京都府船井郡 京丹波町立和知中学校ホームページ

    和知中フォトアルバム

    作成されているアルバムがありません。

    主な行事の予定

    <12月予定>
     1日 PTAあいさつ運動

     2日 生徒会選挙告示

    ( 3日 町人権講演会)

     5日 PTA本部役員選挙告示

    (11日 町駅伝競走大会)

    13日 生徒会選挙

    15日 校内球技大会  花いっぱい運動
        PTA本部役員立候補締切

    15日~20日 三者面談(1・2年生)

    16日 合唱部の和知エンジェル訪問

    20日 給食終了

    22日 第二学期終業式

    <1月予定>
     6日 第三学期始業式  PTAあいさつ運動
        発育測定

    10日 百人一首大会

    11日 給食開始    学力診断テスト(1・3年生)

    20日 PTA本部役員会・学年委員会

    (21日 南船ロードレース大会) 

    23日~25日 3年生学年末テスト

    26日 保育実習(3年生)
     
    ☆重要なお知らせ
     
    アクセスカウンタ  (2011.7~)192750

    お知らせ

    和知中学校からの連絡事項をお知らせします。
    12345
    2016/11/28new

    能楽教室

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    能の世界体験    ~学校・アート・出会いプロジェクト

     11月24日(木)、学校・アート・出会いプロジェクト事業で能を体験しました。能は、室町時代に観阿弥・世阿弥父子が大成したと言われる伝統芸能ですが、日頃、接することは少なく、どんな内容になるのか楽しみでした。
     当日は、能楽協会から4名の能楽師が来校されました。
     最初に、能の歴史や能舞台、能面についての説明があり、「高砂」を舞っていただきました。次に、実際に能面をつけて歩く体験と謡の体験があり、最後は能面をつけて「経正」を実演していただきました。
     生徒たちは、能面をつけると視野が極端に狭くなることや、能面は見る方向によって表情が違って見えることなどに驚いた様子でした。
     体験後は、お礼の全校合唱で能楽師の皆さんに感謝の意を表しました。


    10:13
    2016/11/14

    府駅伝競走大会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    丹後路を駆け抜けた和知中プライド 府中学校駅伝競走大会

     11月13日(日)、宮津市のマリーンピア周辺コースで府中学校駅伝競走大会が開催され、本校女子チームが爽やかな秋空ものと、全力で海岸沿いのコースを走り抜けました。
     この大会には、2年連続全国大会優勝の学校を含め、地区予選を勝ち抜いた30校が参加しました。レースは予想どおり京都市内の強豪校を中心に展開されましたが、本校も出場選手全員が自己ベストを出し、23位でゴールしました。また、サブメンバーも1人1人の応援メッセージを作成し、沿道で力一杯声援を送ってくれました。
     遠路はるばる応援に駆けつけていただいたご家族の皆様、ありがとうございました。
     夏休みから続いた駅伝(練習)もこれで終了しますが、口丹、府駅伝も含め、みんな本当によく頑張りました。「和知中プライド」は確実に次年度に引き継がれました!


    10:53
    2016/11/08

    職場体験学習

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    働くことの意義を感じる三日間 ~職場体験学習

     11月8日から三日間、2年生が職場体験学習を行っています。これはキャリア教育の一環として毎年行うもので、今年も郵便局や長老苑、道の駅「和」など17の事業所にお世話になっています。担当の方に教えてもらいながら慣れない手つきでレジを打ったり、園児と手をつないでお遊戯をしたり、商品の陳列を行ったり、みんな緊張しながら頑張っています。「挨拶は明るくはきはきと」「きちんとした身なりで」など、約束事を守り、働くことの意義をしっかり学ぶ三日間にしてほしいと思います。



    16:21
    2016/11/05

    人権講演会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    パフォーマンス人権  ~PTA人権講演会より

     11月5日(土)、PTA人権講演会が開催されました。今年度は、ジャグリングなどで世界チャンピオンになられた「ちゃんへん.」さんをお招きし、世界最高峰の演技を見せていただきました。ボールやリングを使ったスリリングな演技や、ディアボロ(中国ゴマ)のダイナミックなパフォーマンスに生徒たちは大きな歓声を上げていました。
     その後は、在日コリアンとして生まれたちゃんへんさんが、小学校時代にあったいじめや、「好きなことでがんばって1番になれ!」とはげまされてこの世界に入ったこと、家族の「祖国」に対する強く、深い思いなどを熱っぽく話され、目頭を押さえる生徒や保護者もいました。
     人権はあらゆる教育活動のベースになるものですが、本校では自分の人権感覚を見つめ、高める機会として、これからも人権にかかわる取組を大切にしていきたいと思います。


    13:09
    2016/11/01

    起業を考える講演会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    起業」という選択 ~起業を考える講演会より

     10月31日(月)、2年生の起業体験推進事業の一環として、京丹波町在住の二人の起業家を迎え、起業について考える講演会を開催しました。
      旧質美小学校内で「ぱんどーぞカフェ」を経営されている細見郁子さんからは、パン作りにかける情熱で海外に研修に行かれたこと、お客さんのおいしそうな笑顔が挑戦する力の源になること、起業は、収入は安定しないがやりたいことが自由にやれることなどを話していただきました。
     ジャーポンランドの土屋隆亮さんには、ステンドグラスでできたミッキーマウスやドラえもんを見せていただき、人がやっていないことを最初にはじめるワクワク感や、デザインするだけでなく実際に物づくりをする充実感について、熱く語っていただきました。
     2年生は、8日から3日間、職場体験を行いますが、事前学習として「社会の一員としての自分」について考えるよい機会となりました。


    08:41
    2016/10/24

    文化鑑賞(馬頭琴)

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    モンゴルからのメッセージ ~悠久の音色・馬頭琴

     10月24日(月)、本校カルチャーセンターで文化鑑賞がありました。
     最初に、スライドによるモンゴルの生活や風土、子どもたちの様子が紹介されました。モンゴルでは、正月が毎年変わること、広大な草原で迷子にならにように4~5歳から乗馬を習うこと、遊牧生活では決まったトイレがないことなど、日本とは大きく違う文化を紹介していただきました。
      次に、有名な馬頭琴奏者のネルグイさん、ドルジパラムさんによるすばらしい演奏を聴かせていただきました。川の流れに合わせた曲や、駿馬が走る様子をイメージした曲など、目を閉じるとモンゴルの大草原が浮かぶような感じがしました。また、日本の「鉄道唱歌」がモンゴルに渡り、モンゴルの歌として受け継がれている事を聞いて驚いたりもしました。
     演奏の後には、お礼の意味を込めて「時を越えて」「手紙 拝啓 十五の君へ」を全校で合唱し、お二人から「すばらしい!」という感想をいただきました。


    20:05
    2016/10/15

    ひびかせよう+美工展

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    浄瑠璃素晴らしさを披露! ~ひびかせようことばとこころin南丹

     10月15日(土)、南丹市国際交流会館で、「ひびかせようことばとこころin南丹」が開催され、本校の人形浄瑠璃がオープニングを飾りました。PTA中央研修会や文化祭の発表の後ということもあり、みんな余裕を持って上演できました。
     上演前には、小田垣京都府教育委員会教育長、冷泉委員、安藤委員から直接激励の言葉をいただき、生徒を代表して、津田さんが「月2回ほどの練習ですが、今までの練習の成果が出せるよう頑張ります。」と答えていました。
     また、同じ会場では管内の幼・小・中・府立学校等の作品を展示する、南丹地区美術工芸教育展も開催されており、上演を終えた生徒たちも絵画や立体作品を鑑賞しました。なお、本校の長谷川天星くんの立体作品が京都府知事賞に、田中優衣さんの平面作品が佳作に選出されました。おめでとうございます。


    12:39
    2016/10/13

    赤ちゃんふれあい授業

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    赤ちゃんが中学校に来た! ~赤ちゃんふれあい授業

     10月13日(木)、本校2年生と地域の赤ちゃんとお母さん、妊婦さんが交流する「赤ちゃんふれあい授業」が実施されました。近年、少子化が進む中、思春期の子どもたちが乳幼児の成長過程を見たり、実際に触れあったりする機会が少なくなっているため、命の尊さや父性、母性について考えることが難しくなっています。そこで、結婚から子育てまでの話を聞き、命のぬくもりを肌で感じること、命そのものを実感として捉えることを通して、生命を尊重し、人を思いやる心の大切さを学ぶことを目的に行われました。
     生徒たちは、妊婦スーツを着て身動きの大変さを体験したり、母子手帳やエコー写真を見せていただいたり、実際に赤ちゃんを抱っこさせていただいたりしました。中には、抱いたとたんに泣き出す赤ちゃんに悪戦苦闘という姿も見られ、緊張の中にもほほえましい姿が見られました。
     最初は、「かわいい」という声がほとんどでしたが、出産の様子や子育ての苦労、楽しさなどを詳しく聞いていくうちに、「子育てって大変だけど、素晴らしい事なんだなぁ。」「夫婦で協力することの大切さがわかった。」という声も聞かれ、中には、自分の将来設計について話し合う生徒の姿も見られました。
     


    15:09
    2016/10/12

    第3回パートナースクール事業

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    年輪秘密を知ろう! ~第3回パートナースクール事業

     10月11日(火)、府立須知高校で第3回パートナースクール事業が開催されました。
     今回は「年輪の秘密」がテーマで、本校1年生は「年輪は内側からできるか、外側からできるか?」という質問を皮切りに、年輪の数え方や間隔が違う理由、樹齢数千年の屋久杉の話など、年輪について多くの事を学びました。
     その後、樹齢60年ほどの輪切りにした杉材の年輪に、それぞれが考えてきた年表を書き込みました。家族が生まれた年やオリンピックのあった年、いろいろなお菓子が発売された年など、個性的でユニークな年表が完成しました。
     最後の感想交流では、「3回の学習を通して、改めて森林に囲まれた京丹波町の良さがわかった。」「竹や木材がどんなところに使われているかよくわかった。」といったコメントが聞かれ、それぞれに収穫の多い体験学習になりました。


    09:22
    2016/10/08

    口丹駅伝大会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    タスキでつないだ和知中プライド 口丹波中学校駅伝競走大会

     10月8日(土)、絶好の駅伝日和の中、府立丹波自然運動公園で平成28年度口丹波中学校駅伝競走大会が開催されました。
     本校からは男女各2チームが出場しました。和知中規模で各2チームが出場している学校は他になく、他校の先生方からも「和知中はすごいなあ。」という羨望の声を多くいただきました。
      結果は、女子Aチームが5位で見事に府駅伝大会への出場権を勝ち取りました。また、男子Aチームも前年度より順位を上げて17位、男子Bチーム、女子Bチームも持てる力を出し切りました。
     選手たちは、約2ヶ月間、部活動が終わってから苦しい練習を毎日続けてきました。辛くなって力を抜きたくなることもあったと思いますが、チームメイトがとなりで頑張っている姿を見て「よし、自分に負けたらダメ!」といって自らを奮い立たせたことでしょう。
      結果やタイムについては、それぞれ思うところがあるかもしれませんが、辛い練習を乗り越え、本大会のスターラインに立ったこと、そのこと自体が「勝利」に値すると思います。みんな本当によく頑張りました!


    15:54
    12345
    直前のページに移動します ページの先頭に移動します