京都府船井郡 京丹波町立和知中学校ホームページ

    アクセスカウンタ  (2011.7~)294382

    主な行事の予定

    <8月予定>
    1日(水) わち子どもの集い(ふれあいセンター)
           人形浄瑠璃練習会(13:30~)           

    3日(金) 北方領土青少年視察事業
                 (~6日、根室市)
    7日(火) 人形浄瑠璃練習会(13:30~)

    8日(水) 三原中との浄瑠璃交流会

    10日(金)~16日(木) 学校閉鎖日

    21日(火) 全校登校日

    23日(木) 合唱披露(わちエンジェル、長老苑)

    25日(土)南船新人大会(野球)①
          ふるさと祭(合唱披露)
          口丹バスケ強化講習会
          PTAふるさと祭パトロール

    29日(水) 第二学期始業式、発育測定

    30日(木) 給食開始

    31日(金) 3年校内学力テスト

    <9月予定>
    1日(土) PTA校内美化活動
          南船新人大会(野球)②

    3日(月) PTAあいさつ運動

    7日(金) PTA本部役員会

    13日(木) 体育祭(小学生競技あり)

    14日(金) 体育祭予備日

    15日(土) 南船新人大会(バスケ、サッカー)①

    16日(日) 南船新人大会(バスケ、サッカー)②
          口丹波公立高校ブース別相談会(ガレリア)
     
    アクセスカウンタ (2017.10.11)60507
     

    お知らせ

    和知中学校からの連絡事項をお知らせします。
    12345
    2018/08/09new

    浄瑠璃交流会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    人形浄瑠璃が繋ぐ心と心 ~三原中学校との交流会
     8月8日(水)、南あわじ市立三原中学校との人形浄瑠璃交流会が道の駅「和」で開催されました。この取組は、前年度から始まり、今年度は三原中学校の生徒20名が来町されました。
     生徒たちは、みんなで昼食をともにしてすぐに打ち解け、和やかなうちに交流会が始まりました。三原中の三味線連弾で幕を開け、浄瑠璃会の大田会長、三原中学校の榎本校長のあいさつに続き、三原中学校の「戎舞」が披露されました。その後、和知中の「長老越節義誉・猪平宅の段」、三原中の「生写朝顔日記」が上演され、最後は「人形遣い」「三味線」「語り(太夫)」のパートに分かれて意見交流をしました。
     人形浄瑠璃を演じている中学校は数少ないので、このような交流を大切にして、お互いに伝統文化の継承発展に寄与できればと思います。



    11:47
    2018/08/09new

    北方領土視察事業③

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    中学生の目で見る北方領土問題③ ~北方領土青少年等現地視察事業
     三日目と四日目は、道東(北海道東部)の自然を知るということで、野付半島のトドワラ、サーモン科学館、摩周湖、硫黄山を見学しました。ここでは、他校の生徒との交流が進み、楽しそうに談笑する姿も見られました。
     四日間を通して、生徒たちは北方領土問題の学習と北海道の自然の体験、他校生徒との交流をすすめ、思い出に残る体験をすることができました。


    11:15
    2018/08/09new

    北方領土視察事業②

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    中学生の目で見る北方領土問題② ~北方領土青少年等現地視察事業
     二日目は、北方領土が見える納沙布岬を訪れ、3.7km先の貝殻島灯台を望見した後、北方館の職員から、北方領土は日本固有の領土であるにもかかわらず、近づけないことなどの説明を受けました。
     午後は、歴史と自然の資料館を見学した後、北方四島交流センター「ニホロ」で、元島民の河田隆志さんから、終戦当時ロシア軍が侵攻した時の様子などをお話していただきました。戦争体験の生々しい話に生徒たちもいろいろな思いを持ったようで、特に「国と国とは難しい問題があるが、ロシア人は日本人が好きだ!」と言われた河田さんの言葉が印象に残ったようでした。
     夜には、二日間の学習のまとめを行い、グループごとの意見交換を行いました。





    10:56
    2018/08/09

    北方領土視察事業①

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    中学生の目で見る北方領土問題① ~北方領土青少年等現地視察事業
     8月3日(金)~6日(月)まで、昨年度「北方領土と私たち」作文コンクール(京都府北方領土教育者会議主催)で上位入賞した本校、園部中、洛北高校附属中、城北中の生徒14名を含む20名の視察団が根室地域を訪問しました。本校からは、3年生の藤村さん、梅原さん、藤田さん、堀さんが参加しました。
     初日は、釧路空港からバスに乗り、広大な釧路湿原を見学した後、中標津町役場を表敬訪問しました。西村町長から説明を受けた後、生徒たちからは北方領土問題や中標津町の産業などについて質問がされ、町長が丁寧に回答されました。ホテルでは、小森校長から色丹島を訪問したことや北方領土問題の概要が紹介され、充実した事前学習を行いました。


    08:56
    2018/08/02

    わち子どもの集い

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    笑顔にそめる」みんなの集い ~わち子どもの集い
     8月1日(水)、わちふれあいセンターで平成30年度「わち子どもの集い」が開かれました。今年は和知小学校が当番で「笑顔にそめる」をテーマにいろいろな取組を考えてくれました。
     開会あいさつに続いて、みんなで「ともだち」を歌った後、丹波支援学校の紹介がありました。
     ゲームでは、ボール脱出ゲーム、ジャンボジャンケン、卓球バレーが行われ、館内は大きな歓声とみんなの笑顔でいっぱいになりました。
     最後に、グループごとにまとめと感想で振り返り、楽しい集いが終了しました。



    09:08
    2018/08/02

    生徒会交流会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    学校のつながり町づくりに! ~町内中学校生徒会交流会
     7月31日(火)、中央公民館で町内3中学校生徒会交流会が開催されました。この交流会は一昨年度から始まったもので、3中学校が学校紹介をしたり、同じテーマでワークショップをして交流を深め、これからの生徒会活動に役立てようとするものです。
     今回のメインテーマは
     「今後、どのように3中学校の生徒会が連携していくか?」
      3つのグループに分かれて、それぞれ意見交流をしました。KJ法でグルーピングをして、それぞれのグループがアイデアを出し合います。「合同体育祭」等のイベントや「それそれの学校を見学する」といったものなど、面白くて実現可能なアイデアも出されました。
     最後に、各校の生徒会担当の先生のコメントと蒲生野中学校畑山校長先生のあいさつがあり、これからの京丹波町を担う中学生に大きな期待の言葉がかけられました。




    01:07
    2018/08/01

    双葉町子ども交流事業

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    こころ交流をすすめよう! ~双葉町子ども交流事業
     7月28日(土)から3日間、町内の中高生8名と松本教育長、中野社会教育委員代表、小森校長ら総勢15名が、双葉町子ども交流事業で福島県を訪問しました。本校からは、3年生の谷口さんと樋口さんが参加しました。
     2回の事前ミーティングをした後、当日は6時に中央公民館を出発。いわき市にある双葉町立小・中学校には午後1時半に到着しました。
      最初に校内を見学した後、切り絵はがきを贈り、意見交換会を行いました。生徒からは「震災の時、一番必要だったものは?」「どのようにして元町民に帰還してもらういますか?」などの質問がされ。伊澤町長さんらに丁寧に答えていただきました。
     二日目は、双葉中学校の生徒と一緒にバス内で交流した後、相馬野馬追祭とアクアマリン(水族館)を見学し、交流を深めました。
     三日目は、特別養護老人ホーム「せんだん」を訪ね、利用者さんと楽しく折り紙づくりで交流しました。
     三日間を通して、生徒たちは、「交流」と「学び」という二つの目標を達成し、「一番うれしいのは人の気持ち、心の交流」という伊澤町長さんの言葉を胸に帰途につきました。
     この交流の様子は、二学期に全校に紹介したいと思います。






    00:25
    2018/07/25

    双葉切り絵プロジェクト

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    双葉町だるま心の交流! ~双葉切り絵プロジェクト
     6月7日に作成した双葉町だるまを切り絵にしたはがきを、7月28日(土)から始まる子ども交流事業で双葉町に届けます。本校からは3年生の樋口さんと谷口さんが参加します。現地では、町長さんたちとの交流会や相馬野馬追祭や水族館の見学、仮設住宅訪問などが予定されており、東日本大震災から7年が経った今の福島を学んできます。


    18:47
    2018/07/25

    口丹大会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校
    熱い熱い夏終わる! ~口丹波中学校大会
     夏休みに入った7月21日から、口丹波中学校各種大会が開催され、猛暑の中、各地ですばらしい熱戦が繰り広げられました。
     亀岡の医王谷球場では、軟式野球で園部中学校と対戦しました。序盤に大量失点をしましたが、その後奮起して長打も飛び出し、最後に一矢報いることができました。
     バドミントンは、和知ふれあいセンターで行われ、惜しくも団体戦では園部中学校、園部高校附属中学校に敗れました。個人戦では、2人の選手がベスト8まで進みましたが、あと一歩のところで府下大会出場を逃しました。男子では、2年生の東くんが優勝し、府下大会出場が決まりました。
     サッカーは、大成中学校と対戦し、前半よく粘りましたが、後半に入ると相手のスピードが勝り、惜しくも勝利を逃しました。
     女子バスケットボールは、瑞穂中学校との対戦。いつも練習試合をしているのでお互いの手の内は知り尽くしており、好ゲームとなりました。一時は3点差まで追い上げましたが、最後はあと少しというところでタイムアップ。悔しい敗戦となりました。
     どの部も、勝利することはできませんでしたが、少人数で一生懸命練習に励み、悔いのない戦いをすることができたと思います。3年生の皆さん、お疲れ様でした。1・2年生の皆さんは、3年生の思いを引き継いで、秋の大会に向けて頑張ってください。



    18:20
    2018/07/20

    熱中症の注意

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    熱中症事故の防止のために(お願い)

     毎日、異常とも言える酷暑が続き、全国で熱中症による事故が続いています。
      そのような中で、明日から体育系部活動の夏の大会(口丹大会)が始まりますが、本大会につきましては、生徒の安全確保のため、事前の健康観察、こまめな給水・休憩の指示、開閉会式の簡略化、会場養護教諭との連携等を基本として、適宜試合の一時中断や給水・休憩時間の設定等を行うこととなっています。
     しかし、熱中症につきましては、生徒自身の体調が大きく影響するところであり、その適切な管理が必要となります。
     つきましては、ご家庭におかれましても、練習、試合にかかわらず、下記の事項についてご留意いただき、生徒たちが良いコンディションで練習を行い、大会に臨むことができるよう御協力をお願いいたします。

                                          記


    1 十分な「睡眠」と適切な「食事」をとらせてください。

    2 体調が悪い場合は、無理をせずに休ませてください。

    3 途中で体調が悪くなった場合は、無理をせずに顧問や周りにいる先生にすぐに伝えるようご指導ください。

    4 多めの飲料を準備し、十分に水分補給ができるようお願いします。

    5 緊急の場合は、あらかじめ提示いただいた緊急連絡先に連絡させていただきます。

    6 お子様の体調等で不安なことがございましたら、事前に顧問へ連絡いただくとともに、本人からも直接伝えられるようご指導ください。


    13:24
    12345