16名と保護者を迎え、平成30年度入学説明会が行われました。
      最初に、生徒会の野間会長からメッセージが贈られた後、全校合唱として「君と見た海」を披露しました。
     その後、学校生活の説明を聞いて、数学の体験授業を受けました。そして、最後は一番楽しみにしていた部活動見学。児童全員が自分の入りたい部の練習を熱心に見入っていました。
     参加した児童からは「合唱がすごかった。さすが中学生だと思った。」「もう、入るクラブは決めてある。早く中学生になりたい。」「勉強はちょっと難しそう。」などの感想が寄せられ、思い思いに6ヵ月先の自分をイメージしていました。




    17:25
    2017/11/02

    ハンナのカバン

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    平和の尊さ考えよう! ~「ハンナのカバン」を観て~

     11月1日(水)、劇団「 銅鑼(どうら)」による『ハンナのカバン』が上演されました。この演劇は、ナチスドイツに捉えられ、アウシュビッツ収容所で処刑されたハンナという少女のカバンが、時を経て東京に渡り、最後は同じ収容所で終戦を迎えたハンナの兄に届くというもので、戦争の恐ろしさ、平和の大切さを強く感じる作品でした。
     途中、本校の2年生も収容所に送られるユダヤ人として参加し、緊張感のある役柄を演じてくれました。
     生徒たちからは「戦争は怖いものだと改めて感じた。」「何の罪もないハンナが殺されてしまい、本当にかわいそうだった。」「戦争の恐ろしさや今日の演劇で感じたことを、他の人にも話したい。」「ハンナは、平和を守るためのメッセージとして、私たちにカバンを残したのかもしれない。」といった感想が聞かれ、それぞれに平和への思いを深めたようでした。



    17:12
    2017/10/27

    2年PTA

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    親子で楽しくキンボール ~2年PTA活動より~
     10月25日(水)、夕食を終えた2年生と保護者等が、本校体育館でキンボール大会を行いました。これは例年行われている親子のふれあいを大切にするPTA事業の一環で、赤、青、黒の3チームに分かれて競い合いました。わが子を前にハッスルするお父さん、お母さんに刺激されて、生徒たちも大きな声で声援を送り、なごやかで楽しいひとときを過ごしました。



    10:04
    2017/10/18

    卒業生の話を聞く会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    さあ、進路実現に向けて加速します!! ~卒業生の話を聞く会
     10月17日(火)、「卒業生の話を聞く会」が行われ、本校を卒業して須知高校、福知山高校、園部高校に通う2年生3名が、約1時間半にわたって受検の心得や学校生活の様子を話してくれました。
     「今、この時間にも他の人は勉強していると思うと、じっとしていられなくなる。」
     「ゲームや遊びはもってのほか。受験を甘く見てはいけない。」
     「今思うことは『もっと勉強しておけばよかった!』ということ。そして、いい加減な気持ちで志望校を決めると、入学後苦しくなった時、耐えられなくなる。」
    など、受験勉強に臨む中3生へのアドバイスや
     「高校生活は、頑張ってやる人にとっては楽しいところ。」
     「クラブは土日もあり、一日中フリーという日はめったにない。」
     「教科によってはテストの時間が120分間というのもある。」
    といった高校生活の様子も話してくれました。
     先輩の体験談を聞き入っていた生徒たちは、メモをとったり、質問をしたりして、受験に向かう気持ちを引き締めていました。



    09:39
    2017/10/17

    ひびかせようこころとことばin南丹

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    こころを合わせて日本の心を詠む! ~ひびかせようことばとこころin南丹 
     10月14日(土)、南丹市国際交流会館で、「ひびかせようことばとこころin南丹」が開催されました。この事業は、古典に親しむために京都府教育委員会が毎年主催しているもので、本校からは、昨年までの人形浄瑠璃に代わって、2年生10名による平家物語から「那須与一」の一場面の群読が行われました。短い練習期間で、当初は声の大きさやみんなで合わせることに苦労しましたが、当日は緊張しながらも堂々とした発表で、主催者からも「中学生らしい立派な発表でした。」とお褒めの言葉をいただきました。
     これを機会に、学校全体に古典に親しむ雰囲気が広がっていくといいですね。



    11:49
    2017/10/17

    美術工芸教育展表彰式

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    キラリと光る和知中の文化力! ~京都丹波美術工芸教育展
     「ひびかせようことばとこころin南丹」が開催された南丹市国際交流会館の1階と2階では「京都丹波美術工芸教育展」で多くの美術作品が披露されました。口丹波の保育所、幼稚園、小・中学校、府立学校等の絵画や立体作品が展示され、本校では石田沙奈さんが府知事賞、森川 葵さんが府教育長賞、椹木有佳さんが南丹教育委員会連絡協議会長賞、藤村鈴音さんが佳作を受賞しました。

     


    11:24
    12345
    直前のページに移動します ページの先頭に移動します