京都府船井郡 京丹波町立和知中学校ホームページ

    アクセスカウンタ  (2011.7~)319309

    主な行事の予定

    <2月予定>
    1日(金) PTAあいさつ運動

    3日(日) 北方領土作文コンクール表彰式

    8日(金) 大学見学(2年)

    9日(土) 私立高校入試日

    10日(日) 府民総体駅伝大会(福知山)

    15日(金)・16日(土) 公立前期選抜検査

    19日(火) 公立前期選抜追検査

    21日(木) 公立前期選抜合格発表

    22日(金) PTA年度末合同役員会

    22日(金)~26日(火)
           テスト前部活停止期間

    27日(水)~1日(金) 学年末テスト(1・2年)

    <3月予定>
    1日(金) PTAあいさつ運動

    6日(水) 公立高校中期選抜

    8日(金) 公立高校中期追検査

    11日(月) 3年生を送る会

    13日(水) 卒業式

    18日(月) 公立高校中期合格発表

    19日(火) 給食終了

    22日(金) 修了式

    <4月予定>
    4日(木) 離任式

    8日(月) 始業式

    10日(水) 入学式

    12日(金) 給食開始
     
    アクセスカウンタ (2017.10.11)85434
     

    お知らせ

    和知中学校からの連絡事項をお知らせします。
    12345
    2019/02/05

    生徒会総会・引継ぎ式

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

     次の年度生徒会のたすきリレー! ~生徒総会&本部役員継承式

     2月5日(火)、平成30年度第2回の生徒総会が行われました。生徒会本部、専門委員会、学級の代表が、それぞれ今年度の活動内容、成果と課題、来年度への申し送り事項などを提案し、全体で確認されました。
     続いて、生徒会本部役員の継承式が行われ、3年生の現生徒会本部役員が、1年間活動した感想や身につけることができた力、来年度1・2年生に頑張ってほしいことなどをコメントしました。最後に新生徒会本部を代表して梅原会長から、「先輩たちが築いてこられた和知中の伝統を、僕たちが引継ぎ発展させます。」と、力強い決意を述べました。
     1・2年生が、3年生と過ごすことができるのもあと1ヶ月あまりになりました。



    19:16
    2019/02/04

    北方領土作文コンクール表彰式

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    グローバル化の中の領土問題! ~北方領土作文コンクール表彰式

     2月3日(日)、京都商工会議所で第13回「北方領土と私たち」作文コンクール表彰式が行われ、3年の堀 奏羽さんが北方領土問題対策協会理事長賞を、梅原侑理沙さんがKBS京都賞を受賞しました。
     この作文コンクールは、北方領土問題について正しく理解し、より関心を高めるために京都府北方領土教育者会議等が実施しているもので、本校の優秀賞受賞は3年連続となります。 
     表彰式に先立って行われた府民大会では山内副知事のあいさつや、昨年、ビザなし交流で実際に択捉島を訪問された舞鶴市立城北中学校の木下先生の報告もあり、参加者は、最近メディアにも大きく取り上げられている北方領土の様子を聞いて、グローバル化が進む時代の流れを感じているようでした。


    18:43
    2019/01/30

    1年調理実習

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    地域コラボした調理実習

     1月29日(火)、和知「ふるさと」の木下雅博さん・悠吾さんと京丹波町食生活改善推進協議会の中林さん、樹山さん、道の駅「和」の藤田さんに来校いただき、1年生が調理実習を行いました。
     最初に「手洗いマイスター」の木下さんと藤田さんから、上手な手洗いの方法を教えていただきました。日ごろはあまり気をつけていない手洗いですが、しっかり洗うことで細菌がほとんどなくなり、衛生的に調理ができます。
     次にアジを題材に魚のさばき方を教わりました。家庭で魚料理をすることが少ない生徒たちも、いろいろ教えてもらいながらアジのムニエル、小松菜のおひたし、さつま汁を作り、みんなで美味しくいただくことができました。
     これを機に、家庭でも魚料理に挑戦してほしいと思います。支援していただいた皆様、ありがとうございました。




    09:49
    2019/01/24

    第3回パートナースクール事業

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    須知高校学習成果を発表 ~環境食育パートナースクール事業

     1月24日(木)、第3回環境食育パートナースクール事業が行われ、須知高校で、本校の1年生が高校生、大学生とともに学習成果を発表しました。
     須知高校の平田校長先生のあいさつの後、昨年の5月と6月に須知高校で体験した「竹の秘密」「チーズの秘密」に関わる内容を、6名の生徒がパワーポイントを使って発表しました。
     タケノコ掘り、タケノコピザ、チーズづくりなど興味を持ったり、思い出に残った部分をまとめ、「京丹波町や須知高校のことがよくわかった。」「京丹波町を出る人もいるけど、地元を大切にしたい。」としめくくりました。
     その後は、須知高校食品科学科生徒の課題研究を聞きました。売れ残ったヨーグルトをスコーンに再生したり、こんにゃくで地元活性化を図ろうとしたり、前年に病気で全滅したハクサイ作りに取り組んだり、ユニークな発想と様々な工夫によって成果を上げた発表に、みんな感心しながら聞き入っていました。



    18:19
    2019/01/21

    絵画の贈呈

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    和知出身画家さんからの贈り物

     1月21日(月)、旧和知町出身の画家:原田正義氏の絵画が、同じ旧和知町出身の木上英輔氏から本校に寄贈されました。能の弓八幡の翁を描いた1970年代の作品だそうです。この油絵以外にも原田氏の作品は本校会議室にも展示されており、地元出身の方の作品というだけで親しみがわいてきます。ありがとうございました。


    13:51
    2019/01/11

    新春カルタ会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    お正月気分の締めくくりは百人一首で! ~新春カルタ会

     1月11日(金)、体育館2階の和室で新春カルタ会が行われました。今年も全学年合同の散らし形式で3回戦を行いました。冬休みに一生懸命覚えてきた人もあり、みんな昨年よりもレベルアップしていました。
     今年は、先生たちも数首ずつ朗詠し、みんなで盛り上がるカルタ会になりました。今年のチャンピオンは、昨年度に引き続いて堀 奏羽さんで2連覇達成です。第2位は藤村鈴音さん、第3位は梅原侑理沙さんでした。
     さて、これで正月の恒例行事も終わりです。来週からはしっかり勉強モードに切り替えて、3年生は受験に向けて、1・2年生は進級に向けてラストスパートです!


    17:05
    2019/01/11

    ゆるみ止めねじのプレゼント

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    「ゆるみ止め」のお守りをプレゼント! ~日東精工さんから受験生へ~
     
      1月11日(金)、綾部市にある日東精工株式会社から、本校の3年生に「ゆるみ止めねじのお守り」がプレゼントされました。この会社は、ゆるみ止めねじ『ギザタイト』を「ゆるみにくい・集中力持続」のシンボル・グッズとして受験生に贈るキャンペーンをされています。
     当日は、担当の井上さんが来校され、みんなの希望校合格を願う言葉をいただいた後、代表の久保大和くんが23個のお守りを受け取りました。
     いよいよ、受験の本番が迫ってきました。みんな、最後まで全力で取り組みましょう。



     


    16:51
    2019/01/09

    全校計算大会

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    年の初め頭を使え! ~全校計算大会

     1月9日(水)、カルチャーセンターで全校計算大会が行われました。これは、全校生徒が集まり、学年別に用意された50問の計算プリントに挑戦するものです。休み明けで、まだ勉強モードになっていない生徒もいましたが、スタートの合図がなると一斉にペンを走らせ、問題に取り組んでいました。


    16:06
    2019/01/09

    和知中散歩

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

    和知中散歩

     今、和知中の廊下には生徒たちが冬休みに製作した作品が展示されています。1・2年生の年賀状は色とりどりに仕上がっています。きっと誰かを頭に浮かべながら一生懸命に描いたのでしょう。
     また、全学年で取り組んだ書き初めは、決められた言葉ではなく「自分が書きたい言葉」を思い思いに選びました。それぞれ個性が出ていて、思わず笑みがこぼれるような作品もあります。また、先生の作品も展示されています。



    15:55
    2019/01/08

    第三学期始業式式辞より

    Tweet ThisSend to Facebook | by 和知中学校

       第三学期スタートにあたって
                  

     新年明けましておめでとうございます。
     平成30年度第三学期が始まりました。この冬休みはゆっくりできましたか。3年生は受験(検)を控えており正月気分ではなかったかもしれませんね。
     さて、平成の時代もあと4か月足らずで終わります。新しい年号は4月に公表されるようですが、君たちはまさに歴史の節目に遭遇しているわけです。

     私は、昭和の時代に約30年間、平成の時代に30年間生きてきました。もし90歳まで生きるとしたら、新しい元号でも30年間生きることになります。

     昭和の30年間は、日本の高度経済成長期で世の中がどんどん豊かになる時代でした。物がよく売れ、お金がもうかり、世の中が右肩上がりで発展していきました。東京オリンピックや大阪万国博覧会が開かれたのもこの時代です。そして昭和の終わりは「バブルの時代」ともいわれました。

     しかし、平成に入り、バブルが崩壊した後、リーマンショック(世界的な金融危機)がおこり、不景気が続く中、経済は停滞し、「失われた20年」ともいわれました。明るい希望が見えずまさに「我慢の時代」でした。

     そして、新しい時代の始まりです。いったいどんな時代になるのでしょう。世間では「先の見えない時代」とか言われますが、確かなことが3つあります。

     一つは、少子高齢化が急速に進むこと。例えば、和知中ですが、今から60年ほど前は生徒数が500人から600人ほどいたそうです。それがどんどん減少して、今は55人です。そして生徒数はこれからも少しずつ減り続けると予想されています。今年の小学1年生はたった5人だそうです。この先が心配ですね。

     そしてもう一つは、グローバル化の進展です。今日本には外国人観光客が増え続けています。京都駅の案内表示も今までなら日本語と英語だけでしたが、今では中国語と韓国語も加えられています。確かに観光地では外国人観光客が日本人より多いほどです。
     ひょっとしたら、和知にも外国人が増えて、各学年に2~3人ずつぐらい在籍しているということもあるかもしれません。

     そして三つめは、AIの進歩です。すでに自動運転やロボット技術は進んでいます。技術の進歩はいいことですが、自動運転が普通になるとタクシーやバス、トラックの運転手さんの仕事はどうなるのでしょうか。学校の先生だって「先生よりロボットに教えてもらった方がわかりやすいわ!」なんてことになるかもしれません。介護ロボットも研究中です。

     このように考えると、これからの時代、少ない若者が外国人やAIと共存しながら、一方では渡り合っていく時代がそう遠くないかもしれません。
     だから、君たちにはこれから外国の人と相互理解し、AIにはできない力を養ってほしいと思います。その一つが「コミュニケーション能力」です。コミュニケーション能力とは、ただ人と上手に付き合う力ではありません。

     ・相手の思いをきちんと受け止める力
     ・相手を思いやる力
     ・自分の思いをきちんと伝える力
    です。これはAIにはできません。

     そして、この力は毎日いろいろな人と関わる中で少しずつ身に着けていくものです。当たり前のように暮らしている毎日ですが、今一度
     ・相手の話をしっかり聞いているか
     ・相手の気持ちを考えて話しているか
     ・自分の思いをきちんと伝えているか
    考えてみてください。
     
      さあ、今日から三学期です。1月は「行く」、2月は「逃げる」、3月は「去る」といって、この三か月はあっという間に終わってしまいます。悔いの残らない三学期にするために、一日一日を大切にしましょう。 
                                                 第三学期始業式式辞より(抜粋)


    09:01
    12345